« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013-11-18

ドリアン(広島)、再開してます!

おかえりなさい〜
131118_a

欧州で修行のため休業していた広島「ドリアン」が10月、一年半ぶりに営業を再開しました。
国産の有機栽培小麦を使った長期低温発酵のパン、いまのところ、2種類のみの販売です。

で、パンがあまりに大きくてどう写真を撮ったものか悩んでいる間に日差しがどんどん変わっていって、わけわかんないまま撮影したので残念すぎる写真が並びますが・・・

131118_b
“カンパーニュ”はライ麦20%、やや酸味のあるパン。直径30センチ弱、高さ10センチ、850グラムの迫力!

届いた箱を開けたときの香りは、間違いなくドリアンのパンの香り。この“カンパーニュ”は、休業前の“ミッシュ”にとても近いように思いますが、その味わいは、え〜っと、うまい言葉が見つかりませんが、ミッシュより少しおとなしく感じます。

131118_c
カットしていくとけっこう大きな気泡の穴が。

東京でビオのパンを買おうとすると、けっこう「ぎょっ」とするほど高かったりするので、送料出してもお値打ち価格だと思いますがどうでしょう。

131118_d
“ブロン”、16センチ×30センチ、高さ10センチ。こちらもどどーんと850グラム!

131118_e
酸味もなく何にでも合わせやすい味。


カットして3日分は取り分けて、残りは冷凍庫へ。
届いた日と翌日は、ふつうにさら〜っと「おいしいね」といいながら食べましたが、3日めの、軽く焼いたクラストがものすごく香ばしくて「おおっ♪」。そして1週間後は、解凍して軽く焼いたクラムがじんわりじんわりおいしくて、ああーこんなことならもう少し厚めにスライスするべきだったと、この旨味を楽しむのに十分なカットではなかったことを後悔&反省するのであります。

おいしいです、日本の有機栽培小麦。でもまだ「ドリアンのパン」としては進化の途中ではないかと思うのですがどうでしょう。
…と、ところどころ問いかけながら終わりにしてもいいですか(いったい誰に対して:笑)。


※ドリアンの過去の記事はこちら
 →ドリアン(広島)/パン・オ・ショコラ(2011/1)
 →ドリアン(広島)/砂糖をつかわないドライフルーツケーキ(2009/3)
 →ドリアン(広島)/ミッシュ=パン・ド・カンパーニュ(2009/4)
 →ドリアン(広島)/くるみ入りライ麦パン(2009/4)


Boulangerie deRien ドリアン(八丁堀店):広島市中区八丁堀12-9 広島SYビル1階 木金土のみ営業

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013-11-05

世界を救う、ユーグレナきなこねじり(ナチュラルローソン)

131105_a
ミドリムシ入ってます、ユーグレナきなこねじり


電動アシスト自転車を与えられ、家の周辺の坂道もラクラクスイスイ〜っと走り回っております。行動範囲も少しずつ広がりまして、ある日「そうだ、次はあそこへ行こう!」と向かったのが武蔵境の日本赤十字病院に入っている「ナチュラルローソン」というのはどうなのよ、って感じですが、以前、ミドリムシクッキーの記事の中で少しふれた“ユーグレナきなこねじり”を買いに行きました。

※ミドリムシクッキーの記事はこちら
 →世界を救う、ミドリムシクッキー(日本科学未来館)

131105_b
ひとつひとつ手作業でねじっているというこちらは、きなこねじりを製造販売する「札幌第一製菓」の商品。ナチュラルローソンで販売しています。
ミドリムシクッキーで「あおこ臭い」と表現したミドリムシの(と思われる)風味は、このきなこねじりでも感じます。そしてミドリムシクッキーと大きく異なるのは、しっかり甘いということ。飲み物なしではつらいかも。

この一本にどれほどのミドリムシが入っているのかは不明ですが、ミドリムシのありがたい栄養がたくさんつまっているんだ〜と感心しながらいただきました。


札幌第一製菓のサイトはこちら

和菓子

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »