« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012-04-18

清月堂(大分県宇佐市)/神勅の誉

大仰なお菓子。
120417_a
大分県「清月堂」の“神勅の誉”


いまさら1月の話で失礼します。
大分に帰省した知人から、「実家近くに“神勅の誉”という[大仰なお菓子]があるのでぜひ食べてほしい」と、その大仰なお菓子が届きました。
ここまで3回も「大仰なお菓子」と書きましたが、失礼ながらたしかに大仰なお菓子です。菓銘のみならず、そのまわりの諸々までもが。

梱包を解いて「!」、
120417_b
箱つぶしてからあわてて写真撮りましたけど、何だか神々しく・・・

箱を開けて「!!」、
120417_c
ものすごい主張の漂うその雰囲気は、何だか厳かでもあり・・・

お菓子を手に取って「!!!」。
120417_d
“くれ橋”は、まさに荘厳・・・

荘厳だなんだといいながら、なぜかこみ上げてくる笑いを抑えられません〜。何だこのインパクトの強さはーー! あは、あはははは、すごいぞ、神勅とくれ橋!
と、笑っちゃいながら興奮したのでありました。こんな主張の強いお菓子、久しぶりに見た〜。


いただいたのは2種類の棹菓子、どちらもずっしりと重くて長さ約23センチ。(ふつう23センチって包装した箱の外寸じゃないか?)
あかい羊羹を求肥餅で巻いて芥子の実をたっぷりまぶした“神勅の誉”は「賜 明治神宮御饌菓之光栄」の札が添えられています。しっかり両手で持たないと、ぐんにゃりと曲がりますから要注意。
“くれ橋”は「宇佐神宮献上銘菓之光栄」とあって、宇佐神宮の参道にかかる神橋「くれ橋」をイメージした羊羹入り落雁。写真のひび割れは開封時にすでに入っていました、あしからず。微妙に歪んだ形に川を渡る様子を思うのはわたしだけでしょうか。

知人曰く「“神勅の誉”は喜ばれるが“くれ橋”はがっかりされる」。
うん、気持ちはわかります。ジャリジャリしてモッチリしてネットリした“神勅の誉”のほうが飽きが来ないのは確か。
でもどちらもすばらしいお菓子です。何より包まれた羊羹がとてもおいしい。深みのある餡の味わいと後に残らないすっきりした甘み。
思いがけず大分から、こんな素敵なお菓子をありがとうー! と感謝の日々を送ったのでした。


さて、そんな大仰なお菓子が誕生した大分県宇佐市にある宇佐神宮は、全国の神社でお稲荷さんと並んで多い「八幡さま」の総本宮なのだそうです。ちっとも知らなかった。
そういえば吉祥寺にある武蔵野八幡宮にも「坂上田村麻呂が宇佐八幡大社の御分霊を祀ったと伝えられ…」とありました(話は違うがここにも坂上田村麻呂!)。
この宇佐神宮は伊勢神宮と並び称されるほどだそうで、725年の創立からいろいろな物語があるようです。少し調べてみたものの、すぐに何も頭に入らなくなってしまったので(笑)、とにかく実在した応神天皇を祀ることからはじまったすごーく大きな神社です、とだけ。

120417_e
“くれ橋”断面

ところで日々ありがたくいただきながら思いました。
 神様って、食いしん坊なのね〜。


清月堂:大分県宇佐市橋津33

和菓子

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012-04-11

ゼルコバ(立川)/ほうれん草マフィンとみかんクリームサンド

120411_a
「ゼルコバ」の“ほうれん草マフィン”


お彼岸は作品展前のてんやわんやな状況でしたけれど、きちんとお墓参りに行きましたとも。だって「ゼルコバ」のパンが食べたかったし。
というわけで、すっかりお墓参りとセットになってしまった「ゼルコバ」です。

120411_b
ただ緑色なだけじゃない、ほうれん草の甘みも香りもたっぷり感じられる“ほうれん草マフィン”は[プレーン]と黒ごまのついた[チーズ入り]の2種類。

120411_c
これは生地にあまりが出たときに作られる“ピタパン”。マフィンとはまた違ったおいしさがあります。


120411_d
季節のパン“みかんクリームサンド”

前回“ブルーベリーサンド”に感激しまくった季節のパン、この日はとんがり三角な“みかんクリームサンド”でした。どんなクリームか気になるでしょ?

120411_e
まぶしいくらいのみかんクリーム!

どうする? どうしたらいい? このおいしさっ!!!
パンもみかんクリームもどちらもしっかりした味で、だけどうまく調和していて、とっても素敵なパンでした。


※前回のゼルコバの記事はこちら→ゼルコバ(立川市)/ブルーペリーサンド


窯焼きパン工房ゼルコバ:東京都立川市西砂町5-6-2(西武拝島線西武立川駅より徒歩15分) 火水木休


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012-04-03

喜多林堂(大阪)の割板 と作品展のご報告

120403_a
大阪「喜多林堂」の“割板”、3種詰合せのちょっと特別パック。


昨夏、有楽町にオープンした大阪アンテナショップ「大阪百貨店」ですっかり気に入ってしまったのが、この「喜多林堂」の“割板”。
「有平糖(あるへいとう)」という砂糖と水飴を煮詰めた飴に、胡麻やピーナツを加えて板状に伸ばした飴菓子で、手で割っていただきます。べたつくこともなく、パリパリポリポリサクサクと食感も楽しくて、クセになっています。

有平糖というとお茶席に使われる植物などをかたどった色とりどりの飴細工を思い浮かべますが、金平糖と同じく南蛮渡来の飴菓子で、17世紀頃から親しまれている飴なんですね。


さてこの割板、味が3種類ありまして、大阪百貨店では「どれかひとつなんて選べないよーう」とコドモみたいに悩んでいたのですが、吉祥寺東急百貨店で2月頃にあった催事で3種入りという夢のような特別商品に出くわしました。

120403_b
ホッホッホ。金ごま、黒ごま、ピーナツの3種類。

そして今日もパリパリポリポリサクサクと。


喜多林堂:大阪市阿倍野区阪南町1-23-8
※写真の3種詰合せは東急百貨店吉祥寺店の催事で購入。

和菓子

***

ご案内しておりました作品展「役に立たないきのこの春祭り」は無事終了いたしました。今回もたくさんのご来場&応援メッセージ、まことにありがとうございました。

120403_x
虫の目線でも楽しめる、ジオラマ風きのこワールド!(笑)


ではそろそろ、編み和菓子も再開いたしましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »