« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015-02-26

今年もキノコランプ展でシンボパン(立川)に出会う

150226_a
立川「シンボパン」のクリームパン。特別に足つきできのこに変身。


ちょうど一年前、こんな記事を書きました。
国分寺の魔女の森で偶然、シンボパン(立川)に出会った

そして今年も、国分寺にある「ねじまき雲(陽)」というカフェ&ギャラリーで開催されたグレートマッシュルーミングさんのキノコランプの個展。素敵なキノコランプに囲まれてコーヒーを飲み、「シンボパン」のパンをお買い上げ。

150226_b
この角度で見れば、間違いなくクリームパン。

150226_c
このクリーム、好きです。


シンボパン:東京都立川市曙町2-21-5(JR中央線立川駅より徒歩8分) 日月休

***

150226_d
ねじまき雲(陽)でコーヒーを頼んだら、「コーヒーではきのこが乗りませんけど、いいですか?」と聞かれました。何のことやら、と思いながらカプチーノに変更したら、きのこが乗ってきましたよ(笑)


さて、キノコランプに刺激を受けて、わたしもエンジンがかかっております。
ゴールデンウィークにきのこ展、開催します!

『役に立たないきのこの黄金週間』
〜写真と毛糸と関内翁の木彫りきのこ展〜

 2015/4/29(水・祝)〜5/3(日)
 12:00〜19:00 ※最終日は16:00まで
 会場:ギャラリーカフェ・テラス

詳細はまた後日!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015-02-18

EPEE(吉祥寺)/岩のりのバゲット

150218_a
吉祥寺「EPEE(エペ)」の、岩のり入りのバゲット


最近のお気に入りです、岩のりのバゲット。
オープン直後に記事をアップしたっきりですが、ちょいちょい購入しております。とくにバゲット買いたいときは、吉祥寺で買い物した最後に、バスに乗る前にささっと寄れるので大変重宝です。

オープン時とはかわってトングとトレイが用意され、自分でパンを取れるようになりました。購入後に入口までのお見送りもなくなりました。お見送りがなくなったのは、正直ほっとしています(笑)。
入口の段差と重たいドアにはいまだに閉口しちゃうんですけどね。

150218_b
海苔の香りがよいっ! 小さくカットしてチーズフォンデュにするのもよいっ!


EPEE プーランジェリー・ビストロ・エペ:武蔵野市吉祥寺南町1-10-4 1F(JR中央線、京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩1分) 無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015-02-03

静岡の ようかんぱん!

150203_a
静岡で50年も愛される「富士製パン」の“ようかんぱん”
見た目はチョコがけのドーナツですが、違います。粒あんぱんに羊羹をかけているのです。


世の中に「ようかんパン」なるものがあると知り、とても気になっていたのですが、ある日「北野エース調布パルコ店」にて遭遇しました。

150203_b
袋に描かれたパンダちゃんに吸い寄せられるように手に取った。富士製パンのサイトによると、『ようかんぱんだ』は、つぶあんちゃん、ようかん太、ばにら、の三兄弟らしい。
袋に「三つの味が楽しめる」とあるとおり、三兄弟は粒あん、ようかん、バタークリーム。

150203_c
ね、粒あんぱんでしょう?

ほのかな塩気が心地いいです。あんぱんとしても十分なおいしさですが、プラスしてようかんとホイップクリームとの相性が「お〜そうきますか」と、笑顔を通り越して笑いが止まりません。
何よりチョコと違って、ようかんは袋に張り付いたり手についたりしないのだ。
ふふふふふ。好き。きっとまた買っちゃう。

食べ終わって気づいたのですが、あれ? ようかんぱんって北海道じゃないの? これ静岡だわ!
ということで検索してみると、北海道だけにあるものでもないのですね。
静岡でもようかんぱんはずいぶん作られていたようですが、製造工程が複雑なこともあって、現在は富士製パンのみだそうです。

こちらのページに製造工程などあり
静岡大好き。しずふぁん!/世代を越えて愛される!富士市の名物ようかんぱん


富士製パンのサイト
 ※2015/1北野エース調布パルコ店にて購入。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »