« 角田屋製パン(小田原)/あんパンとカマンベール | トップページ | 小田原銘菓、お菓子のういろう »

2012-02-13

ヤナギヤベーカリー(小田原)/うす皮あんぱん

■小田原[あんとぱん] その4
120214_a
「ヤナギヤベーカリー」のうす皮あんぱん、餡が透けてる〜“つぶし餡”


国道沿いに、パン屋さんとは思えない店構えで大正10年創業の「ヤナギヤベーカリー」はありました。
120214_c
「うす皮あんぱん」の幟が目印。あんぱんの種類は扉脇の木札とショウウィンドウのサンプルで確認できます。
ここはあんぱんの種類がとにかく豊富。のれんをくぐって店内に入れば、対面販売の棚にずらりと並んだあんぱん、あんぱん、あんぱん・・・。

120214_b
少し小振りなあんぱんは薄皮過ぎて、ほとんどあんこ玉(笑)。


これまで巡ったどのお店にもそれぞれの商品にふさわしい餡があって、それがどれもおいしくて。素晴らしき哉、小田原あんこ事情。

120214_d
話はヤナギヤに戻って“うぐいす”。
お豆の味が濃厚なうぐいす餡はどちらかといえば和菓子的あんこ。このうぐいす餡は大好きだーーー。

もちろんあんぱん以外の商品もあります。ついついあんぱんばかりに目が行ってしまうけど。


ヤナギヤ(柳屋)ベーカリー:神奈川県小田原市南町1-3-7(JR東海道本線、小田急線小田原駅より徒歩15分) 日祝休


|

« 角田屋製パン(小田原)/あんパンとカマンベール | トップページ | 小田原銘菓、お菓子のういろう »

l.神奈川県のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。以前から遊びに来させていただいてます。
が、コメントは初めてです。
小田原!素晴らしいですね!!
どのお店もギュっ!と心を鷲掴みにされるような佇まい。
小田原にこんなステキなお店たちがあったとは…。
売っているパンも、お店の外観も超好みです。
次の休みには小田原に行きたくなりました。
これからもblog更新を楽しみにしています。

投稿: こまおう | 2012-02-15 07:14

★こまおうさん
コメントありがとうございます!
鷲掴みにしましたか、そうですか、それは力を入れて記事にした甲斐があったというもの。なんだか嬉しいです〜。
小田原って通り過ぎるばかりで降り立つことがなかったので、パンと餡だけでこれだけ盛り上がれるとは思ってもみませんでした。
では、こまおうさんのお言葉を励みに、これからも続けてまいります!

投稿: kozue | 2012-02-15 15:10

「昔のパン屋はこうだったんだぞー!」
と言いたげな店構えですね。

こちらもあんの盛りが見事ですね。
昔テレ東でやっていた「でぶ屋」の「大盛りの美学」を思い出します。(笑)

小田原は戦時中に空襲で被災しましたが、意外と昔ながらの風情が残っているように感じます。

投稿: 笹団子 | 2012-02-15 19:51

★笹団子さん
たしかにパン生地に対する餡の量は「大盛りの美学」(笑)。
あんぱん以外のパンを食べていないので、パン生地そのものについてはよくわかりませんが、こちらの餡は甘さといい豆の風味といい、和菓子でした。
そうですね、想像以上に昔ながらの風情です。新しいおしゃれっぽいお店があったのも意外でしたが(笑)

投稿: kozue | 2012-02-15 22:33

ああ、ここです、ここです、「駅から遠い~」と思っていたパン屋さん。

しっかし。すごいね、あんぱんの皮。
これだけの薄さで破れないように包あんできるのはやはり日本のパン職人さまならではの高度なワザですね~~。素晴らしいっす。
やはり生地のコシとか柔軟性はタダモノではないのでしょうか?

投稿: あんころりん | 2012-02-22 16:52

★あんころりんさん
このパン生地はやはり、パンというより「皮」でした(笑)。
でも餡がかなり和菓子寄りなので、ふつうにパン生地だとかえって印象なくなってしまうのではないかと思います。

投稿: kozue | 2012-02-22 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/53924829

この記事へのトラックバック一覧です: ヤナギヤベーカリー(小田原)/うす皮あんぱん:

« 角田屋製パン(小田原)/あんパンとカマンベール | トップページ | 小田原銘菓、お菓子のういろう »