« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013-10-16

明治「大人のきのこの山」が好き

131016_a
まさか、大人になるとはな。

って、ピーターパンが大人になるかどうかは知らないが、きのこは成長します。
自分でも何言ってるかよくわかりませんが、とにかく好きです、「大人のきのこの山」。

131016_b
こんな演出が必要かどうかは別にして、甘さ控えめなうえにカカオのほんのり苦みのある味わい。

過去2回のきのこの編みぐるみ作品展で必ず聞かれた「きのこの山とたけのこの里では、やはりきのこ派ですか」の質問に、堂々と「いえ、たけのこの里派です」と答えていましたが、これを機に「大人のきのこの山派」になります。


株式会社 明治 大人のきのこの山・大人のたけのこの里 商品情報のページ

***

さて、暑過ぎる夏の間お休みしていた編み物を、ぼちぼち再開しております。とりあえずリハビリを兼ねてショールなど編んでみたのですが、お手本にした花飾りのフリンジの甘〜いデザインはわたしのキャラに合わないので・・・
131016_x
全部「しいたけ」に変更しました(笑)。

そろそろ編み菓子にもとりかかろうと思います!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013-10-09

ビストロパッサテンポ(吉祥寺)のマドレーヌ

131008_a
最近のお気に入り、吉祥寺のビストロ「パッサテンポ」の“マドレーヌ(プレーン)”


あまり外飲みしないうえに、出かければいつも同じお店にばかり行ってしまうので、もう何年も吉祥寺周辺に暮らしながら実はその食事情に詳しくありません。なので「パッサテンポ」のようにランチ営業していないお店はまず行くことがないわけですが、なんとなく名前は知っていました。
ある日、「コピス吉祥寺」地下の「三浦屋」で見つけたこのマドレーヌ。

 パッサテンポって、ビストロだったよね?

とは思いながらもそのルックスにたまらなく惹かれて買ってみたら、すごーく好きなタイプだったのです。

131008_b
わかるかな、菊みたいな型で結構なボリューム!

小麦粉、バター、卵、砂糖というシンプルな原材料で作られたマドレーヌは、生地がみっちりつまって固さもありながら適度なしっとり感。ふんわりやわらかいお菓子になれてしまった現代に、よくぞこんなすてきなマドレーヌを作ってくださいました〜と嬉しくなっちゃったのです。

131008_c
こんなのマドレーヌじゃないーとか言うなよ。神田精養軒のマドレーヌで育った身には、それを超えるマドレーヌだと興奮中(その比較もどうかと:笑)。

プレーン以外にも紅茶やショコラなど数種類あります。
お店のオンラインショップのほか、三浦屋の一部店舗などでも販売しているそうです。


ビストロパッサテンポ:武蔵野市吉祥寺本町1-27-7(JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩4分) 月火休
 ※三浦屋コピス吉祥寺店にて購入。パッサテンポでの販売は12時から。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013-10-02

ゼルコバ(立川)/とうもろこしパンのクリームチーズサンド

久しぶりにパンの記事が続いております。

131002_a
ある日の「ゼルコバ」でのブランチ。左から“野菜カレーパン”“ココアとくるみのパン”“とうもろこしパンのクリームチーズサンド”


朝晩の涼しさにすっかり秋の気分ですが、天気予報で「残暑」という言葉を聞くと、ああそうかついこの前まで暑くてうんざりしていたんだと気づかされます。
立川「ゼルコバ」の“野菜カレーパン”、今年も9月下旬の販売終了間際にすべり込み〜。

ところで同じく季節のパンから“とうもろこしパンのクリームチーズサンド”。あまりにおいしくてびっくりしちゃって、そういうときは売場に戻って持ち帰り用をあらためて購入するのです。
131002_b
とうもろこしの粒々がたっぷり入った生地。


お店のデッキがきれいになっていました。これからはデッキでおいしいパンを食べるのにもいい季節ですね。


※前回のゼルコバの記事はこちら
 →ゼルコバ(立川)/バターナッツかぼちゃのパンとトマトのピタパン(2012/10)
 ゼルコバの記事、右の「サイト内検索」で“ゼルコバ”と入力して検索していただくと、ずらずら〜っと出てきます。


窯焼きパン工房ゼルコバ:東京都立川市西砂町5-6-2(西武拝島線西武立川駅より徒歩15分) 火水木休


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »