「やっぱりこれだよね、茶色いやつ」
「うん、あんこがかかったのはないのかな」