« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012-06-26

仙台駄菓子 その2〜石橋屋の店構えがステキ

120626_a
明治18年創業の「石橋屋」。戸を開けるのもちょっと緊張。。。


「石橋屋」の駄菓子は仙台三越でも購入できるのですが、どうしてもこのお店に行きたくて、市営地下鉄に乗りました。行ってよかった。
120626_b
だって陳列棚の奥はこんな世界〜。

120626_c
まずは“趣味の菓子”10種入り

120626_d
きなこねじり・しぐれねじり、輪南京・より南京(隠れているけど)、干切
梅子・兎玉、ぶどうにぎり・えそべ、青葉しぐれ

個々のお菓子はお店のサイトなどを見ていただくとして、食べた瞬間「おや?」と感じたのは“梅子”。他店と違い、中はきな粉生地です。
全体に甘さは抑えめ。前回紹介した「山益屋」を<昭和の味>と表現しましたが、それと比べると(駄菓子だけど)風格というか品格というか、そういうものを勝手に感じてしまうような味でした。
もっとわかりやすい表現はできないのか>自分。

石橋屋のくわしいお話はこちらのブログ記事にも。
→近所の和菓子屋さんの豆大福、パン屋さんのあんぱん
 宮城県仙台市/石橋屋~味噌ぱん、ぶどうにぎり、番茶がし・・盛りだくさん!ふわっとむっちりしっとり


120626_e
ばん茶菓子と味噌ぱん。
お菓子の下にあるのは購入したものを入れてくれた紙袋。なんだか力強さがみなぎってます(笑)。

個人的には黄粉とゆべし種を黒砂糖と米飴で練った“青葉しぐれ”と甘みの少ない縄編みのかりんとう“ばん茶菓子”がお気に入りです。

120626_f
もとは飴屋さんということなので“名物飴”も購入。これはまだ食べていないので、別の機会に。


石橋屋:宮城県仙台市若林区舟丁63(仙台市営地下鉄河原町駅より徒歩2分)

和菓子

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012-06-20

仙台駄菓子 その1〜山益屋のドクキノコにしびれる

120620_a
「山益屋」名物(?)“きのこあめ”


半日で仙台駄菓子ばかりを求めてきました。訪れた5軒のうち、まずご紹介するのは「山益屋」。一番好きな駄菓子屋さんです。

120620_b
駄菓子6種詰め合せときのこあめ。


仙台駄菓子とは江戸時代から300年以上も続く、どちらかといえば子ども向けの素朴なお菓子ですが、じつは「仙台駄菓子」と呼ばれて見直されるようになったのは昭和30年代に入ってからなのだそうです。
そして今回の「山益屋」は昭和30年代に創業した‘若い’駄菓子屋さん。
120620_e
こんな風情のお店が、知らないと不安になるほどの住宅地にぽつんと現れますけど若いんです。

陳列棚には“きのこあめ”とありましたが、袋の商品名は
120620_c
“ドクキノコ”(笑)。
ニッキの味がビリビリっときいて、ニッキを苦手とする家人にとってはまさに毒きのこ!
ご主人の遊び心でニッキ飴をきのこの形にしてお客さんにサービスしていたところ「お友だちにも配りたいから商品化してほしい」と人気になったのですって。

ニコニコと感じの良いご主人と奥様の応対が楽しくて、いつまでも話し込んでしまいたい気分でしたが、午前中にあっちこっち巡りたいので泣く泣くお店を後にしました。

(参考)民芸品の並ぶ店内の様子などはこちらの記事に。
 →@nifty:デイリーポータルZ:ビリビリ来るぜ!ドクキノコあめ

120620_d
ウサギダマ、マコロン、シオガマ
スアマ、キナコネジリ、ワッコ

“キナコネジリ”は青々としたうぐいすきなこの作り立てを入れてくれました。
“シオガマ”がクルミ入りなのはちょっとめずらしいのでは。

駄菓子はこれまたかなり好みの味。個人的には“シオガマ”以外はどれも飛び抜けて好きな味です。やや苦手な“マコロン”もとてもおいしく。
今回はいろいろ並べて食べたので、他店との微妙な違いを感じることができたのですが、こんなにも山益屋贔屓になるのは思うに「山益屋のお菓子って昭和の味なのではないかしら」。いつもながらとてもわかりにくい表現でスミマセン。


山益屋:宮城県仙台市宮城野区小田原2-6-9(JR東日本 仙台駅より徒歩15分) 日休

和菓子

***

仙台に行ったのは、震災で大きな被害を受けた七ヶ浜町でのボランティア活動の帰り。2日間、砂浜に打ち上がった瓦礫や海藻の片付けをお手伝いしてきました。
見違えるように片付いたあとを見ると「人の力ってすごい」と感じるけど、同時に「これだけの人が集まってやっとこれだけ」と切なくもなります。
大きな瓦礫は撤去されたものの、撤去された瓦礫の巨大な山、土台や門柱の痕跡だけが残る住宅街の跡地に改めてショックを受けました。畑も掘り返すたびに細かい瓦礫が出てきて、なかなか元には戻らないそうです。
これからも被災地の再生を祈り続けます。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012-06-13

麗子ママのイチオシ、呼吸チョコ「北新地」(大阪)

120613_a
呼吸チョコ「北新地」。。。ところで「呼吸チョコ」って何?


ずいぶん前のこと、何かをネットで検索中にたまたま「呼吸チョコ」の存在を知りました。じつはそのとき「吸収チョコ」と読み間違えて、栄養を吸収するチョコ? 恐ろしい名前だな、と思ったのですが。

さて5月のある日の有楽町。いつも編みぐるみ和菓子店をおもしろがってくださる「加賀ゆびぬき 結の会」のみなさんの作品展へ出かけたときのこと。絹糸の美しさに魅せられ、たくさん刺激を受けたあとで、交通会館にある大阪アンテナショップ「大阪百貨店」に立ち寄りました。
そしてまっさきに目に入った商品を手にとり

 あ! 吸収チョコだ!

とつぶやいたのはわたしです。
ほんとにしっかり「吸収チョコ」と記憶しているし。小さいながら声に出しちゃったし。
家に帰ってよくよくながめたら、「呼吸チョコ」でした。もう間違えません。

120613_b
呼吸チョコの正体はアーモンドチョコでした。

20年前のティラミスブームに乗っかり大阪に登場したマスカルポーネチーズクリーム入りのアーモンドチョコが、その後北新地の高級クラブで人気となり、現在の「呼吸チョコ」となったそうです。
作り立ての風味が息づくチョコということで「呼吸チョコ」。わかったようなわからないような。

一般的なアーモンドチョコに比べてチョコ部分が少ないものの、マスカルポーネのぶん味の重量感はあって、何よりアーモンドがとても香ばしい!
あーだめだめ、こういうカリカリと香ばしいものはクセになっちゃうのよー。


じつは姉妹商品もあります。麗子ママが誰か気になる方はこちらで確認を。
株式会社マルシゲ「呼吸チョコ」スペシャルサイト
 ※大阪百貨店にて購入

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »