« 浅虫温泉銘菓 永井の久慈良餅 | トップページ | ianak!(西日暮里)/バタール »

2009-11-26

槌谷(岐阜県大垣市)/柿羊羹

091126_a
柿をつかったお菓子の老舗「槌谷」の“柿羊羹”


体調崩したり、PC買い替えたり。とにかくなんだか思うようにコトが進まない日々でございます。
そんな中でも季節を感じることは欠かしてはならぬ、というのは食いしん坊の言い訳ですが、家人がおみやげに買ってきてくれたのは「槌谷」の“柿羊羹”。
091126_b

練り羊羹がどうも好きになれないわたしですが(食べるけど)、この柿羊羹は好きです。なんたってしっかり熟した柿の味がします。
柿をむくのは面倒でも、柿羊羹を切るのは少しも苦になりません。

11月に入って、「槌谷」の工場では冬の風物詩、柿干しが始まったそうです。吊るし柿の並ぶ様子って、なんだかステキなのですよねえ。

091126_c
柿羊羹はこんなふうに竹の中におさまっていて、使い終わった竹は洗って乾かして、ときどき踏んでます(笑)


※参考
槌谷“宝賀来”の記事はこちら(2009/1)
槌谷“姫柿”の記事はこちら(2008/4)


御菓子 槌谷(つちや):岐阜県大垣市俵町39番地

和菓子

|

« 浅虫温泉銘菓 永井の久慈良餅 | トップページ | ianak!(西日暮里)/バタール »

c.和菓子」カテゴリの記事

コメント

日本各地の柿羊羹の全てをいただいたわけではありませんが、槌谷さんの羊羹が一番柿の風味が出ているような気がします。

しかし、50トンの柿を干すのは管理が大変そうですね。
どんなものか?工場見学でもしてみたいです。

投稿: 笹団子 | 2009-11-27 23:30

★笹団子さん
干し柿の味に近い感じで柿を感じますよね。
そんなにたくさんの柿の皮を剥いて干すのって大変だよな〜と、なんとなく思っていましたが、たしかにその後の管理も大変そうです。工場見学、わたしもしてみたい!

投稿: kozue | 2009-11-28 17:03

あ、これそんなに“柿度”高かったんですね。
ずっとずっと前にいただいたときは柿のお菓子そのものにあまり感激できなかったので、猫に小判でした

年齢と共に干し柿の必須度が増し、柿のお菓子に惹かれるようになったのはここ数年のことなんです。
やはり槌谷の柿羊羹は基本中の基本、食べなおそうっと。
ああまた、冷蔵庫の干し柿に手が伸びる。

投稿: あんころりん | 2009-12-04 17:05

★あんころりんさん
予想以上に「柿」でした。
わたしは干し柿は幼い頃からなんとなく好きでしたが、そのほかの柿のお菓子ってまったく関心がなかったのですよねー。
たしかに基本中の基本。食べてよかったと思いました。

投稿: kozue | 2009-12-04 23:50

いいですね、青竹踏み。
土ふまずを刺激すると
良いですよ。
へん平足にもならないし。

投稿: yottyan | 2009-12-10 00:01

★yottyanさん
青竹踏み、幼い頃に母に強要されました。あまり丈夫な方ではなかったので、「これを踏んで健康になるのだー」と。
扁平足の人はこれで土踏まずが復活するのでしょうか。

投稿: kozue | 2009-12-10 16:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/46864921

この記事へのトラックバック一覧です: 槌谷(岐阜県大垣市)/柿羊羹:

« 浅虫温泉銘菓 永井の久慈良餅 | トップページ | ianak!(西日暮里)/バタール »