« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016-05-24

彩雲堂(松江)のあんパン

160524_b
松江「彩雲堂」のパン屋さんがあった! 朝汐あんを使ったあんパン、”胡桃と朝汐あん”


先日、立川へ行ったついでに高島屋に寄ってみたところ、「彩雲堂」のあんパンが並んでいました。
160524_a
こんな感じで包まれて。

和菓子の餡を使ったあんパン、3種類あったのですが、その中から”胡桃と朝汐あん”を選択。やはり松江の餡といえば、朝汐あんですものね。

帰って検索すると、「和菓子とパンの店 SAIUNDO. 」は出雲大社の神門通りにある「Ael(アエル)」に入っているそうです。

160524_c
朝汐あんは、パン生地に合わせるには繊細すぎる気がしないでもないが。。。
おやつにペロリといける軽さです。


※以前の彩雲堂の記事はこちら
彩雲堂(松江)/野菜羹とまと(2009/8)
彩雲堂(松江)/柚衣(2009/6)
彩雲堂(松江)/玄々(2007/5)

彩雲堂:島根県松江市天神町124
 →出雲のパンの店の情報はこちら
※高島屋立川店にて購入

和菓子 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-05-17

村岡総本舗(佐賀県小城市)/とら焼き 宗歓

160517_a
むふっ♪ 佐賀「村岡総本舗」の”とら焼き 宗歓”


先日、府中伊勢丹にて開催された「大九州展」。”小城羊羹”の「村岡総本舗」で、”とら焼き 宗歓”を何袋も購入している人につられて、わたしも一袋、手に取りました。じつは一番人気の商品なのだそうです。

160517_b
このトラ皮、力強い。

160517_c
「村岡総本舗」の小城羊羹といえば浮かぶ”紅餡”の中に、大手亡豆の粒!
餡を包む生地はしっとりとふんわりの同居した生地でほんのり甘く、全体にしっかり甘かった。でも、くどさはありません。
ちょっとシアワセなひとときになったのは、やはり紅餡の効果でしょうか(笑)


村岡総本舗(本店):佐賀県小城市小城町861
 ※伊勢丹府中店催事にて購入

和菓子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-05-06

nukumuku(練馬区貫井)/長時間発酵のバゲット

160506_c
西武池袋線中村橋駅近く「nukumuku」の”長時間発酵のバゲット”

1ヶ月も空いてしまいましたが、前回の続き。
7年ぶりに訪れた「nukumuku」だったのですが、過去の写真を見てみると、けっこう同じパンを選んでいて、自分の好みがあまり変わっていないことに改めて気付きます。ただ、同じパンといっても結構な確率で内容は変わっていて、7年前を思い出しながらのバゲット。

160506_d
長時間発酵のバゲット断面。
7年前はクリーム色の生地でしたが、色白さんになっていました。それに表皮も厚くなっている。nukumukuの味を追求しての結果あるいはまだ進行中でしょうか。でも好き。


160506_a
こちらはセーグルのバゲット。

160506_b
断面。
つるんとして色黒だったセーグルバゲットは、セーグル率がかわったのか、こちらも印象がまったく変わりました。これはこれで好き。


やっぱり好きだなーnukumuku。こういうバゲットに出会うと、またバゲット熱が上がるのです。


※過去のnukumukuの記事はこちら
 →nukumuku(練馬区貫井)/クリームパン(2016/4)

 →nukumuku(練馬区貫井)のコーングリッツにおおわれたバゲット(2009/2)
 →nukumuku(練馬区貫井)/セーグルバゲット(2008/11)
 →nukumuku(練馬区貫井)/長時間発酵のバゲット(2008/11)


nukumuku(ヌクムク):練馬区貫井1-7-25(西武池袋線中村橋駅より徒歩3分) 月、火休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »