« 三英堂(島根県松江市)/呼子鳥 | トップページ | 聖庵(阿佐ヶ谷)/田舎パン »

2011-11-25

さかもと菓子店(府中市)/ぶどう餅

今回はちょっとおもしろいもの。
111125_b
府中市「さかもと菓子店」の夏秋名物“ぶどう餅”


叔母から「11月中にモンチッチの供養をしたいんだけど、どこか知ってる〜?」と電話がありまして、府中市の「慈恵院」へご案内。叔母が連れてきた、日に焼けちゃったモンチッチを抱き上げたら、わたしのほうがすっかりお別れモードになってしまい(←そりゃーモンチッチ世代だからね)、涙ぐみながら「長いことお世話になりました」とお別れしてきました。

そんなことはどうでもよくて。
府中市といっても駅は京王線東府中。「東府中って何もなさそうだけど何かあるの?」と問う叔母に、「“ぶどう餅”はどう?」とこたえると、「そんなおもしろいものはぜひ食べてみたい」といいます。

111125_a
パック詰め売り。こんなに食べられるのかなあ〜、と思ったけど・・・。

どうにも「苺大福」に否定的なわたしですが、白餡の苺大福なら許せるのではないかと常々思っていました。ところが白餡でも「みかん大福」はちょっと苦手。でも「八朔(はっさく)大福」はまだ許せる。
つまり大福に果汁あふれるフルーツを入れたものが苦手のようなのです(客観的分析)。ほら、八朔は水分少ないから。

さてこの“ぶどう餅”は、皮ごと食べられる大粒の種無し巨峰をまるごと甘い餅で包んだもので、餡は入っていません。
歯が巨峰の皮を破った瞬間にじゅわっと果汁があふれ出し、餅の存在をも消し去りました。餡がないので、ただおいしい巨峰を食べている感じです。そうして2個、3個、4個…と立て続けに食べてしまってから、食道がどっきりするのを感じて(はっ! これは餅だった・・・)と思い出すのです。思い出したのに6個いっちゃいましたけど。
いや〜おもしろい経験でした、否、若干恐怖でもあります(笑)。

ぶどう餅は11月までで終わり、12月からは“いちご餅”にかわります。


さかもと菓子店:東京都府中市清水が丘1-9-5(京王線東府中駅より徒歩3分) 火休

和菓子

|

« 三英堂(島根県松江市)/呼子鳥 | トップページ | 聖庵(阿佐ヶ谷)/田舎パン »

c.和菓子」カテゴリの記事

コメント

小豆のあんに合う具は栗くらいでしょうか?
小豆自体に強い風味があるから単独でいただいたほうがいいと思います。

私も苺大福は白餡の方が好みです。
白小豆やインゲン豆にはクセが少ないので他のものを引き立てるのに向いていますね。

単純にブドウを餅で包んだお菓子というのも面白いですね。
どちらも新鮮でなければならないでしょうから買ったその日にいただかないとダメでしょうけど。

投稿: 笹団子 | 2011-11-26 21:29

★笹団子さん
そういえば、わたしは栗饅頭もひと粒丸ごとより刻み栗のほうが好きです。ということは、何かを丸ごと入れるのがそもそも好みではないのかもしれません(いまさら…)。

ぶどう餅、とても面白かったです。でもこれは豆大福のように「冷凍」という技が使えませんね。
ちょっといちご餅にも興味がわきました。たぶん、ぶどうもいちごもそのまま食べた方がいいような気がしますけど(笑)

投稿: kozue | 2011-11-26 22:07

ウチのワンたちも皆、慈恵院でお休み中でございます、が。
さかもと菓子店もぶどう餅も知りませんでした。


巨峰をいれたあんなし餅って時々見かけますね。食べるけどさワタシとしてはやはり小豆粒餡と果物が一緒でないとおもしろくありません。
そして白あんはあんなしよりもっとつまらない。kozueさんとこの点では交わることがなさそうだ(笑)
しかし八朔がOKなら苺だってイケそうな気がしますけど・・。

投稿: あんころりん | 2011-12-02 01:20

★あんころりんさん
さかもと菓子店、ちょっと不思議なお店です。包装紙が「銀座花のれん」のだったり、個別包装のお菓子が京都のメーカーのものだったり、、、行けばわかる。

八朔大福はOKなのではなくて、みかん大福よりは許せる、ということですよと意地っ張りなわたし。
きっと永遠に交わることがなさそうですね(笑)。生理的に受け入れられない何かがあるんだと思います。何だろう。

投稿: kozue | 2011-12-02 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/53331183

この記事へのトラックバック一覧です: さかもと菓子店(府中市)/ぶどう餅:

« 三英堂(島根県松江市)/呼子鳥 | トップページ | 聖庵(阿佐ヶ谷)/田舎パン »