« 本家ときわぎ(熱海)/百年羊羹 | トップページ

2017-04-26

可愛らしい熱海のお菓子たち

170426_a
熱海「三木製菓」の”猫の舌”(ラングドシャ)と”アフタヌーン”(クッキー)


ああもう気づけば熱海へ行ったのはひと月近く前。さらさらっとお菓子をいくつかご紹介します。

170426_b
「三木製菓」の”ロシアケーキ”と”バタークッキー”

小旅行を熱海に決めたのは、ほとんど「三木製菓」のためといっても過言ではありません。ええ、行ってよかった。お菓子を眺めるだけでも楽しかったのです。そしてどれも食べれば幸せいっぱい、さらに楽しい気分でした。

※過去の三木製菓の記事はこちら
 →本家長門屋(福島県会津若松市)の滋養パン と 三木製菓(熱海)のクッキー(2012/3)
 →三木製菓(熱海)/バームクーヘン(2012/5)

三木製菓:静岡県熱海市渚町3-4 木・第一日・第三水休


170426_c
「熱海バッハマン」の”HIRAKIパイ”

熱海らしい魅力ある商品を『熱海ブランド A-PLUS』として認定する活動があるそうです。
前記事に書いた「本家ときわぎ」の”百年羊羹”や「三木製菓」の”猫の舌”もそうなのですが、この”HIRAKIパイ”も認定商品のひとつ。

170426_d
アジの開きの形をしたパイです、もちろん。好きです、こういうの(笑)

(有)二光食品 熱海バッハマン:熱海市和田町13-6 火休、不定休あり
 ※熱海駅ビル『ラスカ熱海』1Fにある「熱海コレクション A-PLUS」にて購入


170426_e
人気カフェのスイーツショップ「KASHI.KICHI」の”こがしリング”

熱海のパワースポットでもある「来宮神社」の境内はずいぶん賑わっていました。賑わいの一端を担うのが『来福スイーツ』なるプロジェクト。
なんでも、神様の好物のひとつに「麦こがし」があって、麦こがしを使った来福スイーツもいろいろあります。

「KASHI.KICHI」の来福スイーツは”こがしリング”。しっとりした口あたりの味わい深いお菓子でした。
正直、お店がオシャレすぎて引き気味でしたが、おいしかったです(笑)

KASHI. KICHI(カシキチ):熱海市咲見町12-10 火水休

***

ところで、「編みぐるみ和菓子店」の製作は一時お休みし、最近はひたすらきのこを編んでおります。
今年は3年ぶりに、あの祭典に参加するのです!

博物ふぇすてぃばる! 4
 日程:2017年7月22日(土)、23日(日)
 会場:九段下科学技術館
 入場料:1000円

|

« 本家ときわぎ(熱海)/百年羊羹 | トップページ

d.洋菓子」カテゴリの記事

コメント

熱海、楽しいですよね〜〜。老舗洋菓子店、パン屋さん巡りの後に温泉。湘南に移ってからは我が家では、熱海日帰りが最高のリラクゼーションです。
三木製菓はどれも美味しいですね。ここのケーキとバウムクーヘン買って、日帰り湯の休憩室で食べるのが何よりの楽しみっ・・・てあまりにも安上がりなワタシ。
バッハマンのアジの開きは知らなかったな〜。
次回、トライしてみます!

投稿: あんころりん | 2017-05-04 16:25

>あんころりんさん
そっかー、湘南なら楽に日帰りできますよね。安上がりだなんて、わたしにはものすごく贅沢で羨ましい限りです!(笑)
三木製菓で最後の一切れのバウムを買って、帰りの車中で食べましたが、やっぱり好き。
A-PLUSでほかにもバッハマンのお菓子を購入しましたが、どれも好みでした。

投稿: kozue | 2017-05-05 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/65200324

この記事へのトラックバック一覧です: 可愛らしい熱海のお菓子たち:

« 本家ときわぎ(熱海)/百年羊羹 | トップページ