« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009-05-27

虎屋ギャラリー(赤坂)/子どもとお菓子展

090527_a
赤坂「とらや」本店の限定品“草餡餅”


一年ぶりの虎屋文庫資料展、今回は「子どもとお菓子」展です。
展示内容はこちら(とらやのサイト)

こどもの行事に関するお菓子や駄菓子などが楽しくにぎやかに展示されています。駄菓子はわさ〜っと並んでいるだけでワクワクするし、人生の儀礼にちなんだお菓子はやはり興味深いのです。
「みかん水」ってオードリー春日の作る“飴ジュース”みたいなものだろうか、などといいつつじっくりと見ましたが、とくに印象に残っているのが明治時代の育児書に関するもの。和菓子よりも、卵や牛乳をたっぷり使った西洋菓子のほうを評価する記述があります。小豆、寒天、低カロリーでカラダにいい! といわれるこのごろとはえらい違いではありませんか。


さて、毎回展示内容にあわせて販売されるお菓子ですが、今回は写真の“草餡餅”。3年前の展示で出された“灸いらず”と同じかなあ? それにしてもがつーんと甘い餡でした。
※参考→虎屋ギャラリー(赤坂)/旅先の口福「和菓子で楽しむ道中日記」展(2006/6)


090527_b
“新千歳の緑”

道明寺生地と白小豆の小倉餡が渦を巻き、千年も変わらぬ松のめでたさを表わしたお菓子。草餡餅のあとでは「あれっ!? 甘くない!」と言いたくなります。

今年はもう1回、11月に開催を予定しているそうです。また楽しみができました。

※去年の展示の記事はこちら
虎屋ギャラリー(赤坂)/源氏物語と和菓子展(2008/6)


「子どもとお菓子」展
開催中〜2008/6/16(火)まで 10:00〜17:30 会期中無休
虎屋ギャラリー:港区赤坂4-9-22 虎屋ビル2階(地下鉄赤坂見附駅より徒歩7分)
入場無料
※毎週月曜の10:30には展示解説が受けられます。

 虎屋のサイト●http://www.toraya-group.co.jp/main.html

和菓子

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2009-05-20

塩野(赤坂)の粽 と編みぐるみ羊羹粽

090520_a
赤坂「塩野」の粽。なんだかカッコイイ。


行事ごとのお菓子って、やはりお楽しみ度がグンとあがるのですけれど。
今年の柏餅、阿佐ヶ谷「うさぎや」の柏餅がとても残念なことにわたしの好みに合わなかったのです。そこで以前から食べたいと思っていた赤坂「塩野」の“粽”を買わなければおさまらないという気持ちが高まってしまいまして、そんなときにタイミングよく、立ち寄った新宿タカシマヤに入荷していたんだな〜塩野の粽。

090520_b
売り切れ寸前で運良く発見、“羊羹粽”と“水仙粽”

バラ売りだったので束になったご立派なお姿は拝めませんでしたが、緑の濃い笹をきゅきゅっと巻き上げた形の格好良さにグッときました。
円錐型の底面は「川端道喜」の“道喜粽”のように丸くなく、歯磨き粉のチューブのおしりのようにつぶれた形です(たとえがよろしくないが)。

※参考
 →川端道喜(京都)/羊羹粽(2008/10)
 →川端道喜(京都)/水仙粽(2007/6)

090520_c
“水仙粽”

笹の香りが清々しく、葛のぷるりとした感じは見た目にも、口の中でも心地よいのです。
ありがとうタカシマヤ。大満足でした。

090520_d
“羊羹粽”


塩野:港区赤坂2-13-2(東京メトロ千代田線赤坂駅より徒歩1分) 日休
※4月の終わりに高島屋新宿店の銘菓百選にて購入。

***

実は、粽への気持ちが高まったのは編む気になってしまったということもあるのですが。

090520_x

いやーーーたいへんでした。
笹を編むこと3枚×5本=15枚。こんなのきっと1日がんばれば編めるのに違いない。でも集中力が続かなくてだらだらと2週間。
笹の巻き上げにいたっては、もはや編みぐるみではなく、ただの工作。毛糸の笹がやわらかすぎて本物のようにはいかず、何度もなんどもやり直し。泣きながらひたすら巻き巻きマキマキ・・・あ〜ストレスたまる〜う。

というわけで気分だけ超大作、なのによくみると粗だらけ。
こんなに面倒くさいものは、もう二度と作らないわっっ!!!

