« 小田原駅でパン〜 カラヘオ と 箱根ベーカリー | トップページ | 作品展「役に立たないきのこの春祭り」のご案内 »

2012-02-21

深大寺 鬼太郎茶屋の目玉のおやじまん

120223_a
生地の斑点が不気味感をあおる「鬼太郎茶屋」の“目玉のおやじまん”
黒豆きなこと豆腐を練り込んだ生地。


今ごろ節分の話で恐縮ですが、深大寺の節分会豆まき式がなかなか盛大です。豆まき式の熱狂のなかに入って行けない小心者のわたしは、豆まき式よりもその前の「お練り行列」を見るのが大好きで、いつもその時間に合わせて出かけ、元三大師堂前でお練り行列の到着を待ちました。

しかし今年はなんとな〜く山門前でお練り行列がまっすぐ歩いてくるのを見物し、「鬼太郎茶屋」へ。だってさっき“目玉のおやじまん”の入った蒸篭から湯気が立っているのを見ちゃったからさあー。

ということで、蒸かしたてをひとつもらってベンチで休憩。
120223_b
ひとくち食べて「うん、これはまさに“おから”だ」とうなずいてみましたが、おからじゃなくて“黒豆きなこと豆腐”でした。たったいま紹介文を読んで食べたのに・・・唖然とする自分。
とにかく思いのほか豆腐を感じる生地にゆるめのこし餡。全体的にふんにゃりとしたお饅頭です。

目玉のおやじまんは、たしか以前は黒糖饅頭のようなしっかりと茶色い饅頭だったはずですが、いつの間にかリニューアルしていたのですね。


リニューアルといえば、豆まき式のゲスト、ゲゲゲの鬼太郎さんの整形問題について。
120223_c
本年、2012年の鬼太郎。後方の青い頭は同じくゲストのピーポくん。

120223_d
昨年、2011年の鬼太郎。デニムのシャツって・・・

納得はしきれないものの、今年のほうがまだ安心して向き合える気がします。いいや納得はできませんが。


※過去の鬼太郎茶屋の記事はこちら
深大寺で食べるぬり壁(2010/10)
深大寺 鬼太郎茶屋で二十世紀梨のソフトクリームを(2010/9)
目玉おやじのかき氷(2009/8)


鬼太郎茶屋:東京都調布市深大寺元町5-12-8(京王線調布駅またはつつじヶ丘駅、JR中央線三鷹駅または吉祥寺駅よりバス) 月休(祝日の場合は翌日に振替)

和菓子

|

« 小田原駅でパン〜 カラヘオ と 箱根ベーカリー | トップページ | 作品展「役に立たないきのこの春祭り」のご案内 »

c.和菓子」カテゴリの記事

コメント

鬼太郎氏は朝の連ドラ終了後も調布にて活躍中のようですね。

今はお菓子やパンに米粉を使ったり、豆腐を使ったりするのが流行りのようで。 豆腐が乾燥して粉っぽくなるとおからに感じるのかもしれませんね。

鬼太郎氏は美容整形というよりバージョンアップしたように感じます。

前→田んぼのかかし

今→40年くらい前の水森亜土人形

よくよく考えてみるとバージョンアップではないですね。

投稿: 笹団子 | 2012-02-21 22:15

★笹団子さん
はい、鬼太郎は調布の「顔」ですから〜。・・・それであのレベルのかぶり物(笑)

ほんとうに米粉や豆腐・豆乳モノが増えましたね。アレルギーとの関係があるので、代用としておいしいお菓子が開発されるのはいいことだと思います!
目玉のおやじまんのふんにゃり具合は、絹ごし豆腐を手で崩した感じに似ています。

投稿: kozue | 2012-02-22 14:55

饅頭、さすがに目玉そのものではないんですね。
あのぜんざいの凄味に比べると、幾分手をのばしやすい気がしますけど。
ワタシは豆腐もあんこもきなこも大好きですから、目玉のおやじまん、好きなはず・・

うーむ。水木しげる先生はいったいどういった感想をお持ちなんでしょう、かぶりもの。

投稿: あんころりん | 2012-02-22 17:24

★あんころりんさん
目玉そのものだったら、わたしには食べられませんっっ!(笑)
生地も餡もふんにゃりしてますが、あの豆腐具合はなかなかすばらしいと思います。

やっぱり作者の意見を聞きたくなりますよね、鬼太郎さん。

投稿: kozue | 2012-02-22 22:34

こんな古いエントリにコメ書いたらいけないかしら…
妖怪しるこってのはご存知ですか?
http://ameblo.jp/tamas-factory/entry-11186490944.html?frm_src=thumb_module
美味しいのだったら取り寄せようかなと思ってます。

鬼太郎つながりでしたww
☆~~ヾ^-^) マタネッ♪

投稿: Susie | 2012-03-10 10:06

★Susieさん
いけなくない〜。
妖怪しるこ、体験済みです。いまも同じ味かどうかはわかりませんが・・・
こちらの記事をご覧くださいませ。
http://kozue.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_a1b5.html

投稿: kozue | 2012-03-10 22:01

おお、既出でしたか!!
ネタとしてはいいのですが…うーん、日本海にします。
東郷元帥に敬意を表して。

投稿: Susie | 2012-03-12 00:28

★Susieさん
あのね、一反木綿がぷか〜りと浮いてくる瞬間がたまらなくかわいいのですが、それだけでした(笑)
味も重視するならぜったい日本海です。

投稿: kozue | 2012-03-12 16:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/53973201

この記事へのトラックバック一覧です: 深大寺 鬼太郎茶屋の目玉のおやじまん:

« 小田原駅でパン〜 カラヘオ と 箱根ベーカリー | トップページ | 作品展「役に立たないきのこの春祭り」のご案内 »