« 名古屋銘菓? しるこサンド&シャチボン | トップページ | ユッカ屋(日野市)/バゲット »

2010-10-31

深大寺で食べるぬり壁

101031_a
深大寺「鬼太郎茶屋」の“ぬり壁のみそおでん”


天気の悪い日も多い今日この頃ですが、あいかわらずにぎやかです、深大寺周辺。
それでこんな脱力系おやつ“ぬり壁のみそおでん”。猫娘クッキーがついていました。

もうひとつは、ぬり壁のゼリー。
101031_b
わかりにくいですよね? (さらにわかりにくいことにこちらは鬼太郎クッキーのおまけつきです)

101031_c
ゼリーをなぞってみるとこんな感じです(目は勝手に描き入れました)。

その名も“カベオーレゼリー”。

・・・いいの、笑えれば。
長ーく作ったぬり壁ゼリーをとんとんと切っていく様子を想像するのも笑えますが、表面やや波打ったぬり壁がスプーンの上でぷるぷるするのも楽しいです。


※過去の鬼太郎茶屋の記事はこちら
深大寺 鬼太郎茶屋で二十世紀梨のソフトクリームを(2010/9)
目玉おやじのかき氷(2009/8)


鬼太郎茶屋:東京都調布市深大寺元町5-12-8(京王線調布駅またはつつじヶ丘駅、JR中央線三鷹駅または吉祥寺駅よりバス) 月休(祝日の場合は翌日に振替)

和菓子

***

【がっつり宣伝】妖怪はありませんが、深大寺周辺で見つけたきのこも展示します!

『役に立たないきのこの文化祭』
〜ちょっと不気味でちょっとカワイイ
 きのこの編みぐるみと写真の展覧会〜

2010/11/23(火・祝)〜28(日)
12:00〜18:00
※初日は14:00より/最終日は17:00まで

会場:千駄木空間
 東京都文京区千駄木2-49-8
(東京メトロ千代田線千駄木駅より徒歩5分、根津駅より徒歩7分)


作品ホームページ→役に立たないきのこの写真帖
家人のブログ→写真音痴の観察日記

|

« 名古屋銘菓? しるこサンド&シャチボン | トップページ | ユッカ屋(日野市)/バゲット »

c.和菓子」カテゴリの記事

コメント

深大寺というと「蕎麦」という印象なんですが、今は連ドラの影響で境港をしのぎぞうな「鬼太郎」の町になってしまったのかもしれないですね。

新橋にある鳥取県のアンテナショップ・食のみやこ鳥取もそれなりに「鬼太郎」していますが・・・。

投稿: 笹団子 | 2010-11-02 00:23

★笹団子さん
鬼太郎ショップはいつも混雑してます。蕎麦屋は何軒もあるけど鬼太郎茶屋はひとつなので(笑)。
そうそう、深大寺で入荷待ちになっていた手ぬぐいが鳥取アンテナショップに並んでたっけ。

投稿: kozue | 2010-11-02 17:44

みそおでんとくっきー。
どう考えても合いそうにないけど。
それよりも。
なんでコーヒーゼリーにしたのだ、ぬりかべ。
カベオレって…カフェオレ味だっていうの?この色で。
あ、クリーム付いてるからか。
とにかくわたしゃてっきり漆喰系だと思っていたのですが、ぬりかべ。

そして私はぬりかべが好き。

しかしkozueさん、全メニュー制覇するつもりではありませんか。
楽しみにしていますのでがんばれ。

投稿: あんころりん | 2010-11-17 18:19

★あんころりんさん
コーヒーゼリーにする、ということが先にあったとすると、一反木綿よりぬりかべなんでしょうね、きっと(笑)
でもあんなにつるつるふるふるしたぬりかべはどうかと思いますが。
今回はぬりかべのかわいらしさに惹かれての乱心ですからー。全メニュー制覇なんてしませんからー。

投稿: kozue | 2010-11-17 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/49896209

この記事へのトラックバック一覧です: 深大寺で食べるぬり壁:

« 名古屋銘菓? しるこサンド&シャチボン | トップページ | ユッカ屋(日野市)/バゲット »