« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010-11-30

瑞穂(原宿)の豆大福 と編みぐるみ豆大福!

わたしのナンバーワン豆大福♪
101130_a
原宿「瑞穂」の豆大福


久しぶりに、デパ地下でなく原宿のお店で「瑞穂」の豆大福を購入しました。それにしても久しぶりすぎて曲がる道を間違え大慌てですよ。

こちら「瑞穂」の豆大福は、こし餡。おいしい豆大福は粒餡でもこし餡でも構わないっちゃあ構わないのだけれど、餅にお豆がごろごろと入っている分、餡はなめらかなこし餡の方がより好みなものですから、「瑞穂」の豆大福はもう何年も前からわたしの1等賞豆大福の座を譲らないのでありました。

101130_b
でもこの日はなんとなくこし餡が以前よりゆるいように感じたのよね。そんなときは1日おくと餡もなじんで、餅もしまり、シアワセ度アップ〜。


瑞穂(みずほ):渋谷区神宮前6-8-7(東京メトロ千代田線明治神宮前駅より徒歩4分、JR山手線原宿駅より徒歩9分) 日休


***

さて、ご案内しておりました「役に立たないきのこの文化祭」も無事終了しました。今回もたくさんの方々にご来場いただき、心よりお礼申し上げます。

101130_z

会場はこんな雰囲気でしたのよ。

「和菓子よりぜんぜんスゴイ〜!」
という感想をいただき、嬉しいけどちょっとフクザツ。。。だから「編みぐるみきのこは【特技】」といっているじゃないの。


きのこ展直前に新作きのこを6点も作ったら、すっかり編み編み気分になってしまって和菓子まで制作してしまいました。これがまたかーなーりーのー自信作(いつものこと)。思わずタイトルまで「!」つき。

101130_x
豆大福だぁっ!!


なんたってこんどの豆大福は豆が餅に埋まっている!
そして手粉感たっぷり!
加えてウレタンで餅っぽい弾力を表現!
本物には及ばないが重量感もアップ!
さらにさらに、誰にもわからないのにこし餡入りーっ!!


あまりにうれしくて、きのこ展会場で無理矢理見せられた方、いますね。・・・実は結構テンパっていて、豆大福を持ってきたことすら忘れていた時間帯もあったので、新作豆大福をご覧になったアナタは「超ラッキー♪」と思ってください(笑)

新作、編みぐるみ豆大福
 豆大福の写真、3点あります。新旧バトルもご覧になれます(?)


そんなこんなで次はもしかしたら来年あたり、きのこほどたいしたことない編みぐるみ和菓子店でみなさまにお会いできたら嬉しいな、と考えております。

編みぐるみ和菓子店トップページはこちら

和菓子 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010-11-15

ユッカ屋(日野市)/りんご

初めてのパン屋さんがおいしいと楽しい。

101115_a
「ユッカ屋」の“りんご”


はい、前回に続き「ユッカ屋」です。
※前回の記事はこちら→ユッカ屋(日野市)/バゲット

もっとりんご食べよう、そう思いました、なぜだか。パンの旨味とりんごの味わいにぐっときます。

101115_c
“ノアフリュイ”

ああ断面写真を忘れたことにいま気づきましたよ。

101115_b
“アマンドショコラ”

101115_d
“栗とくるみ”


薪窯パンと器 ユッカ屋:東京都日野市百草736-3(京王線百草園駅より徒歩25分) 火水木休

***

【ちょっこし宣伝】いよいよ来週の火曜から始まります!
役に立たないきのこの文化祭

初日の23日(火・祝)のみ午後2時より展示します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010-11-07

ユッカ屋(日野市)/バゲット

いいよ〜♪ 遠いけど。

101107_c
百草園のあたり「ユッカ屋」の“バゲット”
・・・それにしても今回は写真がヘタすぎる。ごめんなさい。


役に立たないきのこの文化祭」のために新作きのこを編んでいたらすっかり運動不足です。いえ、運動不足はいつものことですが。
とにかくなんだか歩きたくなって目指したのは日野市の京王百草園、ではなくて、そのあたりにある「ユッカ屋」というパン屋さん。大好きな「ゼルコバ」にいらっしゃった方のお店だそうです。

101107_b_2
“バゲット”は発酵にじっくり20時間かけています。粉と酵母の香りもよく、じんわりと味わえます。こういうバゲット、好き〜♪

京王線百草園駅から徒歩25分とのことですが、わたくし歩く気満々だったのでガンガン歩いて20分で着きました。でもその道のりは咳き込むほど苦しくきつい、きつすぎる坂道です。ひたすらのどかな風景と新旧混じった住宅地で、お店を見つけるまでは不安不安。

101107_a
“パンドカンパーニュ”もかむほどに旨味を感じるパン。これは小サイズ。


「ゼルコバ」ほどのグイグイ惹き付ける野性味はありませんが、どれも素材とじっくり向き合って丁寧に作られたパンでした。
また歩く気満々になったら行こう。こんどは咳き込まない程度にのんびり歩こう。

101107_d
“オリーブ”は3本ひと組。この形状、おつまみ向き。意外とふっくら焼かれてます。

あ、帰りは「もう歩けないーー」と15分待って聖蹟桜ヶ丘駅行きのバスに乗りました。お店の前を通る聖蹟桜ヶ丘〜高幡不動間のバスは40分に1本なので、お店にいくにはいろいろ覚悟が必要です。
次回はその他のパンをご紹介します。


薪窯パンと器 ユッカ屋:東京都日野市百草736-3(京王線百草園駅より徒歩25分) 火水木休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »