« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010-04-26

ゼルコバ(立川市)/ほうれん草マフィン

100426_a
「ゼルコバ」の“ほうれん草マフィン”。チーズ入りもありますが、こちらはチーズなし。


大好きなパン屋さん「ゼルコバ」。ここ何年かはお墓参りとセットになっております。しかもお墓参りの帰りに寄っていたはずが、今回もやっぱり「ゼルコバで朝食」がメインで、お墓参りがついでになってしまいました。(つまり先月の話)

100426_e
朝食風景。もちろんこの量をひとりで食べるわけではありません。

食事している間にもどんどんパンが焼き上がり、がんがん売れていくので落ち着いてもいられず、何度か席を立ち追加購入するのも毎度のこと。こうしてお持ち帰り分が増えていきます。


100426_b
“ほうれん草ピタパン”

ゼルコバのパンはとくに野菜の使い方がすばらしいのです。季節ものの中から選んだ“ほうれん草マフィン”と“ほうれん草ピタパン”は、びっくりするほどほうれん草ー。こんなにほうれん草の味がするほうれん草のパンには出会ったことがないぞ。


100426_c
“にんじんの小丸パン”

おいしくって困るパン。いやぜんぜん困らない。にんじんの甘みが生地にしみわたっています。
また大地に感謝してしまうのだ、こういう味に出会うと。
100426_d

で、まんまとはまったように、店先のお野菜売り場でほうれん草とにんじんを購入してしまうわけです。とってもおいしかったのです。


※前回のゼルコバの記事はこちら→ゼルコバ(立川市)/蕪のマフィン(2009/10)
 右上の「サイト内検索」に「ゼルコバ」と入力して検索すると、その他の記事も出てきますので、あわせてご覧くださいませ。パンは違えど書いていることはほとんど同じですが(笑)


窯焼きパン工房ゼルコバ:東京都立川市西砂町5-6-2(西武拝島線西武立川駅より徒歩15分) 火水木休
 ※2009/9月より定休日が増えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010-04-19

うさぎや(上野)のうさぎまんじゅう と「編みぐるみ和菓子店」からのありがとう

むぎゅっとしてもらえてうれしかったよ

100419_x


初作品展「編みぐるみ和菓子店の展」(2010/4/7〜11@千駄木空間)は、おかげさまで予想を超えるたくさんの方にご来場いただきました。
事前にご案内を差し上げた方以外にも、ブログでの告知を見てくださった方、ギャラリーのサイトをご覧になった方、たまたまお散歩途中に立ち寄ってくださった方…ほんとうにたくさんの方々に、わたしの遊びにお付き合いいただいた感じです。なかには新しい和菓子屋さんと思い込んで入っていらした方も(笑)。

写真ではわからない手触りを楽しんでいただくのが今回作品展のテーマのひとつでしたが、事前にお知らせするのを忘れておりました。
「どうぞ触ってください」と声をかけると最初はおそるおそる、、、そして入れ替わり立ち替わり思い思いに <むぎゅ〜〜っ> <なでなで〜> <むにむに〜>・・・みなさんの笑顔や喚声、とてもとてもうれしかったです。

ご来場いただいたみなさま、わたしに代わって宣伝をしてくださったみなさま、遠くから応援してくださったみなさま、誠にありがとうございました。心から感謝申し上げます。今後とも「編みぐるみ和菓子店」をどうぞごひいきに、よろしくお願いいたします。
またいつの日か、大変だった思いを忘れた頃に。。。

***

さて、ほんもののお菓子の紹介は上野「うさぎや」の“うさぎまんじゅう”。
100419_a
か〜わい〜いよね〜え♪

生地に大和芋を煉り込んだ薯蕷饅頭で、ふわっと香るお芋の香りとあっさりめのこしあんが大好きです。カワイイ顔してけっこう重量級。


「うさぎや」といえば“どら焼き”ですね。ほかほかの焼きたてを食べるのは最高のシアワセです。
100419_b
でも見た目がなんだかおとなしくなっちゃいました。以前は「むふっ」と笑っていたはずなのに。

100419_c
やっぱりステキな霜柱状の断面〜♪
実はわたしの「編みぐるみどら焼き」はこのどら焼きがお手本なのですよ。


うさぎや:台東区上野1-10-10(JR山手線御徒町駅より徒歩8分、東京メトロ銀座線上野広小路駅または都営大江戸線上野御徒町駅より徒歩4分) 水休

***

話戻って、案内状にも写真を使った「うさぎ饅頭」は告知直前に作ったものです。作品展ではずいぶんと人気者でしたが、こちらでは初披露。
100419_y

初の試みで箱に並べてみました。このままお土産に持っていきたいでしょう?(笑)


編みぐるみ和菓子店をご覧くださいませ。

和菓子 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »