e.長野県のいろいろ

2018-05-07

飯田屋飴店(松本)/あめせんべい

180507_a
松本「飯田屋飴店」の”あめせんべい”! こんな飴、見たことある?!


間があいてしまいましたが、これが最後の松本記事。
飴の街でもある松本で200年近く続く「飯田屋飴店」です。仕えていた殿のご乱心の影響を受けて武士の身分を剥奪され、生きるために武士としてのプライドを捨て飴屋にたどり着いたという創業までのストーリーがありますが、松本の飴の歴史のなかでは後発のほうだと思われます。

看板商品の”あめせんべい”は、絹のような光沢があって、サクッと軽やかな飴です。

180507_b
筋目に逆らって割るのは大変だった。とにかくこの断面を見てほしい!

サクサク食感は、この空気を含んだ管状の飴が幾重にも重なるものによるのです。
この断面、ずっと見ていられる〜(笑)

180507_c
飴は砂糖、水飴のほかに黒糖が使われているのでコクがあって、軽やかながらも後口は「飴食べた」という感じ。


180507_d 180507_e
”まめ板”は可愛らしい一口サイズ。そしてつい食べ続けてしまう。

ちなみに、「山屋御飴所」の”板あめ”(※リンクは2012/10の記事)とはまた少しタイプが違うような気がします。

180507_f
モダンでシックなお店は、空間が広くて明るい。そしてなんだか可愛らしい。


飯田屋飴店:長野県松本市大手2-4-2(JR中央本線、篠ノ井線松本駅より徒歩8分)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018-04-22

開運堂(松本)/ピケニケカステラ

180422_a
松本市「開運堂」の”ピケニケカステラ”


『ピケニケ』って響きがかわいいね♪

というわけで松本の続きです。
「開運堂」は大好きなお店で、今回は寄らずに帰ろうかと思っていたのですが、時間が余ったので結局寄ってしまいました。何だろう、あのお店の雰囲気が、ソフトクリームのロボット込みでとにかく好き(笑)。

でも今回は、お菓子もパンもたくさん買っていたので、”ピケニケカステラ”のみ。と自分にきつく言い聞かせてお会計。

180422_b
ピケニケ”鶏卵”と”珈琲”

『ピケニケ』とはピクニックのことで、遠足に持っていけるよう一切れずつパックされて”ピケニケカステラ”です。
最近ありがちな「しっとり」ではなくて、ふんわりと軽いカステラですが、”珈琲”のほうがよりふんわりしている気がしました。味はやっぱりプレーンな”鶏卵”が好きです。


御菓子司 開運堂:長野県松本市中央2-2-15(JR中央本線、篠ノ井線松本駅より徒歩3分)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018-04-12

翁堂(松本)/ミミーサブレ と ジャムロール

180412_a
松本「翁堂」の”ミミーサブレ”


和菓子店なんですけど洋菓子も、の「翁堂」。マスコットキャラクター・ミミーちゃんのサブレは、カリッサクッ食感と正統派な味わいがお気に入りです。

180412_b
「翁堂」名物の”タヌキケーキ”。今やクマ、シロクマ、親子タヌキ、大人のタヌキなどなど、応用形態がいくつもある。

180412_c
じつはロールケーキにチョコをかけているのだ。

で、ロールケーキといえば
180412_d
”ジャムロール”!!!
杏ジャムのスポンジに染み出す感じ、わかるでしょうか。正直、タヌキケーキより、こちらの方が何倍も好き!

180412_e
本店。松本市内に喫茶も含め5店舗展開。じつは100年以上続く老舗なんです。

次行くときは、和菓子も買おう。


翁堂(本店):長野県松本市大手4-3-13(JR中央本線、篠ノ井線松本駅より徒歩12分) 第1・3水休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018-04-11

マサムラ(松本)/天守石垣サブレ と ベビーシュー

180411_a
松本の有名フランス菓子店「マサムラ」の”天守石垣サブレ”


松本の大好きな洋菓子店「マサムラ」が、松本土産に推しているのが”天守石垣サブレ”です。

180411_b
ホワイトチョコを挟んだサブレは、けっこうしっかり甘さも圧してくるのです。

180411_c
こちらは上土店。「小松パン」の近くにある。

もっと駅に近いところにある、まだ新しい本店には喫茶スペースもありまして、コーヒーとケーキを楽しみました。いい。すごく好きだ、マサムラ。

で、写真がないけど、「マサムラ」といったら”ベビーシュー”なのです。カリッとしたシュー生地にたっぷりクリームが入っているのに、なんとも後口軽くて大好き!
家人とひとつずつ食べながら、「これなら3ついけるなー」 「5つ食べられる!」という会話がありまして、次回松本へ行くときは、8個買おうと決めました。
写真はこちらのページなどで。


マサムラ(本店):長野県松本市深志2-5-24(JR中央本線、篠ノ井線松本駅より徒歩7分) 火不定休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018-04-04

小松パン(松本)/牛乳パン

松本行くなら

180404_a
やっぱり行くよね〜、「小松パン」の”牛乳パン”

相変わらずの迫力で嬉しいわたしです。
「小松パン」に行ったのは午後だったので、もう品薄状態。とくに食事パン、惣菜パンはほとんどなくて、おやつになる甘いパンが少しずつ多種。
さらに店内は結構な混みようで、なんだかみんな口々に「牛乳パン…」「牛乳パン…」と言っているのが聞こえるものですから、家人が慌ててひとつ確保しました。

180404_b

他にもいろいろ買ったのですが、いい。どれもイイ。


パンセ小松:長野県松本市大手4-9-13(JR中央本線、篠ノ井線松本駅より徒歩15分) 日祝休

***

小松パンに来る前に、絶対行きたいリストに入れていた「翁堂」と「マサムラ」に出会ってしまったので、この後寄ります。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018-04-01

信州蜂蜜本舗(松本)/蜜なだれ

180401_a
松本「信州蜂蜜本舗」の”蜜なだれ”


わたしにとって信州というところは「蜂の子を食べる土地」でもあるわけですが、美ヶ原で養蜂をしている「信州蜂蜜本舗」というお店がありまして、そこの”蜜なだれ”というお菓子です。

180401_b
くるみにかけられた白い衣は、粉末蜂蜜を使った蜜。甘いけど口の中でさっと溶ける甘さで、いつまでも食べていられる味です(危険でもある)。


お菓子屋さんではなく蜂蜜専門店なので、店内は蜂蜜の香りに包まれていてちょっと異空間な雰囲気。
”蜜なだれ”以外のお菓子も見つけました。

180401_c
フロランタン、マドレーヌ、エンガディーナ。マドレーヌはタルト生地に入ってた!
これが思いのほかおいしくて(って失礼な言い方だ)、どれもすっきりした蜂蜜の甘さ。しかも食べたあとの指先に蜂蜜の香りが残るんですー!


信州蜂蜜本舗:長野県松本市中央1-8-6(JR中央本線、篠ノ井線松本駅より徒歩5分) 水休

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018-03-31

藤むら(松本)/酒まんじゅう

180331_a
松本「藤むら」の”酒まんじゅう”


紹介したいお菓子がたくさんあるので、さっくりと松本報告続けます。

賑やかな通りから少し入った道にある蔵造り風のお店が「藤むら」。
こちらの名物”酒まんじゅう”のなんと可愛らしいこと! しかも@97円だなんて、お値段も可愛らしい!!
こんなに可愛らしいのに、松本の地酒を使った生地は上品なこし餡を包んで、なかなかしっかり日本酒の、というか酒粕の香り。お酒の弱い方は要注意です。


180331_b
「BRUTUS」手みやげ特集でグランプリを受賞したという”れぇずんくっきい”も@150円という可愛らしさ。

180331_c
このクッキーとクリーム、想像したよりずっと軽く感じます。


180331_d


藤むら:松本市中央2-9-19(JR中央本線、篠ノ井線松本駅より徒歩15分) 水休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018-03-29

宝来屋餅店(松本)の餅菓子&だんご

180329_z
松本市美術館で開催中の草間彌生展を目指して、先日、松本へ行ってきました!
5年半ぶりの松本ですけど、相変わらず楽しい。好きです、松本。

まずは「宝来屋餅店」。
こちらのお店、売り切れるのが早くて、これまで開いているのを見たことがなかったのです。それが11時すぎに前を通ったら、「おおっ! 開いているー!!」。
しかしすでに商品は数少ない状況でした。まあ、開いていただけでもよしとしましょう。

180329_a
先細りの串をしっかり突き出したみたらし団子はずっしり大粒。

180329_b
豆大福と豆餅。

先客のおばあちゃんが3つ買って売切れてしまった草餅が、おばあちゃんと二人のお孫さんが即行店内で嬉しそうに食べていた草餅が、びよーーーんとのびる様子を見たのです。(草餅買いたかったな…)
そしてその夜、包みから出した餅はまだてろ〜んとやわらかかったのです。
…うん、大福を食べるのは明日にしよう。

こうして購入した翌日に食べた豆大福は、ほどよいところで切れる好みの歯応え。つぶし餡と餅のバランスもいいし、エンドウ豆がおいしいです。
本当は、餡を豆餅で巻いた”てっぽう巻”も食べたかった。

180329_c
お店は女鳥羽川沿い。


宝来屋餅店:長野県松本市大手4-4-16(JR中央本線、篠ノ井線松本駅より徒歩12分) 水・木休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017-01-22

大社せんべい本舗(諏訪)/ピーナツせんべい

サクサクと、カリカリと。

170122_a
長野県諏訪市「大社せんべい本舗」の”ピーナツせんべい”。食べかけちゃってますけど。


久しぶりに立ち寄った吉祥寺東急でこんなもの見つけました。
はっきりとした記憶はないものの、なんだか懐かしいピーナツせんべい。
いえ、実際には包装紙に包まれていて、こんな状態で詰まっているとは想像しなかったのですが、通り過ぎることのできないオーラを感じてしまったといいますか。

170122_b
やっぱり、遠い昔に食べた気がする懐かしい味でした。
瓦煎餅よりずっとずうっと軽いサクサクと小気味よい食感の中に、たっぷり入ったピーナッツのカリカリが楽しい。
ほんのり甘い味とあいまって、やめられない止まらない系統のお菓子なのであります。


大社せんべい本舗:長野県諏訪市中洲5320-9
 ※東急百貨店吉祥寺店B1F 諸国銘菓コーナーで購入。

和菓子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015-07-16

柏屋製菓(軽井沢)/コロネモカ

150716_b
クリームがぐちゃぐちゃになっちゃいましたけど、軽井沢「柏屋製菓」の“コロネモカ”!


何年かぶりに軽井沢へ行きました。散策も食事も「きのこ」目当ての旅行だったのですが、それはともかく。
軽井沢といえば有名ベーカリーがありますけれど、今回は旧軽井沢の「柏屋製菓」。

150716_a
“コロネモカ”はこんな可愛らしい袋入り〜。長野のパン屋さんにはとくに多いような気がする。

ああ“コロネモカ”! “コロネモカ”万歳!!
このふんわりとしたモカクリームの甘さ加減とモカ具合が大好きです。

150716_c
そして長野といえば“牛乳パン”!(なぜだ?)
さらに“牛乳パン”といえば独特な袋のデザイン!

150716_d
“牛乳パン”のクリームもふんわりとおいしい。でも…。
松本の「小松パン」をはじめ、いくつかのお店の牛乳パンを食べましたが、クリームの厚さはどこも「小松パン」に叶わないのですよねー。

【参考】小松パン(長野県松本市)が好きだ!(2011/7)

150716_f
お店のおばちゃんの対応もいい感じ。すごくフレンドリーだとか愛想がいいだとか、そういうわけではないけれど。


150716_e
避暑地の老舗ホテルで朝食に供されそうな、最近のフランスパンとは少し方向性の違う“フランスパン”
こういうパンが嬉しい朝ってあるのよね〜。


柏屋製菓:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢3-10(JR北陸新幹線、しなの鉄道軽井沢駅より徒歩約15分)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