« リンデ(吉祥寺)/ミューズリーブローティヘン | トップページ | 武蔵野市立吉祥寺美術館「味わいの芸術 和菓子」展 »

2007-08-01

緑寿庵清水(京都)の手づくり金平糖

いろはにこんぺいとう☆
070801_a

以前、ときどき伊勢丹の諸国銘菓コーナーで見かけては「ふ〜ん金平糖、おいしいのかな、まあそのうち」と思っていた「緑寿庵清水」の金平糖。
さるお方のご結婚の際に評判となって、ただでさえも入手困難だったのに、気がつけばさらに手に入れるのがむずかしくなってしまった金平糖でございます。ああこんなことなら、伊勢丹で見かけたときに買っておけばよかったといいながらも、でもコンペイトウでしょう? なーんて思っていたのもまた事実。

先日、日本橋三越をふ〜らふらとしていたら、偶然発見したのですよ。かなり売れた後という雰囲気でしたが、残っている限り買う、とにかく買うのだー。

白いのは“生姜金平糖”。
070801_b
家人に撮影を頼んだら、どんどん寄っていった。

ぽいっとひと粒。うわっ、何なにナニ? この透明感。そして舌にぴりぴりぴりっと生姜の辛さ。
「どーせコンペイトウでしょう?」なんていってすみませんでしたごめんなさい。ステキすぎます金平糖。
とにかくこの透明感のある味わいは、ちょっと経験したことのないおいしさです。


070801_c
さらにココロを奪われたのがこちらの黒い“蕎麦の実黒糖”。
やっぱり雑味のない透明感のある味わいで、とっても香ばしい。

金平糖には芥子の実など<核>になるものが必要ですよね。“生姜金平糖”は白くてふわっとしたものが入っていましたが、“蕎麦の実黒糖”にはずばり三角形の蕎麦の実が入っています。
もひとついうと、蕎麦の実のまわりはグラニュー糖で包み、それを黒糖で包んでいました。

070801_d
こっちも寄ってみる。


50グラムで500円くらいというお値段はやはり「コンペイトウなのに?」と思いがちですが、それも謝りますごめんなさい、納得の味でございました。ひと粒でもじゅうぶん満足できる味なのです。一度にたくさん食べるものでもありませんし、飽きることなく長く楽しめますわ。
お店のサイトを見ると、いろいろな味があってわくわくします。個人的にはトマトを食べてみたいなあ。


緑寿庵清水:京都市左京区吉田泉殿町38番地の2 水、第4火休
 ※今回は三越日本橋本店B1F菓遊庵にて購入。新宿タカシマヤB1銘菓百選などでも不定期ながら入荷することあり。


和菓子

|

« リンデ(吉祥寺)/ミューズリーブローティヘン | トップページ | 武蔵野市立吉祥寺美術館「味わいの芸術 和菓子」展 »

i.京都府のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

金平糖って確か物凄く時間がかかるんですよね、作るのに。以前テレビで大鍋で作っているところを見ましたわ。駄菓子屋さんの一袋60円のものとは作り方違うかもしれないですね?
 でもって、マニアックな話ですが、『幕末青春グラフィティRONIN』という映画で、武田哲也が吉田拓郎に白い金平糖渡していたのを呆っと見ていた記憶在りです(笑)。

投稿: とまて | 2007-08-01 20:32

>とまてさん
そうなんですよね、手間のかかるお仕事なのですよ。
あまり混ぜ物するとお砂糖が固まりにくくなるそうなんですが、そこをこうして固めるのが、こちらの「秘技」らしいです。
でもって、ずいぶんマニアックな(笑)。そういえばそんな映画ありましたな〜。

投稿: kozue | 2007-08-01 21:59

すごいHPを読んで感動しました。
作り方は大体知っていたのですが
やっと納得。とおりすがりのお菓子でも、
kozueさんのアンテナに発信されたものは
奥が深いのですね。
金平糖、馬鹿に出来ないですね。
生姜と黒糖いいですね。

こんなに神々しい金平糖見られただけで
goodです。

投稿: yottyan | 2007-08-02 09:26

>yottyanさん
さすが専門店の味!でした。たとえば駄菓子屋さんの金平糖は、食べて「うれしい」と思うことはあっても「おいしい〜」と思えることってないような気がするんですけど、こちらのはほんとにおいしいのですよー。
ぜひ心に留めておいて、機会があったときに試されることをおすすめいたしますわ。

投稿: kozue | 2007-08-02 16:00

いいなー生姜のふわふわってのがとても気になります。

ものすごく残念な思い出があって
昨年、蕎麦金平糖を手に入れたのですが、2粒くらい食べただけで
家族が友人の車で海に行く時に持って出、なんとそのまま置いて来ちゃったんですよ!!金平糖だけをわざわざ返してに来てくれ、とは言えず泣く泣くあきらめて、その友人にに「味わってね」とお願いしましたが。その次ぎお会いした際は当然全部食べ終わってました。
く~~~、これ読むと返す返すも残念だー。
HPの黒豆納豆がすごくすごく食べてみたい。

投稿: あんころりん | 2007-08-04 22:03

>あんころりんさん
ああそれは残念な思い出ですねえ。心中お察しいたしますです。保険に(?)手元に少し残しておくべきでしたね(笑)
生姜のふわふわ〜は「イラ粉」ってあったので餅米が爆ぜてスポンジっぽくなったものではないかと思います。

投稿: kozue | 2007-08-05 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/15974512

この記事へのトラックバック一覧です: 緑寿庵清水(京都)の手づくり金平糖:

« リンデ(吉祥寺)/ミューズリーブローティヘン | トップページ | 武蔵野市立吉祥寺美術館「味わいの芸術 和菓子」展 »