« ドミニク・サブロン 渋谷東急フードショー店8/27オープン | トップページ | スヰト(SWEET:長野県松本市)の味噌ラスク »

2009-09-08

パンセ小松(長野県松本市)の甘系パンに笑いが止まらない〜

090908_a
この暴力的な外見をどうしてくれよう、つぶれてしまったけど「パンセ小松」の“シベリア”だあっ!


松本で法事がありまして、叔母の家に前泊することになりました。「迎えに出るけど何時に着く?」という電話に、「いやーあのー早めに行って草間弥生も観たいし、小松パンにも行きたいので、それから・・・」とのらりくらり答えたら、「何よ、美術館も小松パンもお得意様よっ!」。
というわけで、叔母に遠慮したつもりが付き合わせることになってしまいました。

つぶれていようが、あの“シベリア”は食いつく人も多いはず(笑)。
シベリア(シベリヤ)といえばカステラ生地に羊羹をはさんだものが一般的と思うのですが、「パンセ小松」の“シベリア”はとってもきめ細かくてふっくらふんわりのカステラ生地にバター入りマーガリンとた〜っぷりの粒あんがはさまれていますの。うひゃーこりゃもうたまらん。

090908_b
大正11年から続く「パンセ小松」は地元では「小松パン」と呼ばれて、店主が代々続くならお客も親子代々通い続けるパン屋さんなのです。
そこの名物が“味噌パン”。
090908_c
パンといっても食感は「ぼうろ」ですね。ナイフを入れてもサクッと切れます。
味噌の香りはそれほどしませんが、一度冷凍したものを解凍して冷たいうちに食べると、より表面の味噌を感じることができました。

松本市美術館で草間弥生作品に感激しまくったあと、陶器の店、街のあちこちにある井戸、なわて通り、わたしの両親が結婚式を挙げた神社、カラス城とも呼ばれる黒い松本城、重要文化財の旧開智学校などわりと普通に観光コース巡り。小松パンを訪れたのは夕方だったので、パンも食パンと菓子パンばかり。それでも“味噌パン”さえ買えればいいと思っていたはずが、あんな“シベリア”見せられたら欲が出ちゃうじゃない、ねえ?(笑)
でもこらえましたとも。だって松本暑かったんだもん。

しかし、それでは終わらなかったのです。


民芸調カフェと見紛う叔母宅のダイニングにて、わたしの技術ではうまく撮影できませんでした。と、まずお断りしておきます。
090908_e
翌朝、叔母が朝食に出してくれたのは「小松パン」の“クリームサンド”。朝から「なんじゃこりゃーーーっ」と絶叫のおいしさ。

いいですか、これはタマゴサンドではありませんよ。クリームパンに包むあのカスタードクリームを、小さな角食パンにたっぷりはさみました、ってパンなのです。しっとりしてミルキーなクリームが、角食の耳にまでみごとにマッチ。う、うまいよう、大好きだよう、これ。
叔母は「このパンが一番好きなの」とやや得意げです。法事のあとで話しをすると、「え? クリームパンじゃなくてクリームサンドなの?」と地元でも知らない人が。

090908_f
金時豆のパンもおいしかったのよ。苦手なアイシングが・・・と思いつつもおいしくて食べずにはいられなかったのだ。
叔母によると、現在の店主になってからも伝統を受け継ぎつつ、いろいろと新しいものに挑戦しているそうです。

しかし、朝からこんなに甘いパンばかり食べたのって、何十年ぶりかしら?


「法事の後のお食事は、うん〜っと期待していてね〜」と案内していただいたのは、なんと「レストラン鯛萬」。しかも天皇皇后両陛下がお食事をなさった個室でした。フレンチは苦手ですが、こういうことなら話は別です。ご好意でメインダイニングも見学させていただいちゃいました。

その「鯛萬」で供されるパンが「小松パン」製です。
バゲットとロールパンでしたが、ロールパンは購入済みゆえ、バゲットをいただきました。思いのほか控えめで上品な味付けの鯛萬のお料理ともよく合います。
090908_d
レストランで我慢したロールパンは帰宅後に野菜をたっぷりはさんでいただきました。

楽しいぞ松本。「草間弥生と小松パンのために、また来るわー」と叔母に告げて帰ってきたのでした。
でも松本のあれやこれやのお話は、まだまだあるのです。


パンセ小松:長野県松本市大手4-9-13(JR中央本線、篠ノ井線松本駅より徒歩15分) 日祝休

|

« ドミニク・サブロン 渋谷東急フードショー店8/27オープン | トップページ | スヰト(SWEET:長野県松本市)の味噌ラスク »

e.長野県のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

ぎゃあ~~~~~!
なんてま、暴力的に魅力的なパンたちざましょ!!!
あまりに興奮して、本文が落ち着いて読めないぞー。
これは私に見せびらかすために撮影したのでは、と激しくジェラシーを燃やしてしまいました。

生まれて初めて見ました粒あんのシベリア!!
ああ、大正創業のパン屋さんてどーしてこんなにステキなんでしょう。きっと店構えも良いんでしょうね~~。アイシングもステキ、レーズンパンも絶対あるのでは♪
いいないいな小松パン~、味噌パンも大好きなんです~、って
お見通しでしょうけれど。いつも東横の諸国銘菓で買ってるのですが、やはり長野の味噌パン、一度は食べてみたいです。
そしてもちろん玉子パンだと思いました。これが朝ごはんってkozueさんもやるなあ。ああもう興奮して何書いてるかわからない。
すみません、長々と。

投稿: あんころりん | 2009-09-09 12:24

★あんころりんさん
はーっはっはっは、食いついてきたかっ!(笑)
つぶれてもお写真出したのは、もちろんあんころりんさんに自慢するためですのよ。ほっほっっほ。
やはり粒あんシベリアはお初ですか。わたしも聞いたことないなあ。
ほんとに交通費さえ安ければ、日帰りで買いに行きたいくらいです。
レーズンパンもありました。甘い系パンにあんなに魅了されたのはもしかすると初めてかもしれません。
朝食に甘いパンを並べたのは、叔母の好みですからね。でもそれがココロをわしっとつかまれたので、叔母には感謝感激です。

味噌パンは、もう一軒「マルショウ」のをぜひ食べたかったのですが、事情があってたどり着けませんでした。いつかきっと。

投稿: kozue | 2009-09-09 16:36

あ~いいないいな、甘いパン食べたいな。
松本なんて、絶対に行く機会ないもんな…それだけのために行くか…

うちのじょしこーこーせいは朝は食欲がないといい張りますが、甘いものなら食べます(主に炊飯器ケーキ(笑))。あのクリームパンなら絶対に食いつくと思う。こうなったら真似して作るか…

ところで、kozue家の冷凍庫にこれらの甘いパンは眠っているのかな?冷凍したものを切っているというkと尾は眠っているのだね?いや、別にkozue家に奇襲をかけようというのではなくて、これらは保存が利くのかどうか知りたいだけです。お取り寄せできないのかしら…シベリア食べたい…

投稿: Susie | 2009-09-09 17:12

★Susieさん
いいでしょ〜。松本なら、美ヶ原とか上高地に行ったついでに寄ることもできますよ〜。
わたしも朝は甘いものしか食べられないって時代がありました。いまはそんなことしたら具合悪くなりますけど。
クリームサンドと豆パンは叔母の家で食べたので冷凍されていませんが、パンやお菓子を冷凍するときは切ってから、一度に食べる量に小分けして保存しています。
クリームもの、あんこもの、たいがいのものは冷凍しちゃってますが、トーストできないものは電子レンヂより自然解凍の方がいいと思います。

投稿: kozue | 2009-09-09 22:50

ふわふわのカステラに粒あんのシベリア。
しかもバター入りマーガリンが間に挟まっているとは!
昭和の雰囲気を残しつつ新たな挑戦をされているのでしょうか?

それにしても朝から甘いパンにフランス料理とは西洋風のお洒落なおば様ですね。

投稿: 笹団子 | 2009-09-10 22:30

★笹団子さん
魅力的なシベリアでしょう〜?
あの昭和の空気ただようお店って、どうしてあんなにワクワクするのでしょうか。

あ、ちなみにパンとフレンチの前日は鰻と鯉ですから、それなりにバランス取れてます(笑)

投稿: kozue | 2009-09-10 23:53

どうもお久しぶりです!いつも楽しく読ませて頂いております^^
先日松本へ旅行でたちより「小松パン」の看板があまりにも雰囲気がでていて気になっていたら休憩で立ち寄った「まるも」でだれたらトーストがここのだった!
という自分としては衝撃的な事件があり(大げさですね(爆))kazueさんの記事を拝見しますます思いがつのるばかりです(笑)
クリームパン好きなのでサンドもきになりますしふわんふわんのシベリアも絶対に食べてみたいです!!

次回はかならず寄ってきます!

投稿: lukes77 | 2009-09-11 06:49

★lukes77さん
こんにちは〜数日前にブログを拝見したら松本城がででーんと眼に飛び込んできて、びっくりしていたところです! もしや小松パンにも寄っていらしたかなあとも思っていたのですが。
食事後に行ったまるもで、別のテーブルのパンがおいしそうだったのですが、やはり小松パンですか。それは誰も教えてくれなかった(笑)。大袈裟ではなく、きっとわたしも同じ状況だったら衝撃的事件です。
パンの耳とクリームが、なんだか忘れられない組み合わせです。

投稿: kozue | 2009-09-11 13:56

もう最高じゃないですか。
また読み返してしまいましたよ、
どうしてもコメントせずにはいられないシロモノでは
ないでしょうか。
クリームサンドも
粒あんシベリアもつぼにはまってしまいますね。
kozueさんこんな隠し玉を持っているとは、
金時豆も濃厚そうですが、食べれちゃいそうですね。

バンセ小松最高。Bグルでは、ないですが
久しぶりにヒットですよ。

投稿: yottyan | 2009-09-14 18:04

★yottyanさん
ふふふ、はまるでしょう〜?
久しぶりに「衝撃」受けましたー。ふつうにトーストも食べてみたいけど、こんなに甘系パンに魅力を感じるなんて、自分でも不思議です。
どれもこれも、案外軽く食べられてしまうのですよ。

投稿: kozue | 2009-09-14 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/46156036

この記事へのトラックバック一覧です: パンセ小松(長野県松本市)の甘系パンに笑いが止まらない〜:

« ドミニク・サブロン 渋谷東急フードショー店8/27オープン | トップページ | スヰト(SWEET:長野県松本市)の味噌ラスク »