・・・・・でも、けっこうソレっぽいでしょ? でしょ?(笑)

編みぐるみ和菓子店をご覧くださいませ。

和菓子 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009-05-14

イータリー(代官山)/ルスティック ピスタッチオ

090514_a
代官山「イータリー」の“ルスティック ピスタッチオ”


ええ〜っと、「イータリー」っていつオープンしたんでしたっけ? 気になりつつもすっかり忘れておりまして、GW中に行ってみました。
<食育フードマーケット>とでもいうのでしょうか、高品質イタリア食材を集めたマーケットとイートインスペースとレストラン、そして食文化などに関する講座やイベント、料理教室もやってしまおうという、なんだかすごいコンセプトでイタリア・トリノからやってきた食材店です。

久しぶりの代官山で「ああここは、あのパン屋さんがあったところよねえ・・」といったものの、店名が少しも思い出せないまま。たった今! 10日も過ぎて思い出しました! 「アルトファゴス」ですよ! そのあたりにありますイータリー。

090514_b
とりあえずこれは気に入りました、ピスタチオが鼻血出そうなほどざくざく入ってます。

マーケットにはパンもありまして、トリノの伝統に基づいた、無農薬小麦粉と天然酵母のルスティックがずら〜り並んでいました。たぶん、ルスティックだけでも10種類以上。ハード系食事パンもいくつかありますが、ほとんどルスティック。店内の薪釜で焼く様子も見ることができます。
ルスティックの表皮はがりっと香ばしく、中はふんわりしつつそこそこの重量感。日本のパン屋さんのルスティックとはちょっと違った雰囲気もあります。

090514_c
こちらはドライトマトのルスティック。


パスタ、チーズ、生ハム、オリーブオイル、調味料、お菓子・・・商品のどれもこれもが何種類もずらずら〜っと並んでいます。そのほとんどがなじみのないメーカーのものばかり。90%はイタリアから持ってきたものだそうです。

でもねーなんだか楽しめなかったのですよ。楽しそうなのに、行ったらそうでもなかった。パスタやピッツァの好きな日本人が多いからといって、イタリアのマーケットをそのまんま持ってきても、どうなのかな〜と思うのはわたしだけでしょうか。個人的にはイタリアの魅惑的なキノコやお野菜があると嬉しかったのに(笑)。
マーケットで商品を見る人はいても買っている人が少ないような。でもお昼時のイートインにはかなりの行列です。

090514_d
4種の小麦粉を使ったルスティックは粉を混ぜた意味がよくわからなかった。

三越記念プライスみたいな値引き商品がいくつかあって、何のことやら? と思ったのですが、4月に日本橋三越本店にも出店していたそうです。知らなかったー。
堂島ロールの「モンシュシュ」があったところ。かつて「ミディ ア ミディ」や「イルギオットーネ」が並んでいたところ。


イータリー代官山:渋谷区代官山町20-23(東急東横線代官山駅より徒歩2分) レストランのみ月、日夜休

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009-05-08

アンデルセン(新宿伊勢丹)/ピギーライブレッド

ぶひっ
090508_a
新宿伊勢丹「アンデルセン」の“ピギーライブレッド”だブー


連休中は都心は空いているのかと思いきや、なんだか大混雑の新宿伊勢丹。お惣菜を見ながら「ここにはパン屋がないね」と話している老夫婦がいらっしゃいましたが、おいおいおい、数歩進めばカイザーやアンデルセンやbeがありますってば。

さて、伊勢丹じゃなくても買えるから〜といつも通り過ぎてしまう「アンデルセン」ですが、なんですかこのすがるような目で並ぶブタさんは。
090508_b
お目めは黒オリーブだブー


ついつい1匹連れ帰り。妙に横につぶれた伊集院光似のブタさんはライ麦パン。
「アンデルセン」はデンマークのイメージですが、これはイタリアパンだそうです。ライ麦パン特有の酸味はありませんが、それでも粉の味わいが感じられて、よい意味でアンデルセンらしい軽やかさのあるパンでした。
サンドイッチに最適だぶう。

090508_c
肩ロースあたり?
ブタさん、ごめんよ〜。こういうパンはカットするのに勇気がいります(笑)。

090508_d
ぶひ、ぶひひっ


アンデルセン 伊勢丹新宿店にて購入。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »