「次はボクの番。いくぞ!」