« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013-09-26

きのこの前の、ルヴァン信州上田店

130926_a
「ルヴァン 信州上田店」のパン。手前は“玄米キッシュ”(パンじゃない!)


菅平にあこがれの毒きのこ「ベニテングタケ」の季節がやってきたと、あわてて旅立った某日。でもベニテングの前にこれだけは〜上田のルヴァン。
お店であれこれパンを買って、2階のカフェでいただきます。

130926_b
ふたりで分けるなら、とパンはすべて2つにカットしてくださいました。
去年の写真を見ると“ごまとチーズのパン”“ベルベデーレ”“スコーン”の選択がかぶっています。好みもありますが、お店に行った時間が同じなので、店頭に並ぶ商品も同じなのよね。

ちゃちゃっと買って、さささっと食べて、いざ菅平。ベニテングのみならず、きのこキノコきのこに囲まれて大はしゃぎして、夜はペンションできのこ鍋に舌鼓をうって、翌日台風から逃げるように帰ってきました。

130926_c
すぐ食べるわけでもないのに焼きたてのお顔に惚れて買った“カンパーニュ”。
帰ってからゆっくり味わいましたけど、やっぱりおいしいのだよ。

130926_d
断面。

※去年のルヴァン 信州上田店の記事はこちら
 →ルヴァン 信州上田店のパン〜その1(2012/9)
 →ルヴァン 信州上田店のパン〜その2(2012/9)


ルヴァン 信州上田店:長野県上田市中央4-7-31(JR長野新幹線上田駅より徒歩15分) 水・第1木休


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013-09-11

EPEE(エペ)〜吉祥寺に新しいブーランジェリー

スミマセン、今日は写真がひどい気がします。

130911_a
吉祥寺に8月オープンした「EPEE」の“リュスティック”


パンケーキで話題沸騰中の吉祥寺ですが、ここ数年の間にじわじわとパン屋さんが増えていること、ご存知ですか。といってもチェーン店が多いのですが。
そして手薄だった南口、マルイ裏の通りにちょっとおしゃれな“ブーランジェリー・ビストロ エペ”がオープンしました。

この蒸し暑い時期に・・・というわけで、大きめの“リュスティック”は家に着くころにはふんにゃふにゃ。ナイフ入れて泣きそうになりましたが、焼き戻してみると「あ、なんかいいかも♪」。

130911_b
“Pain du EPEE”パン・ド・エペも焼き戻せば耳はカリッと、中はふんわり。やっぱり「なんかいいかも」。

七井橋通り(マルイ横の井の頭公園へ続く道)にピッツァの店、ガレットの店、と立て続けにオープンしたマザーズレストラングループが手がけるブーランジェリーですが、さてマザーズレストランとは? とサイトを見れば、「Kunitachi Tea House」のグループではありませんか。ああもうずいぶん行ってないけど好きです国立ティーハウス。ランチに、これでもかといくつもの紅茶を楽しく飲ませていただける店でした。
というわけで、あっという間に親近感がわいちゃって、オープンから1ヶ月の間に3度もエペのパン。

130911_c
“パン・ド・ミー”はパン・ド・エペよりも軽く、そしてやっぱり焼き戻して「なんかいいかも」


飛び抜けた何かはないのですが、普段使いのパンとして気に入っています。意外とないんです、吉祥寺にこういうパン屋さん。

ただ、これはまったく個人的な思いですが、ビストロは大盛況なのにパン売場が静かです。これはレストランを併設する「ローズペーカリー」や「MUSUI」と同じで、レストランのにぎわいに比べてパンのよいところがあまり取り上げられていない気がするんですよねー。
ダンディゾン」くらい突き抜けちゃうと詣でる人が後を絶たないのですが、そこまではいってない。吉祥寺アトレ内のディーン&デルーカではパンの品揃えをものすごく絞り込んで差別化を図っているなーと、あまり買わないけど常々感心。
なんてことを考えると、エペのパンはとてもふつう。とにかく吉祥寺にはないけどほかの街にいけばよくあるブーランジェリーなのに、ちょっと小洒落ているばかりに入りにくいと思う人がいるかもしれません。
吉祥寺のパン事情は、どうせ飛び抜けていないならチェーン店のような「みんなのパン屋さん」を受け入れやすい環境なのかな〜とも思うのです。さて、エペは「みんなのパン屋さん」になってくれるでしょうか。

で、何が書きたいのかというと、吉祥寺にエペのようなパン屋さんができて嬉しいといいたいのだ。とてもわかりにくいけど(笑)。


130911_d
なんじゃこりゃっ! 日替りライ麦バトンはドライフルーツ。

130911_e
全形。こんな写真じゃわかりにくいと思っての先端画像でした。


繰り返しますが、どのパンも焼き戻さないとよさがわからなかった。それがこの季節によるものなのかは継続して見守りたいと思います。
ちょっとエラソーな今回の記事でした。

そうそう、パンを買うと出口までパンを持ってお見送りしてくださいます。そういう扱いになれていないので、ちょっとこそばゆい(笑)


EPEE プーランジェリー・ビストロ・エペ:武蔵野市吉祥寺南町1-10-4 1F(JR中央線、京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩1分) 無休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013-09-05

ブロートハイム(桜新町)/カイザーゼンメル

130905_a
桜新町「ブロートハイム」の“カイザーゼンメル”、家人のお気に入り


こう蒸し暑いと、おいしいパンを買っても家に帰るころにはパンもぐったり疲れた顔になっていて、気の毒でついつい買い控えてしまう今日この頃です。ええ、わたし自身もかなりぐったりしておりますし。

先月、数年ぶりに桜新町方面へ出かけたので「ブロートハイム」。
滅多に行けないのに、行くと夏期休暇だったり臨時休業だったりと、なかなか受け入れてもらえない(笑)、でも大好きなパン屋さんです。
今回は夏期休暇直前でほっとしましたが、隣接するカフェはやはり休業中。このカフェにはきっとこの先も一生受け入れてもらえないという覚悟をしましたよ。

130905_b
わたしが推すのは“ヘルンヒェン”、さっくりした食感が好き〜


相変わらず店内混雑していますね。対面式であの混雑ではゆっくりパンを選ぶこともかないませんが、この暑さなのでさささっといつも選んでいるようなパンを購入しました。
久しぶりのブロートハイムですから、何だっておいしいのです。

130905_c
いつも選んでいるようなパン、“フォルコンブロート”1/2サイズ

130905_d
そしていつも選んでいるようなパン、“ロッゲンシュロートブロート”1/4サイズ


※過去のブロートハイムの記事はこちら
 →ブロートハイム(桜新町)/ベルリーナラントブロート(2005/7)
 →ブロートハイム(桜新町)/バゲット(2005/7)


ベッカライ ブロートハイム:世田谷区弦巻4-1-17(東急田園都市線桜新町駅より徒歩10分) 月、第1火休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »