« 三英堂(島根県松江市)/平成22年御題菓 朝光 | トップページ | 諸江屋(金沢)の縁起菓子とまるやまからからせんべい(山形県鶴岡市)、それから編みぐるみ縁起菓子! »

2010-01-22

パン工房マルショウ/エンリッチ ピーナツバター と 開運堂/手前味噌(長野県松本市)

ふと思い立ち

100122_a
松本「パン工房マルショウ」の“エンリッチ【ピーナツバター】”


雑誌「pen」2/1号の草間彌生特集を見ていたら、どうにもこうにも止められないこの気持ち〜と翌日は松本へ日帰り弾丸ツアー。
お昼に鯉のうま煮を食べ、松本市美術館でゆっくりじっくり草間彌生作品を鑑賞しました。

100122_e
美術館では自販機のみならず、ゴミ箱までもが草間彌生仕様♪

さて、日曜日は大好きな「小松パン」が定休日なので、松本城を眺めつつ、昨秋行けなかった「パン工房マルショウ」まで歩きましょう。
えーとその前に、もうひとつ前回食べ損ねた縄手通り「ふるさと」の鯛焼きで暖をとりつつ(鯛焼きの正しい食べ方だ)。
100122_d
店構えのみ。鯛焼きは大きめで、おいしく炊かれたあんこたっぷり〜。


ああそうです、「マルショウ」です。
最初の写真の“エンリッチ”は、どうしても食べたかったパン。「優水」仕込み生地を低温で17時間かけて発酵させたというコッペパンにバターなどをはさんだパンです。
“ジャムバター”や“あんバター”もたいへん気になるところですが、やはり1番人気の“ピーナツバター”を選択。思わず顔がほころぶ、というか思わず「へっへへっへヘヘッ・・」と笑ってしまう、とてもなつかしい味でした。

ソフトフランスな生地の総菜パンなども意外なおいしさ。でもとりあえずは“エンリッチ ピーナツバター”で大満足です。

100122_b
“ミニ味噌パン”

もうひとつ楽しみにしていた“味噌パン”は、甘食としておいしいのですが(誰も甘食とはいってないけれど)、味噌の風味は弱め。ミニサイズだから?
小松パンの味噌パンの方がビスケットっぽい生地です。

※小松パンの記事はこちら→パンセ小松(長野県松本市)の甘系パンに笑いが止まらない〜(2009/9)


パン工房マルショウ:長野県松本市城西2-1-26 年末年始休


***
100122_c
「開運堂」の“手前味噌”

4時間弱の滞在時間の最後は「開運堂」再び。今回は冬限定のお菓子“手前味噌”。
信州味噌を加えた白餡をパイ生地で包んだ和洋折衷なお菓子です。小豆餡やクルミ餡とパイ生地の組み合わせはわりとありますが、味噌を使ってローカル色を濃くしていますね。こういうお菓子、とっても好きです。
手前味噌なんて名前をつけてしまうあたり、ひそかに自信作なのではないでしょうか。

※前回の開運堂の記事はこちら→開運堂(長野県松本市)/渋皮付栗納豆(2009/9)


御菓子司 開運堂:長野県松本市中央2-2-15(JR中央本線、篠ノ井線松本駅より徒歩3分)

和菓子

|

« 三英堂(島根県松江市)/平成22年御題菓 朝光 | トップページ | 諸江屋(金沢)の縁起菓子とまるやまからからせんべい(山形県鶴岡市)、それから編みぐるみ縁起菓子! »

e.長野県のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

あ~~エンリッチだー。

>17時間かけて発酵させたというコッペパン
え、そうなんですか!
もっとそばで見せてくれ~~。
コッペパンチェイサーとしてはいつか必ず見て(←間違った方向)やるう。しかし取り寄せられるってのもすごいような…。

味噌パンは大きい方はもう少しパンらしさがありますね。たとて甘食でも良いから食べてみたい。

開運堂「手前味噌」の焼き具合もめちゃそそられます(ちなみに渋皮付き栗甘納豆いただきました)。
ところで味噌ドーナツを獲得されたのでしょうか…

投稿: あんころりん | 2010-01-23 16:59

★あんころりんさん
それが、すごーくふつうでなつかしいコッペパンなのに優水仕込み長時間発酵。さらりとふつうに作ったらどんなコッペパンになるのか逆に気になります。
ジャムパン好きのあんころりんさん、“ジャムバター”を受け入れることはできるのでしょうか(笑)

手前味噌はわりとあっさり餡でなんだか気に入りました。やっぱり開運堂はすてきなお店です!
味噌ドーナツはまだなんですけど・・・

投稿: kozue | 2010-01-23 23:51

kozueさ~ん。
まあ、ほんと、、、ふと思い立って行く?!長野県松本。
(笑)
すごいわ☆パワーあふれてるわ。
そいでもって、その
思わず「へっへへっへヘヘッ・・」と笑ってしまう、とてもなつかしい味。って、そんな、どんな?!って、無性に、とっても食べたい食べたい☆気持になりました。
どんななんでしょう???(笑)

投稿: rossa | 2010-01-25 19:46

★rossaさん
どちらかといえば、草間彌生のパワーに引き寄せられましたー。

幼い頃にピーナツバターをぬって食べたパンの思い出が記憶の底から一気に湧き出てきまして、そのあふれ出し方が「へっへへっへヘヘッ・・」っと・・・
伝わったかしら?(笑)

投稿: kozue | 2010-01-26 08:21

あずきパイはあちこちで見かけますが、味噌を加えるのはかなり珍しいと思います。
新宿駅であずさを見ると「たまには・・」なんて思ってしまいます。 開運堂日帰り買出しツアーなんてやってしまいそうな・・・。(汗)

開運堂さん季節ものラインナップの冨久もなかは金沢の福梅に似ていますね。 かつて京都あたりで流行ったお菓子の名残かもなんて思ってしまいます。

投稿: 笹団子 | 2010-01-26 23:05

★笹団子さん
あずきパイよりも、白餡+味噌が和菓子らしさを出していました。
松本は意外に近いですが、日帰りではさすがにゆっくりはできませんー。食べるだけじゃなくてまだ行きたいところがあるのですが・・・。

梅の形のもなかってときどき見かけますね。でも金沢の福梅はお砂糖まぶしてあるので、かなり特殊な気がします(笑)

投稿: kozue | 2010-01-27 16:58

なつかしそうなパンですね。ほんとフアフアでおいしそう。
ピーナッツバターあいそう。
学校の帰りとかにあいそう。(学校行ってないけど)
そして信州ですね。
味噌は好きですよ。
味噌の香りがしてきそうなパンですね。
甘食が苦手でも食べられそうだ。

そして焼き立ての鯛焼きで暖をとるなんて
冬は暖かいお菓子も良いですね。
本日私も熱々の鯛焼き食べました。

しかし4時間は弾丸ですねえ。でも中央近いと
弾丸しやすいですね。

投稿: yottyan | 2010-01-27 18:54

★yottyanさん
ピーナツバターなんて自分で買うことなくなってしまったので、ときどきこういうパンに惹き付けられてしまうのです。
味噌パンは、クッキー生地といっているわりには甘食っぽい生地でした。弱いんですけどほんのり香ります、味噌。

弾丸ツアー、楽しかったけど帰りの車中は爆睡でした。

投稿: kozue | 2010-01-28 14:25

当サイトであなた様のブログを消化したいと考えております。

是非、あなた様のブログの紹介をさせてください。もちろん、無料です。

ウェッブマガジン・ナガノナビネットのブロガー参加について!
http://asumonkey.com/?p=111

投稿: ナガノナビネット | 2010-04-23 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/47361643

この記事へのトラックバック一覧です: パン工房マルショウ/エンリッチ ピーナツバター と 開運堂/手前味噌(長野県松本市):

« 三英堂(島根県松江市)/平成22年御題菓 朝光 | トップページ | 諸江屋(金沢)の縁起菓子とまるやまからからせんべい(山形県鶴岡市)、それから編みぐるみ縁起菓子! »