« マールツァイト(茗荷谷)のプチパン | トップページ | とらやの雛菓子「笑顔饅」 »

2008-03-06

一幸庵(茗荷谷)の上生菓子

茗荷谷といえば「一幸庵」。予約もせずにふら〜っと行ってしまったために、“椿餅”が目の前で売り切れる悲しさよ。
一幸庵の2月のお菓子です。


蝶が舞い・・
080306_a
“朗蝶”(と記憶したけれど“胡蝶”だったかも)
 外郎。味噌餡を期待しましたが、白小豆の白餡でした。


うぐいすが鳴き・・
080306_b
“春告鳥”(練餅に小倉餡)


雛祭りにはでっかいハマグリで潮汁をと思う・・(ちなみに出かけたのは2月中旬のこと)
080306_c
“磯あそび”(薯蕷饅頭)


ああ、春ですねえ。
春は和菓子も華やかで楽しみが増えます。


菓子調進所 一幸庵:文京区小石川5-3-15(東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅より徒歩5分) 日祝休

和菓子

|

« マールツァイト(茗荷谷)のプチパン | トップページ | とらやの雛菓子「笑顔饅」 »

c.和菓子」カテゴリの記事

コメント

kozueさんお約束の春の和菓子ですね。しかも一幸庵、本当に
季節の和菓子を手に入れるのは大変ですよね。
生菓子は貴重ですよね。都内の方はいいですよね。
田舎だと家まで帰るうちに生菓子ではなくなってしまう可能性が
あります。即食いしたいですね。
蕨餅などは大変ですよね。

一幸庵さんは、ちょっと選ぶのに緊張します。
(私だけか)

また、護国寺、江戸川などのあたりを歩いて見たくなりました。
特大のマスクをつけて(^0_0^)

投稿: yottyan | 2008-03-08 00:17

>yottyanさん
あはは。即食いしたいですよねー。近くたって今食いたいってことはあるのです。
一幸庵のわらび餅は売り切れているだろうと思っていましたが、わたしの前の人に椿餅をさらっていってしまわれたのはショックでした。ええとてもショックでした。
そんなこんなで緊張するまでもなく、買えるものが決まってしまったという。。。

そうそう、特大マスクでね、この季節は。

投稿: kozue | 2008-03-08 23:21

“練餅”っていうのが気になります~。
不思議と京菓子系って鶯餅が小倉あんが多いですね。
老松もそうだったような。

椿餅は残念だったけど、はまぐりの薯蕷饅頭が
買えたから、チャラにしておけば(笑)
可愛いですよー「磯あぞび」。

一番上、確かにこれ味噌あんを期待するよね。

投稿: あんころりん | 2008-03-09 22:10

>あんころりんさん
ああそうですか、京菓子系は小倉あん鶯餅。こんど注意してみてみよう。
椿餅は残念ですが、また来年、という闘志がわきますから。あちこちにそんな闘志だらけですけど(笑)

投稿: kozue | 2008-03-09 23:43

そろそろ行こうかと思っていた一幸庵。
ひな祭りが終わったから磯あそびも終わったでしょう。 今は桜餅に草餅あたりがあるのでしょうか? ふわふわな花びら餅のように私を驚かすのでしょうか? そんなお菓子との出会いを求めてまた機会を作って行ってみたいです。

投稿: 笹団子 | 2008-03-10 23:30

>笹団子さん
そうですね、3月は桜と蓬のオンパレード(?)ですものね。
お団子片手にお花見なんてのもいいな〜と、春は和菓子が似合います。

投稿: kozue | 2008-03-11 15:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/40340103

この記事へのトラックバック一覧です: 一幸庵(茗荷谷)の上生菓子:

« マールツァイト(茗荷谷)のプチパン | トップページ | とらやの雛菓子「笑顔饅」 »