« 金太郎飴(根津)/みそせんべい と 根津のたいやき | トップページ | 千躰荒神祭り(品川)の釜おこし »

2012-11-26

石窯パン工房パンセ松島店限定、牡蛎カレーパン

121126_a
宮城県の松島海岸にある「パンセ」の“牡蛎カレーパン”


この3連休の初日は松島海岸。そして松島海岸で最初に口にしたのが「パンセ」の松島店限定“牡蛎カレーパン”でした。いきなり揚げ物、と反省もしつつ。

パンセは宮城県内に展開するパン屋さんですが、松島店は対面式で“牡蛎カレーパン”と“ずんだメロンパン”を販売しています。いつだって揚げたて・焼きたてを味わえるのです。
121126_b
大きな牡蛎がプリッと2つも入っていて、おいしかったわ〜。

このあとぷらりぷらりと歩きながら、ときどき立ち止まってはカキフライ食べたり、焼き牡蛎食べたり、結局ほとんど食べてばかりですけれど、もちろん紅葉も楽しみました。


石窯パン工房パンセ:宮城県宮城郡松島町松島字町内75番地14 松島玉手箱館1階(JR仙石線松島海岸駅より徒歩5分)

***

この週末は2度めの七ヶ浜町でのボランティア活動。今回は田んぼや宅地の瓦礫片付けをお手伝いしてきました。
表面に転がる石や雑草を取り除けば、土の中からさらに大きな石やブロック片、アスファルトやコンクリートの固まりが掘っても掘っても出てきて、ここが農地だったのか、あるいはここに生活していた人がいたのか、と胸が痛みます。
復旧の進んでいる様子もうかがえますが、方針が決まらずに手つかずになっているところもまだまだ多く見られます。自分にできることはほんとうに小さなことでしかないとあらためて感じました。
それでも、継続してボランティアが入った田んぼで、今年大豆を育てることができたそうです。たとえ微力でも共に進むための支援を、そして再生への祈りを続けていきたいと思います。

|

« 金太郎飴(根津)/みそせんべい と 根津のたいやき | トップページ | 千躰荒神祭り(品川)の釜おこし »

m.宮城県のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

今年、岩手県大槌町でボランティアをされている人から聞きましたが、危険な作業が減って誰でも参加できるものが増えたようですね。
facebookの復興支援ファンドの情報を見ると少しずつ企業が再建されているようですが、まだまだやることが被災地ではあるようですね。

松島湾のカキですが、震災のあと大粒でおいしくなったみたいです。

投稿: 笹団子 | 2012-11-26 20:42

★笹団子さん
企業が再建しても、被災地のかたが継続して安定した収入を得るようになるのはまた別の話です。手つかずになっていることもまだたくさんあるし、宅地や農地の瓦礫処理、仮設住宅入居者の引越、ボランティアセンターの庶務など、お手伝いできることはいくらでもあります。

ボランティアセンターでも港のご好意で焼き牡蛎をいただきました。味が濃くて美味しかったです。

投稿: kozue | 2012-11-26 23:04

ボランティアお疲れさまでした。
ワタシはことし二回しか、行けなかったー。
このままでは現状把握ができないままになってしまいます。
なのでkozueさんのお話はとても貴重でした、ありがとうございます。
また、震災被害を自分自身で風化させないためにも
何か新しいお手伝いを考えなくては、と思っています。

ところでパンセのカレーパンって一日に1022個も売り上げるのね
すご~~い。
東北の牡蠣っておいしいよねー、気仙沼がなつかしい。

投稿: あんころりん | 2012-11-30 02:37

★あんころりんさん
前回の作業は海岸のお片づけだったので、なんとなく達成感で終わってしまいましたが、今回は宅地と農地だったし、それなりの成果はあってもまだまだ根気よく続けなければならないことがわかるので、なんとも心の傷む作業でした。

三陸の牡蛎、ぷりっとしてまさに海のミルクですよねー。

投稿: kozue | 2012-11-30 13:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/56196008

この記事へのトラックバック一覧です: 石窯パン工房パンセ松島店限定、牡蛎カレーパン:

« 金太郎飴(根津)/みそせんべい と 根津のたいやき | トップページ | 千躰荒神祭り(品川)の釜おこし »