« シニフィアン・シニフィエ(三宿)/バゲット・プラタヌ | トップページ | かわむら(金沢)/甘納豆 »

2008-01-30

俵屋(金沢)/じろ飴

金沢紀行 その4

080130_b
天保元年創業の老舗「俵屋」の“じろ飴”


風邪を引きやすい季節だし、これで「大根飴」を作ろうと“じろ飴”を買いました。
飴といっても水飴、しかも米と大麦のみを原材料とする昔ながらの製法で、琥珀色をした飴です。

そのままなめればなんともなつかしい味。幼い頃、こんな飴をなめさせられた気がするー。砂糖でなくても、これだけの甘さがでるんですね。発酵パワー恐るべし。
水飴は砂糖やはちみつのかわりにお料理に使うこともできます。
“じろ飴”をキャンディ粒にした商品もありました。これもそのままお料理にぽいっと放り込んで使えるのだそうです。

金沢の駅ビルやデパ地下、さらに都内でも買えるところはあるのですが、どうしても古い本店に行きたくて、てくてく歩きました。
080130_a

“じろ飴”の“じろ”って、たぶん“滋養”がなまったんですよねえ、と想像しております。お店で確認すればよかった。


京都のすはま専門店「植村義次」(1657年創業)は俵屋の飴を使っていると聞きました。いかに上質な飴なのかがうかがえます。
それにしても植村義次、パワフルなサイトだ。


俵屋: 金沢市小橋町2-4

和菓子

※今回の金沢の記事はこちら
お婦久軒(金沢)/あん入りドーナツ
金沢「漆の実」にて「吉はし菓子店」の上生菓子をいただく
水本(金沢)の上生菓子
かわむら(金沢)/甘納豆
加賀麩司 宮田(金沢)/麩菓子 かりんとう
うら田(金沢)の迎春菓子
諸江屋(金沢)/オトギクズユ
板屋(金沢)/香林
越山甘清堂(金沢)/加賀れんこん餅
金沢「茶房一笑」にて献上加賀棒茶と「高砂屋」のお菓子をいただく
高砂屋(金沢)の上生菓子

|

« シニフィアン・シニフィエ(三宿)/バゲット・プラタヌ | トップページ | かわむら(金沢)/甘納豆 »

g.石川県のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

じろ飴のお店ってやっぱりかっこいいんですねー
。「おこし飴」ごらんになりましたか?あの木槌でたたき割るっていうヤツ。
しかし植村善次にはまってしまって戻ってくるのが大変だあ。もろにツボ、大好きです、この治外法権っぽいパワー。いやー良いものご紹介頂きありがとうございます。
あ、じろ飴ですよね。手元の本ではどろりの方言が「じろり」でそこから取ったんだって書いてます。

投稿: あんころりん | 2008-02-01 23:55

>あんころりんさん
はい、お店は渋くてかっこよかったですー。並んでいる商品がきれいに見えすぎるくらい。
ひととおり商品説明をしてくださって、おこし飴も並んでいましたが買う人が少ないのかさら〜っと通り過ぎてしまわれました。
そうですか、どろり飴ですか。ありがとうございます!
ふふふ、あなたも植村義次にはまりましたね(笑)

投稿: kozue | 2008-02-02 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/17898545

この記事へのトラックバック一覧です: 俵屋(金沢)/じろ飴:

» 京都訪問 和菓子めぐり甘党三昧~その壱 『御州浜司 植村義次』すはま一筋 洲濱 春日の豆 押物「椿」 [近所の和菓子屋さんの豆大福、パン屋さんのあんぱん]
キューティ♪2月の押物「椿」、根元の棹菓子「洲濱」 まめのすはま、こと「春日の豆」 ☆あんころりんの本『東京 いとしの和菓子』は 紀伊国屋書店ほか全国書店やAmazon 等で好評発売中。 ……和菓子を日々楽しんで頂けたなら… 京都、へ行ってまいりました。 甘党..... [続きを読む]

受信: 2009-02-11 19:39

« シニフィアン・シニフィエ(三宿)/バゲット・プラタヌ | トップページ | かわむら(金沢)/甘納豆 »