« ルボワ(中野区)/カンパーニュ・オ・フロマージュ | トップページ | ブレッド&サーカス(湯河原)/フルーツバンドル »

2008-04-28

鶴屋吉信(日本橋)/光悦満雲寿

080428_a
「鶴屋吉信」の“光悦満雲寿”


わたくし、かなり薯蕷饅頭好きなのですが、程度の強弱はあるものの口の中にイガイガ感を感じる薯蕷饅頭があることに最近気づきました。使っている芋の種類によるものなのか、製法によるものなのか。これって一種のアレルギーなのかしらん?
そんなこんなでしばらく控えがちだった薯蕷饅頭ですが、「いつか食べたい」と思っていたものが目の前に現れたので飛びついてしまいました。
それが「鶴屋吉信」の“光悦満雲寿”。「満雲寿」と書いて「まんじゅう」と読みます。

鶴屋吉信は京都のお店で、そちらには“織部満雲寿(おりべまんじゅう)”という商品があります。
日本橋に東京店を開くときに、東京店のみのオリジナル商品として発売したのがこの“光悦満雲寿”、織部満雲寿とは姉妹菓にあたるそうです。

080428_b
餡は二重構造。粒餡を白餡が包みます。
直径8センチほどの大きなおまんじゅうですが、餡は思ったほど重くなく、心配したイガイガ感もまったくなくて、お気に入り。さすがに一度にひとつ食べ切るのはムリでしたけど。

なんでも本阿弥光悦という人が古田織部という人に茶の湯を学んだことにちなんでの名前のようなので、織部満雲寿と光悦満雲寿は姉妹というより子弟ですね。そんなのどーでもいっか。


鶴屋吉信 東京店:中央区日本橋室町1-8-8 日祝休
※三越日本橋店の催事にて購入→週末は日本橋へ! 第62回「全国銘菓展」
※「鶴屋吉信」の「吉」は[土]の下に[口]です。お店のサイトでも画像部分以外は「吉」の字を使用していたので「鶴屋吉信」と表記しました。

和菓子

|

« ルボワ(中野区)/カンパーニュ・オ・フロマージュ | トップページ | ブレッド&サーカス(湯河原)/フルーツバンドル »

c.和菓子」カテゴリの記事

コメント

おいしそうで可愛いですね。鶴屋吉信は、たまにのぞきますので
今度見てみましょう。二層構造っていうのはしびれますね。
本当の白餡に?粒餡、これなら私も食べれそう。
(いや食べれます。)ちょこんとした小豆が可愛いじゃありませんか。
薯蕷饅頭って、やっぱりあれる成分が多少あるんですかね。
家の近くの方言じゃかせるといいますが。

投稿: yottyan | 2008-04-28 23:49

>yottyanさん
あ、yottyanさんは白餡苦手でしたっけ?
じつのところ白餡の存在感はそれほど大きくありませんが、餡の爽やかさにはかなり貢献していると思います。
ただこれ、デパ地下の鶴屋吉信で見かけたことがないんですよね。そのあたり未確認でございます。
「かせる」って初めて聞きましたー。じつはあの「とらや」の薯蕷饅頭もややイガイガ系なんです。

投稿: kozue | 2008-04-29 22:39

了解です。今度注意してみてみます。
やっぱり特別なんですかね。GWはいろいろ出かけて見てくださいね。ルポ楽しみにしています。

投稿: yottyan | 2008-04-30 00:22

>yottyanさん
は〜い、GW中は何を食べたいか、と食べることばかり考えております。

投稿: kozue | 2008-04-30 14:42

口の中には影響はありませんけど、お芋の種類によっては調理中に手が「かせる」ことあります、私。あ、私も「かせる」って言いますけど…「かぶれる」に近い意味です。kozueさんとは地元が近いのにね…

そういえば、パパイヤはウルシの仲間なので、食べると「かせる」人がいるんですってね…ちょっと気の毒です。

投稿: Susie | 2008-05-01 09:44

>Susieさん!
「かせる」っていいますか〜!? どのあたりの言葉なのでしょう。
なんだかんだいってもわたしは東京は大森あたりと信州山奥のハーフですから。。。
わたしもお芋調理すると「かせる」人間です。そしてパパイヤでイガイガしたこともあります。なんだか貴重な(?)情報をありがとう〜。

投稿: kozue | 2008-05-01 15:40

しっとりとした上品なやわらかさの薯蕷饅頭は私も好きです。

なるほど。 食品アレルギーのある方にはものによっては辛いでしょうね。 山芋、蕎麦、卵・・・アレルギーになりそうな原料を使っているお菓子は多いですね。 すべての人が食べられるお菓子というのはほぼ無理なのでしょうか?

投稿: 笹団子 | 2008-05-12 22:55

>笹団子さん
たとえば小麦粉アレルギーの方のために米粉のパンが普及し始めましたが、残念ながらパンと同じようにバリエーション広げたり、同じ味わいを求めるのはまだムズカシイですよね。

以前、おいしいと評判の薯蕷饅頭で強烈なイガイガ感があり、「これのどこがおいしいわけ?!」とがっかりしたことがあったのですが、最近ようやくそれはアレルギーなんだと気づき、評判の味をきちんと味わえない悲しさを知りました。

投稿: kozue | 2008-05-13 16:11

とつぜんすみませ~~ん。
光悦満雲壽の画像を探していたら、こちらのブログがまっさきに表示されたので、勝手ながらリンクさせていただきました。
どうぞ、お許しをお願いいたします。

ほかにもたくさんの美味しそうな記事があって、素晴らしいですね。
実際にお菓子なり、パンなりにトライできる環境がうらやましいです。

投稿: kumin | 2008-11-05 09:46

>kuminさん
なんのなんの、ご紹介ありがとうございました。

投稿: kozue | 2008-11-05 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/41021324

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴屋吉信(日本橋)/光悦満雲寿:

« ルボワ(中野区)/カンパーニュ・オ・フロマージュ | トップページ | ブレッド&サーカス(湯河原)/フルーツバンドル »