« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008-07-29

イスズベーカリー(神戸)/ミルクフランス

080729_a
神戸「イスズベーカリー」の“ピーナツフランス”と“ミルクフランス”


暑くてパンを買いに行く気になれない今日この頃です。
何かパンの写真はないかなーとアルバムをめくれば、あったあったありました、5月の初めに撮った写真が。神戸のパン屋さんは数年前にかなり巡りましたが、ブログで語ったことがないので、書くことにしましょう。

吉祥寺東急の催事に、年に1〜2回来ているのではないかと思います、神戸「イスズベーカリー」。そして、必ず買ってしまうのです、“ミルクフランス”。
080729_b
とにかく好きなのは右の“ミルクフランス”


フランスパンにクリームをはさんだパンは何種類かあるのですが、正直なところ“ミルクフランス”だけにしても何の問題もなかったといつも反省しております(どんな反省だ)。とにかく好きなの、“ミルクフランス”。
おいしいパン屋さんがいくらでもある昨今、このふんわりしたパンが特別おいしいわけではありません。でもこの生地にこのミルククリームなのがよいのですよね。


イスズベーカリー(本店):神戸市中央区布引町2-1-2
※2008/5、東急百貨店吉祥寺店にて購入。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008-07-23

大極殿本舗(京都)/若あゆ と編みぐるみ鮎

夏の風物詩。
080723_a
「大極殿本舗」の“桂川 若あゆ”


夏の季語、「鮎」。俳句は詠まなくても、季節を感じるオトナでありたいと心がけております。
今年はいつになく鮎を食べました。塩焼き、木の芽炊き、それからあちこちの和菓子店の鮎焼き!
なかでも京都「大極殿本舗」の“若あゆ”がたいそう気に入っております。

鮎焼きは焼き皮に求肥をはさんだだけのお菓子ですが(中には餡入りのものもあります)、姿形や表情はお店によってさまざま。大極殿本舗のものは顔の部分で皮を折り返しているのが特徴的です。
ややもっちりした皮と弾力のある求肥の一体感が、とても力強い食感や味を作り出しているように思います。ああこの「一体感」、食べればわかる、一体感。他店の鮎焼きにはあまり感じられない一体感が、不思議な魅力でした。


080723_b
たまたま日本橋三越のイベントで見かけた島根「彩雲堂」の“若鮎”は尾を細く反り返らせてちょっとおすましさん。
実演販売があったのですが、タイミングが合わずに焼くところは見ることができませんでした。

ほかにも近所の和菓子店で買ったものはややぼってりとした形だったり、焼き印の入れ方もいろいろです。


大極殿本舗(だいごくでんほんぽ):京都市中京区高倉通四条上ル帯屋町590
 ※高島屋新宿店にて購入。

***

さて、竹筒水羊羹をあきらめて編みぐるんだのは若鮎。
こんなの簡単〜と思っていたのにそうでもなくて、いつもどおり何度も編みなおしました。ちゃーんと求肥も入っているからね〜。
080723_x

編みぐるみ和菓子店をご覧くださいませ。

和菓子 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008-07-16

長門(日本橋)の上生菓子

暑いわ〜

080716_a
日本橋「長門」の“そら豆”、薯蕷饅頭。
妖怪じゃないのよ。


暑くてPCに向かうのも億劫な今日この頃です。
雨が降りません。どうもこのところ関東地方は局地的に強い雨が降ったりしているようですが、わが家はいまのところ局地にあたりません。

そんなこんなで、1か月も前のお菓子の記事です。すみません。
気がつけばもう紫陽花はぐったりし、そら豆は枝豆にその座を譲り、、、

080716_b
“紫陽花”。ああー美しいー。


※前回の長門の記事はこちら→長門(日本橋)/葵最中 と編みぐるみ柏餅


長門:中央区日本橋3-1-3(東京メトロ銀座線・東西線日本橋駅より徒歩1分) 日祝休

和菓子

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008-07-09

若松園義正(新潟)/名水竹筒水ようかん

蒸し暑い〜〜〜
080709_a
「若松園義正」の“名水竹筒水ようかん(こしあん)”
全国名水百選『新潟県長岡市栃尾・杜々の森』の湧水を使用。


しばらく夏向きのショールなど編みつつ、次の編みぐるみ和菓子店の作品を考えていたのです。ある日「水羊羹なんてどうかしら〜? しかも竹筒入り!」と思い立ち、タイミングよく目に止まったのは新潟「若松園義正」の“名水竹筒水ようかん”。

ときどきあちこちのデパ地下で見かけます「若松園義正」。
ふだんは水羊羹を好んで食べる方ではありませんが、若松園義正のシンプルな水羊羹はひそかなファンでして、またさらに“水小豆”という葛粉入りの商品はかなり好きなのであります。
さらりとした餡に全国名水百選にも選ばれているおいしい湧水を使用した水羊羹。ほんとうに「おいしい水」を感じることができる水羊羹なのですよ。

まあいつもなら竹筒から取り出すなんて面倒なことをせずに、四角いのをざくっとすくって食べるのが楽しいのですけれど、今回は編みぐるみのモデルさんですから、竹筒入りで。
もしかしたら中身が多めに入ってお得かもしれないから、と店員さんが大きめの竹筒をえらんでくれました。そんなことはないと思うけど(笑)。
蒸し暑い夏はこういうつるんとしたお菓子が気持ちいいですなあ〜。

さて結局、編みぐるみは別のものに決めました。ただいま製作中。乞うご期待。


菓匠 若松園義正:新潟県見附市明晶町2060番地19
 ※高島屋新宿店にて購入。デパートへの出店情報はお店のサイトにあります。

和菓子

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008-07-02

ameen's oven(西宮市)/発芽小麦のパン

080702_a
「ameen's oven」の“イングリッシュマフィン”。


とうとう今年も残すところあと半年となってしまいました。
この半年、ポワドヴァンセンヌ(早稲田)、ブレッド&サーカス(湯河原)、カタネベーカリー(代々木上原)、ルヴァン(富ヶ谷)、ドミニクサブロン(赤坂)のパンにとくにシビれながら、なんとな〜くまた食べたくなってお取り寄せしてしまったのが兵庫県西宮市のネット販売専門店「ameen's oven(アミーンズオーブン)」のパン。

相変わらず「はっ」とするおいしさの“ハードトースト”などは2年前の記事をご覧いただくとして、いやー2年前の感激がいままた味わえるなんて、ほんとにすてきなパン屋さんだと思います。
ameen's oven(西宮市)/ハードトースト
ameen's oven(西宮市)/カンパーニュ
ameen's oven(西宮市)/雑穀パン

080702_b
“発芽小麦のパン・杏”

わが家ではいつも発芽米を白米に混ぜていますが、「発芽小麦」というのは考えたことがありませんでした。たしかにハードトーストなどの生地とは違った味わいです。でも正直、よくわかってないの(笑)。
スティック状のパンの中央に詰め込まれたオーガニックアプリコットが甘酸っぱくてうれしいです。

080702_c
“発芽小麦のパン・大豆”

なぜか大豆入りのパンって好きなのです。ボリっともポリっともポクっとも感じる大豆と雑穀のプチプチした食感に、ピリピリッと胡椒がきいてます。

「ameen's oven」のパンは自然の恵みを感じるパンばかり。ありがとう、ありがとう。
きっとオーガニックな食材さんたちとじっくりとお話をして、その持ち味を引き出す会議が日夜行われているに違いない。そう思います。


ameen's oven のサイト●http://ameensoven.com/

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »