« 扇屋(那須)の田舎まんじゅう「うまかんべ」 | トップページ | さいとう製菓(岩手県大船渡市)/かもめからのれもん便り »

2014-09-17

扇屋(那須)の「隠元大使」と御用菓子

豆・まめ・マメ!

140917_a
那須「扇屋」の蒸し羊羹、“隠元大使”


前回に続いて那須「扇屋」のお菓子。
田舎まんじゅうと並んで、惚れてしまったのが“隠元大使”という蒸し羊羹。なんでも隠元の王様といわれる大粒の隠元花豆がたっぷり包まれています。羊羹生地は白インゲン豆の白餡と小豆餡をあわせたもので、どちらかといえばあっさりタイプ。それゆえ、花豆の豊かな味をしっかり感じるのです。

おいしいお豆は幸せな気持ちになりますの〜。


140917_b
雅子妃の御慶菓“雅の菊”

こちらは桃山製ですが、バター風味のねっとりした洋風の生地に包まれた小豆餡。そこへさらに隠されていたのが落花生の鹿の子。(って、じつはたった今包装紙を見て落花生だと知りました…)


140917_c
愛子さまのお印、五葉(ごよう)つつじを表した”白八汐(しろやしお)”

みるからにお上品なお菓子は、純白の花を咲かせるシロヤシオのイメージです。ちなみに、シロヤシオは五葉つつじの学名。
手芒豆より高価な大福豆(おおふくまめ)の餡を使った煉り切りです。

140917_d
大福豆の鹿の子入り。


扇屋 総本店:栃木県那須郡那須町湯本200

和菓子

|

« 扇屋(那須)の田舎まんじゅう「うまかんべ」 | トップページ | さいとう製菓(岩手県大船渡市)/かもめからのれもん便り »

c.和菓子」カテゴリの記事

コメント

花豆を使った羊羹、おいしいですよね。

>じつはたった今包装紙を見て落花生だと知りました…
落花生は茹でるとやわらかくなるのでわかりにくいと思います。

投稿: 笹団子 | 2014-09-17 21:31

★笹団子さん
バター風味の桃山にあわせて落花生にしたのかなーとも思いますが、小豆餡がとてもよかったので完全に埋もれていました。

投稿: kozue | 2014-09-18 17:20

まるで工芸品みたいな羊羹!すごーい。
花豆といえば紫花豆という印象があるけど、いんげん花豆っていう種類があるんですね。地層のように積み重ねられているのも素敵だし、小豆といんげん豆を併せた餡というところに菓子屋魂が滲んでる?
かぼちゃ蒸し羊羹とか、みそきんとかほろすけほーとかバナナ餡とか。かなりのチャレンジャーみたいで興味津々。

投稿: あんころりん | 2014-09-29 00:17

★あんころりんさん
隠元大使、いいでしょ〜?
これで扇屋の、その菓子屋魂をぐぐぐっと感じましたよ。
じつはチャレンジャーなお菓子も興味を持ったものの、なんだかほかの観光地で見たことあるなあ…って気もしたので御用菓子二点にとどめましたが、それより何より、隠元大使が素晴らしい!
すっかり隠元大使ファンでございます。

投稿: kozue | 2014-09-29 16:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/60330995

この記事へのトラックバック一覧です: 扇屋(那須)の「隠元大使」と御用菓子:

« 扇屋(那須)の田舎まんじゅう「うまかんべ」 | トップページ | さいとう製菓(岩手県大船渡市)/かもめからのれもん便り »