« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013-12-24

ラパンノワールくろうさぎ(秩父)のシュトーレン

メリークリスマス☆

131224_a
埼玉県秩父市「ラパンノワールくろうさぎ」のシュトーレン


去年まったく触れませんでしたが、今年も「ラパンノワールくろうさぎ」のシュトーレン。
これ、とても好きなのです。

131224_b
3種のレーズンとレモンピール、ごろっとアーモンド。
そしてお気に入りの最大のポイント、真っ白に表面を覆うのは、お砂糖ではなくオーガニックのココナツパウダー。少ししゃりしゃりっとした食感を楽しみながら、ゆく年を反省する今日この頃でございます。


※過去のラパンノワールくろうさぎの記事はこちら
 →ラパンノワールくろうさぎ(秩父)のクグロフ(2011/12)


ラパンノワール くろうさぎ:埼玉県秩父市野坂町1-18-12
こだわり市場調布パルコ店にて購入。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013-12-18

工藤菓子店(岩手県西和賀町)/およねまんじゅう

なんとまあ、わたしごのみのおまんじゅう♪

131218_a
三浦屋で偶然見つけた、岩手「工藤菓子店」の“およねまんじゅう”


今年もあと2週間で終わるらしいのですが、みなさまいかがおすごしでしょうか。
先日、「ビストロパッサテンポ」のマドレーヌを買いに行った コピス吉祥寺 地下の「三浦屋」で、こんなすてきなお饅頭を見つけました。

[沢内三千石 およねの出どこ]・・・ええ〜「およね」って誰〜? と調べてみたら、天保の大飢饉のころの凶作で米を納めることができない農民を救うために、旧家の本家の娘が自ら殿様のお城に上がる決心をしたという、なんとも悲しい昔話がありました。
さわうちの昔話〜およね物語

その、およねという娘の名をつけたおまんじゅう。由来を知って見ると、平たく整えた薄皮饅頭がとても幸薄そうに見えてしまうのはわたしだけでしょうか。

131218_b
でも表面の卵の照りとくるみが見た目と食感のアクセント。そして何より味わい深いつぶし餡がとてもおいしくて、直径5センチもないほど小さいのに大きな存在感。かなり気に入ったのであります。


工藤菓子店:岩手県和賀郡西和賀町湯本30-82-1
※ 西和賀商工会サイト内のページ
※三浦屋コピス吉祥寺店にて購入。

和菓子

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013-12-04

ameen's oven(西宮市)/いよかんトースト

気がつけば師走。

131204_a
「ameen's oven」の“いよかんトースト”


庭に蒔いた緑肥用ひまわりが、こんな寒いのに1本だけ花咲かせてしまいました。すごいな、植物〜と感心しております。近況報告。

さて、大改装中のJR中央線および京王井の頭線吉祥寺駅周辺。行くたびに通路が塞がれたり開通したり、お店が変わっていたり新しくオープンしていたりで、どこ歩いているんだかわからなくなりかけたある日、目の前の新規店に並んでいたのがなぜか表参道「デュヌラルテ」の“キュブベー”だの“ホノカ”だの見慣れたパンたち。なんでだ? と店内に目を向けると・・・

!!! アミーンズオーブンのパンだっ !!!

そんなわけで大好きな“ハードトースト”の生地に伊予柑ピールを練り込んだ“いよかんトースト”に飛びつきました。

131204_b
外見からはわかりにくい伊予柑も、カットするとざくざく現れます。

店員さんに「なんで? なんでアミーンズオーブン売ってるの? いつも置いてるの?」とやかましいおばちゃんのように問うたところ、不定期入荷とのこと。こんなところで残っていた今年の運を使ってしまいました。ま、いいか。
デュヌラルテのパンは少量ながら毎日並んでいます。

ああ、扱っているお店を書いていませんね。
SALON adam et rope サロン アダム エ ロペ アトレ吉祥寺店:武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺1F(JR中央線、京王井の頭線吉祥寺駅直結)

【2014.4.10追記】アミーンズオーブンのパンは毎週木・土曜に入荷の予定。


※過去のアミーンズオーブンの記事はこちら…古い記事ばかりですけど。
 →ameen's oven(西宮市)のシュトレン(2009/12)
 →ameen's oven(西宮市)/発芽小麦のパン(2008/7)
 →ameen's oven(西宮市)/雑穀パン(2006/8)
 →ameen's oven(西宮市)/カンパーニュ(2006/6)
 →ameen's oven(西宮市)/ハードトースト(2006/6)

ameen's oven のサイト●http://ameensoven.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »