« ゼルコバ(立川市)/塩ピーナツクリームサンド | トップページ | 総本家田中屋(愛知県半田市)/生せんべい と 大口屋(愛知県江南市)/餡麩三喜羅 »

2010-09-28

亀末廣(名古屋)/茶三昧

100928_a_2
名古屋「亀末廣」の“茶三昧”


「手づくり魂」が終わって遅めの夏休みは名古屋で「あいちトリエンナーレ」。現代美術はわからないものはさっぱり受け入れることができませんが、楽しい展示はいろいろあったし、展示に関する読みの甘さをいいわけする係員はかわいそうだったし、草間彌生の水玉プリウスが街を走る姿も見たし、なんだか満喫しました。もちろん食べることも含めて満喫。

そんなわけでまずは老舗。1896年に京都の「亀末廣」から分家した「亀末廣」。
京都の本家ほどではないにしても、名古屋の「亀末廣」もビルの谷間にどっしりと重厚な店を構えています。

京都の亀末廣については、タイミングよくあんころりんさんが記事にしていらっしゃる。いつも頼りになるなあ〜(笑)
亀末廣/京都 和菓子めぐり甘党三昧〜2010 京のよすが、京都の土、玄米落雁…


ショウケースには木の箱に並べられた上生菓子や羊羹。お菓子以外にも由緒ありそうなものが置かれていて、気持ちが引き締まるような店内です。
さて、その日の上生菓子は見た目はやや地味な雰囲気でしたが、選んだふたつのお菓子、落ち着いた桃色のきんとんと栗餡を包んだこなしはどちらもじんわりと味わい深く、上品で風格のある味でした。
ええ、ちょっと箱を傾けてしまってお菓子がへこんでしまったので写真はありません。あしからず。


さて、写真の“茶三昧”は激しく心惹かれたお菓子のひとつ。もろこし粉の煎餅でたっぷりのこし餡をはさんでいます。
たった2つ購入したのに、上生菓子よりも丁寧に包装してくださいました。
この煎餅生地は麩焼き煎餅より香ばしい。こし餡はたっぷりどっしりのわりにくどくない。この“茶三昧”も風格のある味わいです。しばらく余韻に浸れてしまう。ああまたいつか食べよう、茶三昧。


亀末廣:名古屋市中区錦3-14-5(地下鉄東山線、名城線栄駅より徒歩3分) 日祝休


名古屋の和菓子といえば両口屋是清と美濃忠の2店はすべてのデパ地下に入っているんですね。でも亀末廣で満足したのでデパ地下では別のお菓子を目指します。それは次回。

和菓子

|

« ゼルコバ(立川市)/塩ピーナツクリームサンド | トップページ | 総本家田中屋(愛知県半田市)/生せんべい と 大口屋(愛知県江南市)/餡麩三喜羅 »

j.愛知県のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
いいな名古屋の亀末、やはり行ったのですか~。
以前、頂いた生菓子では葛を使ったモノが美味しくて。その後Web上で店内をちら見したのですが、重厚な雰囲気でとても惹かれました。茶三昧‘もろこし粉生地にこしあん’京華堂利保の濤々を思い出させます。あのお菓子がとても好きなので茶三昧にも興味津々。Webでは半生菓子を見つけられなかったのですが、お店にないのでしょうか。

投稿: あんころりん | 2010-09-29 14:09

★あんころりんさん
こちらこそありがとうございます。
1個840円もするお饅頭に気を取られて記憶が曖昧ですが、正面のショウケースとは別に円筒形のケースが脇にあって、そちらに半生菓子がディスプレイされていたようななかったような…。
上生菓子の風格にも惚れ惚れしましたが、茶三昧のようなお菓子にあの風格で迫られては、うなるしかありません。きっとあんころりんさんもお好きなのではと想像いたします。

投稿: kozue | 2010-09-29 16:18

名古屋の亀末廣の前を通るのは夜だけです。
夜は歌舞伎町のような歓楽街で何をしていたか?・・・それは聞かないで下さい。(笑)

江戸時代の名古屋の城下町はお城の南の美濃忠本店あたりが北西の端、栄の噴水のある交差点付近が南東の端でその中が京都みたいに碁盤の目の町割りだったらしいです。

戦後に再開発されたビルが多い町ですが、和菓子の老舗が昔を忍ばせますね。(亀末廣からは脱線しましたが)

亀末廣のお菓子は次の歓楽街に行く時に明るいうちに行ってみたいです。

投稿: 笹団子 | 2010-10-02 22:50

★笹団子さん
たしかに昼間は静かな通りでした(笑)
名古屋の和菓子屋さんはそれぞれ趣があっていいですよね。デパ地下も充実していて楽しいです。
久しぶりに行ったらさらに新しいビルが増えたりしていて驚きましたが。

投稿: kozue | 2010-10-03 23:18

はじめまして。
名古屋の和菓子の数々楽しく拝見しました。
「亀末廣」は何と言いますかものすごいオーラがありまして^^;
錦三のお店は敷居が高くてデパ地下でしか買ったことが
ありません。
亀末廣から1分足らずのところに「川口屋」という和菓子屋さんが
あるのですがこちらの上生菓子はおすすめです。
デパートに入っていない(と思います)ので機会がありましたら
ぜひどうぞ。

投稿: あんこ | 2010-10-10 21:26

★あんこさん
初めまして、コメントありがとうございます!
敷居の高そうな「亀末廣」でしたが、店内でどうしようどうしようと迷っている間も嫌な顔ひとつせず待ってくださいました。でも緊張しましたけど(笑)

「川口屋」さんは新宿のタカシマヤにときどき生菓子を出していて、一度購入しました。とてもすてきなお菓子でした。またタイミングがあったらいただきたいと思っています。

投稿: kozue | 2010-10-10 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/49588742

この記事へのトラックバック一覧です: 亀末廣(名古屋)/茶三昧:

» ありがとうさようなら 名古屋「亀末廣」 [近所の和菓子屋さんの豆大福、パン屋さんのあんぱん]
和菓子wagasi-東京のお菓子・菓子パンを歩く」 朧夜   寒具   不老   「突然ですが・・・」 昨日、飛び込んだメールに思わず(えっっ?!!) 思わず小さく叫び・・・ 人気blogランキングへ ... [続きを読む]

受信: 2012-08-01 18:34

« ゼルコバ(立川市)/塩ピーナツクリームサンド | トップページ | 総本家田中屋(愛知県半田市)/生せんべい と 大口屋(愛知県江南市)/餡麩三喜羅 »