« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016-03-31

菓子処なかじま(釧路)/あずきロール

160331_a
釧路「なかじま」の”あずきロール”


ときどき猛烈にロールケーキ熱の高まることがあるんです。そしてそれは、最近主流の「たっぷり生クリームをふんわりと包んだ」ロールケーキではなくて、ジャムでもバタークリームでもいいから、スポンジがしっかり「の」の字に巻かれたものを熱望。

さて、そんな熱が高まりはじめたある日のこと。「ザ・ガーデン自由が丘」がアトレからパルコに移り、そのあとに「デイリーテーブル紀ノ国屋」が入り、東急百貨店のB1F東急フードショーの一部に「明治屋」がオープンした、食品スーパー花盛りな吉祥寺をひととおり巡ってたどり着いた「三浦屋」で、はるばる釧路からやってきた「なかじま」の”あずきロール”に出会いました。

160331_b
見つけると同時に「なんだコレはっ!」と声に出していた。恥ずかしい。

いい。コレはいい。
ほんのり塩味のきいたこしあんの羊羹を、粒あんの練り込まれたカステラでくるくると。
ジャムでもバタークリームでもないけど、とにかくいい。
楽しいおやつタイムとなりました。


菓子処なかじま(中島菓子舗):北海道釧路市浦見3丁目3番16号
コピス吉祥寺B館B1F「三浦屋」にて購入

和菓子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-03-22

さようなら、ゼルコバ(立川)。またいつの日か。

160322_a
大大大好きなパン屋さん、立川「ゼルコバ」が、今月の28日を最後に閉店することになりました。

少し不便なところにあったので、年2回、お彼岸のお墓参りの途中で寄るのが、我が家にとって大きなイベントだったのですが、先日も事前にお店のブログをチェックしないまま立ち寄って、これまでにない異様な雰囲気に「何事か」と思い、閉店を知った次第です。ああもうショック。残念。

といっても、山梨県北杜市に移転とのこと。また新しい「ゼルコバ」に会える日を楽しみにいたしましょう。


160322_b
そんなわけで、久しく買っていなかった”バゲット”。帰る間際に出てきたので飛びついた。

とにかく、焼き上がるそばから予約分にまわってしまい、棚にほとんどパンが並んでいないのです。とはいえ長蛇の列も予約の方がほとんどで、少ないながらもこれまでブログで紹介してきたいくつかのパンを買うことができました。

160322_c
バゲット断面。ふっかふか。

今回は両親が一緒で、なかなか進まない行列に不満そうな義父の顔色を伺いながらヒヤヒヤしていたんですけど、食べ始めると「おいしい!」と感心しながら笑顔が戻ってきました。ゼルコバのパンのパワーをあらためて感じたときです。

160322_d
季節のパン ”レモンとチョコのリュスティック”断面。手に取っただけで香るレモン。食べても爽やかに広がるレモンの香り〜

160322_e
たまたま先日、嵐の相葉くんがこの店先のデッキで「鈴木農園」の野菜を紹介している番組を見た。


というわけで、おいしいパンをありがとう。またいつの日か。


窯焼きパン工房ゼルコバ:東京都立川市西砂町5-6-2(西武拝島線西武立川駅より徒歩15分)
※パンの販売はあと3/26〜28日の3日間


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-03-07

橘香堂(倉敷)/むらすゞめ と 編みぐるみ和菓子店!

160307_a
倉敷銘菓、「橘香堂」の”むらすゞめ”


倉敷へは行ったことがないのですが、けっこうあちこちのデパ地下で販売されている「橘香堂」の”むらすゞめ”。
ひとまず「倉敷銘菓」と入力しましたが、商品の紹介や包装には「倉敷名物」とあります。
丸く焼いた生地の気泡を表側にして粒あんを包み、豊年祈願の踊りにかぶる編み笠に見立てたという形が印象的。その踊りの様子が、稲穂に「群がる雀」のようだったことから、”むらすゞめ”という名になったそうです。


橘香堂(きっこうどう):岡山県倉敷市阿知2-19-28


160307_x
そして編みました。むらすゞめ。

編みぐるみ和菓子店“むらすゞめ”
今回初登場の子分(謎)、いいよねぇ? 作品に昇格させちゃおうかしら。


最初は細めの糸でわりと忠実に外皮の気泡を編んでみたところ、お菓子の作品としてはかなり不気味になってしまったので、思いっきり方針変更しました。
カメラのレンズを通して見るより、目と脳のフィルターをかけて見る実物のほうがイケてると思います、と自己弁護(笑)。

じつは3年前の作品展のとき、きのこ好きな少女サエちゃんのお母さんから「故郷のお菓子を編んで欲しい」とリクエストされたものです。きっと今年は卒業よね…としみじみしている場合ではなくって、サエちゃんのお母さんっ! 3年もかかってしまいましたけど、編みました! これで許してください!


編みぐるみ和菓子店 第二部(第51作〜)はこちらから
編みぐるみ和菓子店(〜第50作)はこちらから

和菓子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-03-02

トミーズ(神戸)/あん食 と、編みぐるみ きのこ雛〜

これはもう、ビョーキとでも言おうか。

160302_a
調布の北野エースで購入した「トミーズ」の”あん食”1.5斤サイズ!!


これを見つけると、どうしても通り過ぎることができません。2年前に吉祥寺で見つけて大興奮した、神戸「トミーズ」の”あん食”。いまも入荷日に通りかかると買ってしまうのです。

トミーズ(神戸)/あん食(2014/4)

さてそのあん食、吉祥寺で買えるのは0.75斤サイズなのですが、なんと調布の北野エースでは1.5斤サイズを買うことができます!
そりゃもう、当たり前だが大きい方がさらにド迫力。そしてやっぱり何の躊躇もなく購入して、あははと笑いながらカットして、うひゃうひゃ笑いながら食べるのです。

140410_a
中の粒あんぐるぐる写真は2年前のを再掲。


トミーズ:神戸市東灘区魚崎南町4-2-46
 ※北野エース調布パルコ店にて購入。月1回不定期入荷。

***

160302_x

さて、こちらもビョーキであることを認めますよ。今年はお雛様を編みました。ええ、きのこだらけで。大笑いしながら。

どんなきのこを飾っているか気になる方は、家人のサイト→「写真音痴の観撮日記」きのこの編みぐるみ番外編〜きのこ雛 をご覧ください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »