« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年6月

2009-06-30

えんツコ堂製パン(西荻窪)のリュスティックと白パン

090630_a
西荻窪「えんツコ堂製パン」の“リュスティック”断面


先日、西荻窪のギャラリーで編みぐるみなどの手づくり雑貨展を見てきました。最近はすっかり趣味として定着してきた編みぐるみの研究のため(笑)、そういった展示にもときどき足を運んでおります。
さらに西荻窪には行きたいお店もいくつかあったし・・・

というわけでそのひとつ、「えんツコ堂製パン」。
「えんつこ」ってたしか赤ちゃんを置くカゴかなんかの方言らしいです。
090630_b
“おしりパン”

白パンの種類がいくつかありまして、わが家ではどんな名前であっても“おしりパン”と呼ばれるであろう形の白パンは、もろ“おしりパン”という名前でした。カメラを構えた時はお尻っぽく見えるような角度のつもりだったけれど、なんだか写真がイマイチだ。湿度のせいでもありましょう。
ふっくらもちっとした白パンは軽すぎず、なんだか安心する味です。

残念ながらタイミングが悪くて目につくのは白パンばかり。白パンばかり買ってもねえ〜とチョコパン、あんぱんをとってお会計を済ませたところで焼き立ての“リュスティック”が登場したので追加購入。トップ画像の黒オリーブ入りの生地は香ばしく、お気に入りです。
次の機会にはもっとこんがり焼き色のついたパンを食べたいわー。

090630_c
“ハリネズミ”は板状のベルギーチョコ入り。もちろんお店ではもっとピンっ! とハリが立っていましたけど、湿度の高いこの季節ゆえ・・

090630_d
写真は断面ですが、粒あんパンも白パン。この生地にこの餡、わりと好み〜。

で、このあとまた別のお店で白パンのあんぱんを買うことになるのです。それはまた後日。


えんツコ堂製パン:杉並区西荻北4-3-4(JR中央線西荻窪駅より徒歩5分) 月、第1・3火休

ところで近所のパン屋さんで、こんがり焼き色のついた「ハイジの白パン」という名のパンを売っているお店があるのですけれど、それって注意すべき?(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009-06-22

彩雲堂(島根県松江市)/柚衣

090622_a
松江「彩雲堂」の“柚衣(ゆずごろも)”


先日、久しぶりに新宿伊勢丹でお気に入りのお菓子、「彩雲堂」の“柚衣”を見つけました。
ああたしかこれは写真を撮ってあったはずー、と探したところ、去年の夏に撮影したものが出てきたので、1年前の写真で失礼します。もしかして、暑くなると食べたくなるお菓子なのかしら〜。

090622_b
個別包装なのでおみやげにも便利。

小さめの黄色いゆずの形をそのままに蜜漬けした皮を使い、くり抜いた中には松江独特の<朝汐餡>という皮むき餡と小豆粒を詰めてあります。少し甘いけれど、さらりとした朝汐餡と口いっぱいに広がるゆずの香りがうれしいのであります。

※以前の彩雲堂の記事はこちら→彩雲堂(松江)/玄々


彩雲堂:島根県松江市天神町124
※伊勢丹新宿店にて購入。日本橋島根館、東急百貨店などでも入荷することがあります。

和菓子

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009-06-11

志むら(目白)/福もち

090611_a
夏のかき氷が超有名、目白「志むら」の“福もち”


今年の春に、ずーっと行きたいと思っていた重要文化財「自由学園明日館」の月一度の休日見学に行きまして、そのとき目白から歩こうって、それなら「志むら」でお昼を食べようってことになりましてね、ああ「志むら」っていうのは和菓子屋さんなんですけど、そこの喫茶室でお弁当とあんみつを食べて・・・

なんて話を叔母にしたところ、先日その叔母から「目白のあの店に連れて行ってほしいんだけど」と電話がかかってきました。ほいほい、行きましょう。


というわけで「志むら」の豆大福ならぬ“福もち”。搗きたての豆餅でなめらか〜なこし餡をくるりと包んでいますが、ぽってりと横たわった姿が可愛らしくて、思わずよしよしと撫でたくなります。お餅から顔を出すお豆は青えんどうで、白と青の色合いも目に楽しいのです。
090611_b

残念ながら3回に1回は昼過ぎに行っても売切れという運の悪さです、福もち。“九十九餅”があるから気にしませんけど。
そんなこんなでとら豆好きとしては“九十九餅”もおススメですが、写真を撮り忘れたようなのでまたの機会に。


志むら:豊島区目白3-13-3(JR山手線目白駅より徒歩2分) 日休
 ※和菓子販売は9:00、甘味喫茶は10:30から

和菓子

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009-06-03

ポタジエ(目黒)の野菜スイーツ

090603_d
ふざけてなんかいません。話題の野菜スイーツ専門店「ポタジエ」のホワイトアスパラガスのケーキ。


今更ですが、ゴールデンウィーク中に人気のお店へ行ったのでした。テレビなどでも取り上げられることの多い、日本初の野菜スイーツ専門店「ポタジエ」。
こちらのお菓子に使われているお野菜、ニンジンやカボチャ、サツマイモなんてありがちなものだけでなく、小松菜だの春菊だのゴボウだの、ああお菓子に入れちゃったんだ〜という雰囲気のものがいろいろあります。

一番人気の“キャロットチョコフラン”はほとんどニンジンを感じさせないごくごくふつうにおいしいケーキですが、サツマイモクリームに春菊を混ぜた緑色とチョコレートの層が目を引く“シュンギクオペラ”はたしかに春菊の味がします。ひゃーーケーキにシュンギクーーってこんなふうなのーー。
そして写真のケーキは、じゃりじゃりと繊維の残るココナッツとホワイトアスパラガスのケーキ。クリームがなんとな〜くマヨネーズっぽい味にも感じますが(笑)、なんともユニークなお味です。てっぺんにアスパラガスを突き刺すセンスも・・・ぷぷぷっ。

090603_a090603_b
“小松菜とゴマのパウンドケーキ”(緑と黒)と“ゴボウとココアのパウンドケーキ”

もちろん焼き菓子にもお野菜。
“小松菜とゴマのパウンドケーキ”は、生の小松菜を食べるよりも「青い」味がしました。小松菜はあまりクセのある味はしませんが、なんだかとても草の味(笑)。
一方、だいたい想像はできると思っていた“ゴボウとココアのパウンドケーキ”は想像より少し上をいく味で好みです。
パウンドケーキはちょっとしっとり感が足りないかなあ。


こういった話題性のあるお菓子って、おいしい(好意的)、おもしろい(やや否定的)、のどちらかに片付けがちですが、これは「楽しい」(超前向き)。
アスパラと春菊食べたからもういい、ではなく、じゃあグリーンアスパラだったらどんな味になるんだろう、あのお野菜はどう使われるんだろう、という興味がわいてきます。

090603_c
トマトの焼き菓子、マドレーヌとガレット

やや影響されて、ときどき作るニンジンケーキのレシピを変更し、ニンジン+クルミをトマトペースト+ローズマリーに、さらに砂糖を減らして焼いてみました。自作のほうがトマト濃厚。
ポタジエさんにこんな前向き効果も引き出していただきました。


ポタジエ:目黒区上目黒2-44-9(東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅より徒歩5分) 無休

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »