« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014-11-27

みろくや(長崎)/皿うどんチョコレート

なんだこれっ!?

141127_a
長崎の皿うどんメーカー「みろくや」の“皿うどんチョコレート”、こんなの知らなかったよー。


「みろくや」の皿うどんといえば、デパートなどでもよく見かけますが、これ、まったく知りませんでした。何ですか、“皿うどんチョコレート”って。いや、わかりますけど。

141127_c

「みろくや」の細麺にポン菓子も混ぜて、チョコレートで固めて。ええ、おそらくほとんどのひとが想像されるであろうあのラーメン菓子とチョコレートを一緒に食べたような(そんなことしたこともないけど)、あるいはチョコフレークだとかライスチョコだとか、とにかくポリポリサクサク食感と甘いチョコレートの、なんだか懐かしい味がしました。

141127_b
個別包装でおみやげにも便利〜


みろくや:長崎市浜町4番2号
※三浦屋吉祥寺店にて購入。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014-11-22

フラウピルツ(京都)のきのこクッキー

141122_a
京都のドイツ菓子「フラウピルツ」のクッキー


今月5日まで恵比寿「写真集食堂めぐたま」にて開催されていた「恵比寿きのこウィークス エビキノ!」で、あこがれの京都「フラウピルツ」のクッキーに出会いました!

141122_b
ふふっ♪ かわいい〜。そして、おいしい〜。

これらのクッキーにキノコエキスは使われていませんので念のため。
フラウピルツ=「きのこ婦人」。ドイツ菓子好き、きのこ好きのわたしがあこがれるのもわかるでしょ?(笑)


ドイツ菓子 Frau Pilz(フラウピルツ):京都市左京区一乗寺樋ノ口町19-6

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014-11-17

ヒンメル(恵比寿)/ツォイスシュタンゲン

大岡山のドイツパン店「ヒンメル」が、恵比寿三越に2号店をオープンしていました。

141117_a
「ヒンメル」の“ツォイスシュタンゲン”

これ、青唐辛子とフェタチーズの入ったビリビリっと辛いパン!
うっかり大きめにちぎって口に入れたらああ辛い、辛いよー、じんわり汗がにじんだよー。でもクセになる辛さです。


141117_d
“カイザーゼンメル”はけっこう高さのあるふっくらしたタイプ。

141117_c
“ゾンネンフォルコーン”、ライ麦100%の生地の中にも外にもひまわりの種がたっぷり〜。

141117_b
“チューチュー”という名のプレッツェル。ということはやはりネズミさんよね?


ベッカライ・ヒンメル HIMMEL(2号店):渋谷区恵比寿4-20-7 恵比寿三越B2F(JR山手線恵比寿駅、東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩5分)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014-11-09

虎屋ギャラリー(赤坂)/甘い対決「和菓子の東西」展

141109_a
「とらや」の“武蔵野”。
伝え聞くはるか昔の武蔵野の地を思うと、とても納得できるのですけど、みなさんはどうでしょう?


毎回楽しい展示で待ち遠しい、虎屋文庫資料展。今年は「甘い対決『和菓子の東西』展」です。
たとえば、桜餅が小麦粉の生地なのか道明寺なのか、月見団子が白いまんまるタイプなのか餡をかぶせた小芋型なのか。ああ知ってる知っている、とテレビ番組やインターネットで全国の情報がわかるようになっても、まだまだ知らなかったことがあるわけで、今回もほぉ〜へぇ〜はぁ〜と感心しながら鑑賞しました。

141109_b
“嵯峨野”

というわけで展示期間中の特別なお菓子は地名を菓銘にした、東の“武蔵野”と西の“嵯峨野”。


甘い対決「和菓子の東西」展
開催中〜2014/11/30(金)まで 10:00〜17:30 会期中無休
虎屋ギャラリー:港区赤坂4-9-22 虎屋ビル2階(地下鉄赤坂見附駅より徒歩7分)
入場無料
 ※毎週月曜10:30から展示解説があります。


色味が地味だったので季節のお菓子も購入しました。
141109_c
“御好生田森(おこのみいくたのもり)”
…ナマタモリではなくていくたのもり。紅葉の季節なんですよねー、わが家はキノコの季節なんですけど。

141109_d
“秋の宿(あきのやどり)”、こちらは菊。

と、秋のお菓子を眺めながらもじわじわと冬が近づいていますよね。みなさまご自愛ください。


とらや:港区赤坂4-9-22

和菓子

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »