« 仙台駄菓子 その1〜山益屋のドクキノコにしびれる | トップページ | 仙台駄菓子 その3〜日立家、熊谷屋、中鉢屋 それぞれの味 »

2012-06-26

仙台駄菓子 その2〜石橋屋の店構えがステキ

120626_a
明治18年創業の「石橋屋」。戸を開けるのもちょっと緊張。。。


「石橋屋」の駄菓子は仙台三越でも購入できるのですが、どうしてもこのお店に行きたくて、市営地下鉄に乗りました。行ってよかった。
120626_b
だって陳列棚の奥はこんな世界〜。

120626_c
まずは“趣味の菓子”10種入り

120626_d
きなこねじり・しぐれねじり、輪南京・より南京(隠れているけど)、干切
梅子・兎玉、ぶどうにぎり・えそべ、青葉しぐれ

個々のお菓子はお店のサイトなどを見ていただくとして、食べた瞬間「おや?」と感じたのは“梅子”。他店と違い、中はきな粉生地です。
全体に甘さは抑えめ。前回紹介した「山益屋」を<昭和の味>と表現しましたが、それと比べると(駄菓子だけど)風格というか品格というか、そういうものを勝手に感じてしまうような味でした。
もっとわかりやすい表現はできないのか>自分。

石橋屋のくわしいお話はこちらのブログ記事にも。
→近所の和菓子屋さんの豆大福、パン屋さんのあんぱん
 宮城県仙台市/石橋屋~味噌ぱん、ぶどうにぎり、番茶がし・・盛りだくさん!ふわっとむっちりしっとり


120626_e
ばん茶菓子と味噌ぱん。
お菓子の下にあるのは購入したものを入れてくれた紙袋。なんだか力強さがみなぎってます(笑)。

個人的には黄粉とゆべし種を黒砂糖と米飴で練った“青葉しぐれ”と甘みの少ない縄編みのかりんとう“ばん茶菓子”がお気に入りです。

120626_f
もとは飴屋さんということなので“名物飴”も購入。これはまだ食べていないので、別の機会に。


石橋屋:宮城県仙台市若林区舟丁63(仙台市営地下鉄河原町駅より徒歩2分)

和菓子

|

« 仙台駄菓子 その1〜山益屋のドクキノコにしびれる | トップページ | 仙台駄菓子 その3〜日立家、熊谷屋、中鉢屋 それぞれの味 »

m.宮城県のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

私も青葉祭のときに行ってきました。

昔ながらの住宅地にいきなりあるという感じがしました。

私はこうばしいきなこ系、サクサクしたお米系、素朴な甘さの黒糖系と大体好きです。
青葉祭のときは詰め合わせを購入しましたが、次回は未知の味に挑戦してみたいです。

投稿: 笹団子 | 2012-06-26 22:36

★笹団子さん
ええ、いきなりありましたね、お店。
梅子がきな粉だったので、きな粉菓子に自信ありなのかな? とも思うくらい、きな粉系のお菓子がわたしは好みです。
最初は詰め合せがお買い得ですが、これ!と思うお菓子をどーんと購入するのもいいですよね。

投稿: kozue | 2012-06-27 15:51

ご紹介とTBありがとうございます。

ぜったい!仙台まで出たら本店に行かなきゃねー。
店内のほの暗い感じも趣あるし、広瀬川の傍らというシチュエーションもすてき。
>風格
うん、それそれ。ワタシが見つけられなかった言葉はそれだ。先代の魂というか情熱がぎっちり詰まったそんな駄菓子。駄という文字が誤解をうみやすいけれど、すごく厚みのある力強い食べもの と思わせてくれます。
>お気に入り
ワタシも青葉しぐれがベストのひとつ。黄な粉ものはすべておいしいですね。糒を使ったもの好きだし 練り餡ものも欠かせない・・飴も・・あ、そうかこれから食べるのね。
ほかの駄菓子記事もすごく楽しみです~。

投稿: あんころりん | 2012-06-27 16:22

★あんころりんさん
こちらこそいつも使わせていただいて(?)ありがとうございます。
あまり時間がなかったので三越で一度に済ませようかとも思いましたが、やはり石橋屋の本店ははずせないな、と。
風格の味、ご理解いただけて嬉しいです〜。店構えも味もいろいろひっくるめて別格というか、そうそう、「厚みのある力強い食べ物」でしたね。
飴以外は食べ終わってしまい、あとの3店をうまく紹介できるかどうか不安になっております。

投稿: kozue | 2012-06-27 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/55057152

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台駄菓子 その2〜石橋屋の店構えがステキ:

« 仙台駄菓子 その1〜山益屋のドクキノコにしびれる | トップページ | 仙台駄菓子 その3〜日立家、熊谷屋、中鉢屋 それぞれの味 »