« 広島もみじ饅頭あれこれ(1) 〜焼き立てもみじと揚げもみじ | トップページ | ドリアン(広島)/パン・オ・ショコラ »

2011-01-12

広島のもみじ饅頭あれこれ(2) 〜元祖もみぢ饅頭と生もみじ

広島といえば、もみじまんじゅうー! その2

※その1の記事はこちら
 →広島もみじ饅頭あれこれ(1) 〜焼き立てもみじと揚げもみじ


前回の記事でも、もみじ饅頭は伊藤博文のオヤジ的冗談から生まれたと書きましたが、まさにその冗談をお菓子にしてしまったのが「高津堂」。
110112_e
“紅葉形焼饅頭”。今回食べたもみじ饅頭のなかで一番のお気に入り♪ だから写真も大きく。

焼型が違えば、パッケージも違う。そして値段も違う。他店のもみじ饅頭が@70〜90円でしたが、こちらは@100円。
高津堂“もみぢ饅頭”の由来はお店のサイトに詳しいのですが、明治39年に誕生した現在のもみじ饅頭の祖“紅葉形焼饅頭”は初代一代で幕を閉じ、平成21年に三代目が復活させたものです。なので元祖というのはお店が元祖なのであって、商品は新しいといえば新しい。

110112_f
餡は粒餡のみ。(2011/1/13追記 初代はこし餡だったようです)
やや平たい印象の生地は少しもっちりして、とっても素朴な味わいです。
初代の味を守りたいというプライドのもと完成させた商品、素晴らしいと思いました。

高津堂:広島県廿日市市宮島口西2丁目6-25
※お店は現在、宮島ではなくその対岸、宮島口にあります。宮島「巌匠」にて購入。


さて、もみじ饅頭の種類の多さを見て、みんな他店との差別化を図るためにいろいろ試行錯誤しているのねーと妙に感心しておりました。
そんな中ちょっと変わり種?なのが<ケーキ屋さんのもみじ饅頭>、「きむら」。
写真を撮らなかったけれど、こちらの“オリジナルチーズ”もみじ(@90円)はお気に入り。
どこのお店もクリームチーズなのに対し、クリームチーズにプロセスチーズをブレンドしています。生地はシフォンケーキ仕立てということで(あまり他店との違いがわからなかったけど)、しっかりチーズの味がして、チーズケーキを食べているみたいでした!

菓子処きむら:広島県廿日市市宮島町592


さらにみんな必死なのねーと思わずにいられなかった(笑)、こんなもみじ饅頭も。
110112_g
「にしき堂」の“お餅もみじ”(左奥)と“生もみじ”。生もみじって・・・なんだ?

「生八つ橋があるのに、生もみじはできないの?」の声に応えて生菓子として作られたもみじ、ってことですが、もみじ饅頭よりも日持ちのする生菓子なんです(いろいろ疑問がわいています)。

110112_h
こし餡(左)、粒餡。もみじ饅頭にくらべて白っぽい生地はもっちりとして、“阿闍梨餅”っぽい印象です。@110円

110112_i
“お餅もみじ”は白餡と柚子を練り込んだお餅がどーんと入ってました。@80円

にしき堂:広島市東区光町1丁目13-23
※福屋八丁堀店にて購入


ほんとにいろいろ考えるのね〜のなかには、正直「?????」と感じるものもありましたよ、ここでは触れないけど。まあ、いろいろ食べてお気に入りを見つけるのもまた楽しみのひとつですから。


ところで、“つぶもみじ”を最初に作ったという「岩村もみじ屋」というのもありまして、宮島でいちばんおいしいもみじ饅頭だという評判ですが、お店の場所も確認しながら、忘れてしまったのです。食べたかったなあ、宮島でいちばんのもみじ饅頭。

和菓子

|

« 広島もみじ饅頭あれこれ(1) 〜焼き立てもみじと揚げもみじ | トップページ | ドリアン(広島)/パン・オ・ショコラ »

k.広島県のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

紅葉形焼饅頭、見るからにオイシそう~。50歳過ぎても和菓子屋さんになれるのね、と妙に感心してしまいました。初代は反一子相伝派?、獅子が谷に子を突き落とすタイプの厳しいおとうさんだったのねえ。
岩村もみじ屋のサイト、他に比べてシンプル過ぎ。よく見えないのが残念。

投稿: あんころりん | 2011-01-14 23:39

★あんころりんさん
元祖もみじ、何より見た目がいいですよね〜。

にしき堂のふつうのこし餡もみじ饅頭は、写真にあるのと同じで藤色ではありませんでした。
そこで想像すると、宮島のもみじは藤色のこし餡で、ほかはふつうの濃い色のこし餡が主流なのではないかと。
宮島の岩村もみじ屋もこし餡は藤色。サイトに詳しい商品写真があるといいのにね。

投稿: kozue | 2011-01-15 15:59

生もみじは毒舌芸人有吉が紹介していましたね。
以前、新宿南口にあった広島県のアンテナショップで問い合わせたのですが、「日持ちの関係で難しい」とのことでした。

そのうちデパートの物産展で披露してもらいたいです。

投稿: 笹団子 | 2011-01-15 23:05

★笹団子さん
いえいえ、笹団子さん。生もみじの方が日持ちするのですよ!
にしき堂には「あんこがさらにおいしくなった」みたいなコピーがあったので、その当時よりいろいろ改良されているのかもしれませんが。
「阿闍梨餅」ほどではありませんが、あの生地のモッチリ具合は好きな人がいるかもしれません。

投稿: kozue | 2011-01-16 21:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/50567574

この記事へのトラックバック一覧です: 広島のもみじ饅頭あれこれ(2) 〜元祖もみぢ饅頭と生もみじ:

« 広島もみじ饅頭あれこれ(1) 〜焼き立てもみじと揚げもみじ | トップページ | ドリアン(広島)/パン・オ・ショコラ »