« 編みぐるみ和菓子店*小城羊羹 | トップページ | 金栄堂(下田)/めざしクッキー »

2015-01-16

平井製菓(下田)/下田あんパン

150116_a2
下田名物、「平井製菓」の“下田あんパン(おぐらあん)”と“ハリスさんの牛乳あんパン”


昨年末に下田へ行きました。
散策していると「下田あんパン」と書かれた袋を提げた観光客とたびたびすれ違い、ああそうだ帰りに下田あんパンを買おうね、と思うのでした。

150116_b2
販売しているのは「平井製菓」という和菓子店。本店は広々としたこぎれいな店舗ですが、駅前店はごくごくまちなかの小さな和菓子屋さんで、あんパンも結構な勢いで売れていきます。

150116_c2
パン生地は酒種風ということですが、これがなかなかの味わいで、懐かしいようなほっとする味。
餡は和菓子に使っているのと同じ餡だそうですが、思いのほか控えめな甘さのあっさりかつすっきりした餡でした。

“ハリスさんの牛乳あんパン”はこしあんに「ソフトバター」をのせていて、パン生地に牛乳が練り込まれている分、少ししっとりした印象。
個人的には、写真にはありませんが普通のこしあんの下田あんパンのほうが好きです。

ところで、何故に“ハリスさんの牛乳あんパン”なのか気になったのですが、お店のサイトによると
「安政5年(1858年)初代米国総領事タウンゼントハリスが、大好きな牛乳を日本で初めて下田の地で飲んだと言われています。」
…なんかちょっと強引というか、当たり前に牛乳を飲む現在からするとその意味がよくわからなかったのですが、つまり牛乳を飲む習慣のなかった日本で、ハリスが初めて牛乳を飲んだ=売ってもらって飲んだのが下田なのだそうです。「玉泉寺」というお寺には「牛乳の碑」というのがあるそうで、それを建てたのは下田で創業した現在の「森永乳業」。
そんな歴史があったとは。というか、森永乳業が下田で創業したとは。世の中にはまだまだ知らないことがたくさんありますね〜。


平井製菓(駅前店):静岡県下田市1-3-12(伊豆急行線伊豆急下田駅より徒歩3分)

 和菓子


|

« 編みぐるみ和菓子店*小城羊羹 | トップページ | 金栄堂(下田)/めざしクッキー »

b.パン(東京以外)」カテゴリの記事

c.和菓子」カテゴリの記事

コメント

和菓子屋さんのあんぱんて惹きつけられるものありますね。
森永創業が下田とは!創業してまもなく、壺屋総本店と関わりがあったときいてます。
最初はキャラメルが主要商品だったとか。
下田あんぱん、小倉とこしあん、食べてみたい。

投稿: あんころりん | 2015-01-24 12:16

★あんころりんさん
兄弟会社ですが、キャラメルが主力だったのは森永製菓ですね。
森永製菓創業の頃の話は、とある漫画で読んだことがあります。
これは久しぶりに「和菓子屋さんのあんパンだわ〜」と微笑ましい味でした。

投稿: kozue | 2015-01-24 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/60979130

この記事へのトラックバック一覧です: 平井製菓(下田)/下田あんパン:

« 編みぐるみ和菓子店*小城羊羹 | トップページ | 金栄堂(下田)/めざしクッキー »