« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018-03-31

藤むら(松本)/酒まんじゅう

180331_a
松本「藤むら」の”酒まんじゅう”


紹介したいお菓子がたくさんあるので、さっくりと松本報告続けます。

賑やかな通りから少し入った道にある蔵造り風のお店が「藤むら」。
こちらの名物”酒まんじゅう”のなんと可愛らしいこと! しかも@97円だなんて、お値段も可愛らしい!!
こんなに可愛らしいのに、松本の地酒を使った生地は上品なこし餡を包んで、なかなかしっかり日本酒の、というか酒粕の香り。お酒の弱い方は要注意です。


180331_b
「BRUTUS」手みやげ特集でグランプリを受賞したという”れぇずんくっきい”も@150円という可愛らしさ。

180331_c
このクッキーとクリーム、想像したよりずっと軽く感じます。


180331_d


藤むら:松本市中央2-9-19(JR中央本線、篠ノ井線松本駅より徒歩15分) 水休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018-03-29

宝来屋餅店(松本)の餅菓子&だんご

180329_z
松本市美術館で開催中の草間彌生展を目指して、先日、松本へ行ってきました!
5年半ぶりの松本ですけど、相変わらず楽しい。好きです、松本。

まずは「宝来屋餅店」。
こちらのお店、売り切れるのが早くて、これまで開いているのを見たことがなかったのです。それが11時すぎに前を通ったら、「おおっ! 開いているー!!」。
しかしすでに商品は数少ない状況でした。まあ、開いていただけでもよしとしましょう。

180329_a
先細りの串をしっかり突き出したみたらし団子はずっしり大粒。

180329_b
豆大福と豆餅。

先客のおばあちゃんが3つ買って売切れてしまった草餅が、おばあちゃんと二人のお孫さんが即行店内で嬉しそうに食べていた草餅が、びよーーーんとのびる様子を見たのです。(草餅買いたかったな…)
そしてその夜、包みから出した餅はまだてろ〜んとやわらかかったのです。
…うん、大福を食べるのは明日にしよう。

こうして購入した翌日に食べた豆大福は、ほどよいところで切れる好みの歯応え。つぶし餡と餅のバランスもいいし、エンドウ豆がおいしいです。
本当は、餡を豆餅で巻いた”てっぽう巻”も食べたかった。

180329_c
お店は女鳥羽川沿い。


宝来屋餅店:長野県松本市大手4-4-16(JR中央本線、篠ノ井線松本駅より徒歩12分) 水・木休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018-03-12

編みぐるみ和菓子店*桜餅

180312_x
編みぐるみ和菓子店、13か月ぶりの新作!!! 「桜餅」


2017年はきのこをたくさん編んでいました。今年はもっともっと和菓子を編みたいと思っています、もう3月ですけど。

で、2008年にも編んだ桜餅を編みました。
10年前の桜餅は、自分の技術的にもあの時点では最高の作品だったわけですが、いま編むとこんなふうに仕上がります。しかもこれ、編み方はほとんど同じなんですけどね。

道明寺に使ったビーズがちょっとキラキラとやりすぎちゃったかなーという感じもしないわけではありませんが、久しぶりの作品なので何か新しいことをやりたかったのです。いいんです、自分ではとても満足しております(笑)

編みぐるみ和菓子店“桜餅”
きっと旧作品も新作のお披露目を喜んでいるに違いない。


180312_a
桜の葉の仕上げを参考にしました、「今木屋」の桜餅。

今木屋:調布市西つつじヶ丘3-25-11(京王線つつじヶ丘駅より徒歩1分) 水休


編みぐるみ和菓子店 第二部(第51作〜)はこちらから
編みぐるみ和菓子店(〜第50作)はこちらから

和菓子

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018-03-09

月乃舎(三重県)/百合根羊羹

180309_a
冬季限定、三重県「月乃舎」の”百合根羊羹”


13年前に受講した、ある和菓子講座の資料を片付けていたら、「百合羊羹」に関するものが出てきました。
島根県浜田市の名産である百合根を使った白い羊羹で、ちょうど受講した頃に廃業された「かめや」という和菓子店の”百合羊羹”のリーフレットのコピーです。
あのときいただいたひと口の繊細な味わいを思い出して、ああまたどこかで百合根の羊羹に出会えないかしらん…と思っていたら、タイミングよく「和菓子礼賛」の和三坊主さんから、「月乃舎」の”百合根羊羮”がおいしい、との情報をいただきました。早速お店に問い合わせてみると、在庫切れ〜でも近々立川伊勢丹に出店〜とうまい具合に繋がって、思いがけずすんなりと百合根羊羮確保(^^)v

さて、「かめや」の”百合羊羹”は、蜜煮した百合根を白インゲン豆の羊羹に練り込んでありましたが、「月乃舎」の”百合根羊羹”は白インゲン豆を使わず、100%百合根のようです。
飲み込むころに、ほっくりした百合根の味を感じるような、それはそれはステキなお菓子でした。

180309_b
包装の「百合根」の文字、ひとつひとつ手書きです!


月乃舎(つきのや):三重県員弁郡東員町笹尾東3-2-3
※2月初旬、伊勢丹立川店に出店時に購入。

和菓子


***

ちょっと予告しておこう。
あみぐるみ和菓子店の新作、完成間近!
乞うご期待!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »