« 甘味喫茶 岡西(小田原)の大き過ぎるおはぎ | トップページ | ヤナギヤベーカリー(小田原)/うす皮あんぱん »

2012-02-09

角田屋製パン(小田原)/あんパンとカマンベール

■小田原[あんとぱん] その3
120210_a
「角田屋製パン」の“あんパン”


実は今回の小田原巡りで一番懐かしい雰囲気で印象深かったパン屋さん、「角田屋製パン」。
守谷製パン店のようにどーんと押し寄せてくるものはないものの、まじめにまっすぐにパンを焼いている様子が伝わる温かいパン屋さんでした。

120210_d
“カマンベール”は、長く伸ばした生地の中にカマンベールチーズを巻き込んでありました。
ええ、練り込みではなく、細長い生地の中心にカマンベールを入れて、ぐるりとねじってある。どこを食べても真ん中にはカマンベール。


看板に注目「手作り100年の店」。
120210_c
創業アバウト100年。何年ごとに看板を更新しているかは不明です(笑)。
お店に立つおじいさん、おばあさんはいったい何代目なんだろう?

120210_b
久しぶりに見た“三色パン”は杏ジャム、クリーム、つぶし餡。

120210_e
見るからに素朴なパン。こういうパンがおいしいって、なんだかいいよねえ〜。
別料金でピーナッツクリームなどを追加することもできるそうです。


角田屋製パン:神奈川県小田原市本町2-1-10(JR東海道本線、小田急線小田原駅より徒歩9分)


|

« 甘味喫茶 岡西(小田原)の大き過ぎるおはぎ | トップページ | ヤナギヤベーカリー(小田原)/うす皮あんぱん »

l.神奈川県のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

とても素敵なお店だというのがじんわり伝わってきました。
おじいさん、おばあさんを拝みたい。

三色パンの構成に大正以前創業というのが如実に感じられます。
この次 母に誘われたら行こうっと、小田原。

コッペパン的なポジションの素朴なパンに
「ピーナツクリームでお願いします」と注文したいわ~~

投稿: あんころりん | 2012-02-09 23:20

★あんころりんさん
じんわり伝わりましたでしょうか。ちょっと嬉しい。
実はあんぱんがなかったので「今日はあんぱんは?」とおじいさんに尋ねたら「お〜い、あんぱんはまだか〜?」と奥の工房に声をかけてくださって。おじいさんよりもずっとしゃっきりした(失礼!)おばあさんが奥から出ていらして「あと20分で出せますけど」と。そのやりとりも含めていい感じでした(笑)。
きっとあんころりんさんがお好きなお店だと思います。

投稿: kozue | 2012-02-10 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/53924772

この記事へのトラックバック一覧です: 角田屋製パン(小田原)/あんパンとカマンベール:

« 甘味喫茶 岡西(小田原)の大き過ぎるおはぎ | トップページ | ヤナギヤベーカリー(小田原)/うす皮あんぱん »