« 松島屋(高輪)/豆大福と編みぐるみ | トップページ | ダンディゾン(吉祥寺)の新作パン »

2007-11-22

大阪「廣井堂」「庵月」の栗蒸し羊羹

もともと練り羊羹をあまり好まず、羊羹といえば<蒸し羊羹>が好きなものですから、栗の季節はあちこちの店頭に“栗蒸し羊羹”が並んでうれしい楽しい季節であります。

さて、今年はなぜか大阪の栗蒸し羊羹。


071122_a
「廣井堂」の栗蒸し羊羹


まずは新宿タカシマヤに来る〜おいしかった〜としつこいほどに(笑) その名をインプットされた「廣井堂」。
10、11月にたった3日ずつの限定販売。その日に予定が合うかどうかもわからないので予約もできずにいましたが、ふらっと立ち寄った日がたまたま入荷日で、しかも最後の1つを手にすることができました。

包みを開けると、むちっとした素朴さただよう蒸し羊羹。その切り口の中央にみごとな栗がどーん。
意外にしっとりあっさりで、ていねいに作られたおいしさがじわじわ〜じわじわ〜と口の中に。素朴だけど素朴過ぎない、大好きな蒸し羊羹のひとつになりました。

お店では12月中旬まで扱うようですが、新宿タカシマヤでの販売は終了です。

しつこいほどにインプットしてくださったのはもちろんあんころりん師匠。TB送り過ぎ。
ほっくりと秋だけの栗菓子、亥の子餅 京都「川端道喜」亥の子餅「老松」栗しぼり、丹波太郎 大阪「廣井堂」栗むし羊羹


御菓子司 廣井堂:大阪市西区新町1-17-8 日祝休


071122_b
「庵月」の栗蒸し羊羹


わははは、なんじゃこりゃ〜栗だらけ〜なのは「庵月」。
廣井堂に感激した数日後、新宿伊勢丹の地下イベントに出店していました。でも実は“栗蒸し羊羹”だけなら新宿タカシマヤの銘菓百選にも入荷しています。

こちらは口にした瞬間にわかりやすく広がる栗の味。即、おいしいーっ! と叫んでおりましたが、でもそれは栗の味と食感のことでして、冷静になってみると餡の存在感が弱いのです。
全体のバランスを考えると、圧倒的に好みは「廣井堂」。

ところで「庵月」には日持ちのしない“生栗蒸し羊羹”というのがありまして、試食した印象では『生』の方が餡の味わいが深くてしみじみとおいしさを感じます。でもこの風味はちょっと好みが分かれるところかもしれません。


御菓子司 庵月:大阪市中央区東心斎橋2-8-29

和菓子

|

« 松島屋(高輪)/豆大福と編みぐるみ | トップページ | ダンディゾン(吉祥寺)の新作パン »

c.和菓子」カテゴリの記事

コメント

kozueさ~~ん☆
わぉ☆大阪~~!ですか?!(笑)
しらない。って。
コアですね。ディープ☆!
rossaのしらない大阪(笑)どこ見て歩いてるの?!って
聞こえてきそうですが。。。。
そうか。大阪。そんなにおいしいとkozueさんをうならせるものがあったのか?!ってことで、早速チェックしてみます。はい。
大阪「廣井堂」「庵月」の栗蒸し羊羹☆めもめも。

投稿: rossa | 2007-11-23 03:54

>rossaさ〜〜ん☆
ああそうですよ、大阪なのですよ。え、知らない?(笑)
どうもこの2店は大阪で栗蒸し羊羹といえば、ってくらい有名どころと想像いたします。でもまったくタイプの違う羊羹でした。
新宿では伊勢丹と高島屋が競うように全国の銘菓を持ってきてくださるので、とてもありがたい情報源なのであります。
栗蒸し羊羹は季節ものなので、ちょっと楽しませていただきましたよ〜。

投稿: kozue | 2007-11-23 17:22

あちこちの和菓子屋さんで秋になると見かける張り紙は「栗むし羊羹」。 それほどなじみのあるお菓子なんでしょうね。
あっさりした蒸し羊羹が好きな人は素材の甘さがお好みなんでしょうか?

投稿: 笹団子 | 2007-11-24 00:09

>笹団子さん
蒸し羊羹好きとしては、栗は入っていなくても構わないのですけどね(笑)。
わたしは羊羹の食感が、蒸し羊羹の方が好きなのですが、商品によっては栗のアクのような味や香りを感じるものもあって、それもまた好きです。

投稿: kozue | 2007-11-24 22:26

毎度どうも。
いつもありがとうございます、もっともっとTBしてね。大歓迎です、嬉しいもん。
庵月、栗蒸し羊羹もなかなかおいしそう。なんかカジュアルなおやつっぽくて気軽なかんじもまた良いかも。
最近、お腹がすごく空いてるときは蒸し羊羹。ひとくち、甘いものが欲しいときは煉り羊羹、と使い分け出来るようになったんだけど、これって年かな~。強いて言えば、廣井堂は前者、庵月の生は両方対応出来そうなかんじでした。庵月の栗蒸しはどっちだろ?

投稿: あんころりん | 2007-11-25 00:40

>あんころりんさん
どうもどうも毎度どうも。
その羊羹の使い分け、とてもとてもよくわかります。そうですね、年ですね、きっと(笑)
庵月の栗蒸しはですね、わたしは栗くり栗くり〜〜〜って感じが「甘いものがほしいとき」向きかなと。やっぱり空腹時にはあんこの重量感が大切です。

投稿: kozue | 2007-11-25 17:07

これまた、レア物をゲットしましたね。
気分で食べわけたいですね。
無性に栗が食べたい時は
下の方も、おししいかも。
羊羹を味わい時には、上のほうかも
しれませんね。
どっちもいけちゃいますが
レア物ですね。
東京はいいなあ。

投稿: yottyan | 2007-11-30 00:30

>yottyanさん
ええほんと、まったくタイプが違うので、それぞれ楽しめます。わたしは「蒸し羊羹」が好きなので、あんまり栗クリすぎるのは残念な気がしましたが(笑)
東京はいいなあ、です。けど最近、大阪「モンシュシュ」が銀座三越に期間限定出店していて、なんと川崎に支店があることに気づいてしまいました。なんで川崎〜!? と贅沢にもうらめしく思いましたのですよ。

投稿: kozue | 2007-11-30 15:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/17153531

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪「廣井堂」「庵月」の栗蒸し羊羹:

» ほっくりと秋だけの栗菓子、亥の子餅 京都「川端道喜」亥の子餅「老松」栗しぼり、丹波太郎 大阪「廣井堂」栗むし羊羹 [近所の和菓子屋さんの豆大福、パン屋さんのあんぱん]
↑上:大阪「廣井堂」“栗むし羊羹”旬の生栗がたっぷり 中:京都「川端道喜」十月“亥の子餅” 下:京都「老松」“栗しぼり”十月の節季菓子 秋深し、栗の風味も深まりゆく10月 静けさの漂う亥の子餅なども滋味があり、 実り多い季節の恵みを感じつつ いよいよ..... [続きを読む]

受信: 2007-11-23 11:16

« 松島屋(高輪)/豆大福と編みぐるみ | トップページ | ダンディゾン(吉祥寺)の新作パン »