« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015-08-29

三木都(京都)/松風

150829_a
京都「三木都」の“松風(黒豆入り)”


初めて「味噌松風」(たぶん「松屋常磐」製)というお菓子を知ったのは、大企業出身者がほとんどの中小企業に勤務していたときでした。京都からのお客さまにいただいた松風を、もちろんいただいたのは上司ですが、わけあってわたしが持ち帰ることになり、友人と「おおぉぉ! 包みが立派! さすが京都! こんなお菓子初めて!!」などと興奮しながらおいしく、どういうお菓子なのかよくわからないままとにかくおいしくいただいたのでありました。

150829_b
さて、池袋西武で見つけた松風専門店「三木都」の“松風”。
もともとの松風は、大きく丸く焼いたものを短冊状に切り分けるそうですが、「三木都」の”松風”は小さく丸く焼いたものを個別包装しています。切り口から乾燥していくのを防ぐことができ、より焼きたてに近い味を目指しているとか。
一般的なものと黒豆入りの二種類ありますが、その日は黒豆入りしか残っていませんでした。

150829_c
“松風”特有のもっちり感は生地を発酵させることによるもの。そしてなるほど、もっちりしてしっとり。
白味噌の風味もいいですね〜。これは黒豆入りなので、ケシの実とともにお豆の食感がアクセントにもなります。



ちょっと「三木都」について誤解があるようで、ネット上には「亀屋陸奥」の支店とか息子さんの店といった誤った情報も見られますが。
室町時代創業の、のちに「亀屋陸奥」となる大塚家はもともと本願寺の御供物を調進していたのですが、その三代目大塚治右衛門春近によって、織田信長と戦う石山本願寺の門徒の兵糧にと作られたお菓子が「松風」の始まり。「三木都」のご主人は、この大塚氏の直系の子孫です。
現在の「亀屋陸奥」は昭和に入ってから株式会社化して「亀屋陸奥」ののれんを引き継いでいて…渦巻く大人の事情…。
もちろん当事者や地域の方々にとっては「のれん」も大事なことだと思います。でも、わたしがあれこれいうのもなんですが、ただの和菓子ファンとしては、何よりその「味」と「心」がきちんと引き継がれていくことを望みますので、「三木都」のような起業をされたお店には、大きな期待とエールを送りたいのでした。


三木都:京都市上京区新烏丸頭町190 イストワール御所東
※西武百貨店池袋本店B1F 卯花墻(諸国銘菓コーナー)にて購入

和菓子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015-08-25

NAOZO(那須)/くるみのライブレッド

150825_a
那須「NAOZO(ナオゾー)」のライ麦パン、くるみ入り。


今年の夏休みは、二度めの「那須平成の森」。
午後からのガイドツアーに参加する前に、軽くお昼をと立ち寄ったのが人気のパン屋さん「NAOZO」です。

150825_d
ここは高原。お察しのとおり雨です。このあと雨の森を歩いたのです。

お店が小さい分、去年の「ペニーレイン」ほどではなかったけれど、それでも車の出入りの途切れることはなく。
※参考→PENNY LANE(那須)/ブルーベリーブレッド(2014/10)


150825_c
そんなこんなで、パンは焼けても予約分で取り置かれるか、出した端から売れていくかなのです。
店内でランチできるのは、焼菓子と普段食べないベーグルぐらいで。。。
図々しくお願いして、購入した焼きたてのライブレッドの端を少しだけカットしていただき、店内で食すことにしました。

150825_b
というわけで、切り口を向こう側に隠して撮影。
ずっしりと重く、しっかり焼き込まれたライブレッドですが、ほどよい酸味がとても好みです。
持ち帰ったまだ温かいパンは、その後の車中でもずっとよい香りを漂わせ、楽しませてくれました。


NAOZO:栃木県那須塩原市西岩崎232-454  木休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015-08-02

編みぐるみ和菓子店*金太郎飴

150802_x
とうとうできたよ! “金太郎飴”!!


はい、編みぐるみ和菓子店の新作は「金太郎飴」です。
問題は金太郎です。ゴリラ感満載ですが、顔に見えるのでよしとします。見えますよね? 顔に。

どうしても、刺繍より編み込みで仕上げたかったので、この大きさでギリギリ顔に見えるところを試行錯誤していたのであります。とにかく金太郎は眉が太くないとね、と一本眉にしてみた。
金太郎飴をおいしいと思っているオトナは少ないかもしれないという勝手な思い込みから、おいしそうに見えなくてもいいのだ、という気の抜き方で作品に取り組んだのは初めてです(笑)
いえいえ、結構な力作ですのよ。


編み目に注目することなく、ぼんやりと全体を眺めることをおススメします。
編みぐるみ和菓子店“金太郎飴”

編みぐるみ和菓子店 第二部(第51作〜)はこちらから
編みぐるみ和菓子店(〜第50作)はこちらから


110818_b
お手本というほど忠実には真似ていませんが、これは根津の金太郎飴。優男風である。

過去の根津「金太郎飴」の記事はこちら→金太郎飴(根津)/あんこ飴(2011/8)

和菓子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »