« 花園万頭(新宿)/こだわりトマトのくず万頭 | トップページ | シニフィアン・シニフィエ(三宿)のパンを日本橋タカシマヤで発見 »

2007-07-11

桔梗屋織居(三重県伊賀市)/みるくはちみつとうふ

つるりん♪
070711_a


ぷるんとしたお菓子が続いていますが、そんなものばかり食べているわけではありません。念のため。
先月の話ですが、新宿伊勢丹でわらび餅を待つ間うろうろしていたら見つけました、伊賀上野「桔梗屋織居」の“みるくはちみつとうふ”。
城下町は好きですが、伊賀は残念ながら<旅したい町リスト>に入っていないので、この機会を逃すわけにはいかないでしょうと吸い寄せられるように買ってしまいました。だって見た瞬間にわたし好みだと確信しましたもの。

伊賀上野ってどこ? って感じですが、あの忍者の、それから松尾芭蕉の、でおわかりでしょうか? 歴史ある町でございます。
「桔梗屋織居」は慶長5(1601)年創業だそうですから、はあ〜400年の歴史が! 


で、この“みるくはちみつとうふ”。
牛乳を葛で固めたお菓子ですが、ハチミツの甘さが心地よく、ほどよく散った小豆がアクセントになって、ふふ、ふふふふふ、やっぱり好き。たまらなく好き〜。
過去の経験から、こういうお菓子は飛びついたものの牛乳がくどすぎて(これは自分のお腹の都合)あとで胃薬のお世話になることもありがちなんですが、“みるくはちみつとうふ”はそんな心配なく最後までつるんと楽しめました。よくよくみると、原材料に「ヨーグルト」が入っています。納得。
ハチミツとヨーグルトがとってもさわやか。

070711_b
パッケージもちょっとステキ


ところで、同じ頃たまたま見つけた桔梗屋織居の18代目ご主人のブログが大好きなのでご紹介。
芭蕉さんの残した俳句を一句ずつ和菓子で表現していらっしゃるんです。和菓子ってほんとに表情豊かで楽しい〜。
芭蕉俳菓 伊賀から旬菓往来


三重県は伊勢しか行ったことがありませんが、魅惑的なお菓子がたくさんあるんですよね。伊勢は餅菓子天国だったなあ。
ぜひぜひ、またどこかのデパートで桔梗屋織居さんのお菓子に逢えますように。

[追記]・・・と記事をアップしたら、うれしい情報が入ってきました。
桔梗屋織居が伊勢丹新宿店B1<甘の味/今め菓子>・・というらしい、あの和菓子プロモーションコーナー・・に出店するそうです。
【期間】7月25日(水)〜31日(火)
うほほっ。今度はぜひ“水まんじゅう”をいただきたいわ〜。


桔梗屋織居:三重県伊賀市上野東町2949 第2,4月休

和菓子

|

« 花園万頭(新宿)/こだわりトマトのくず万頭 | トップページ | シニフィアン・シニフィエ(三宿)のパンを日本橋タカシマヤで発見 »

c.和菓子」カテゴリの記事

コメント

伊賀上野は忍者屋敷に行きました。
おねえさんが末裔だといい、実演してましたとさ。
三重はそこそこおいしいものがございますね。
松阪の和田金で、1人前1万5千円のすき焼きを
2人前ペロリ。もう、30過ぎてからの自分へのご褒美でしたが隣で小僧がうまそうに食べてました。
こんな時代から食べてたら物が食えなくなるぞと
思いながら、堪能してました。伊勢うどん、赤福は
味が濃いですが、このようなつるっとした奴いいですねえ。なにげにミルクは好きなんですよ。
プリンも好きだし。パッケージもハイカラですね。
さっぱり系もこの季節には良いですし。
新宿はいいですね。あっちこっちで和菓子の宝庫。

投稿: yottyan | 2007-07-12 00:03

>yottyanさん
おお、忍者屋敷に行ってらっしゃる。
和田金で自分へのご褒美、いいですね〜。自分にご褒美、いい言葉だー。
伊勢の餅菓子三昧はさすがにお腹がいっぱいでした。赤福は冬限定の「赤福善哉」が大好きです。
桔梗屋織居は、今回はハイカラ路線を選んだので、次の機会はぜひあんこものを選んでみたいと思っています。

投稿: kozue | 2007-07-12 21:36

どうも遅ればせながら・・。
私はですね、あずきどうふ(小豆憧風って、ちょっと書きにくい)
買って頂きましたー。美濃忠の上がり羊羹に近かったかな。
この“みるくはちみつとうふ”はお向かいの小さな女の子へお礼にあげたけど味見してなかったので、ちょうど良かった(笑)
そうかそうかこれなら安心して召しあがって頂けるわ~。

なんのお礼かって広報部長に鼻を、いや花を(買って)手向けてくれたのです、
5才だけど差し上げるに問題ないポジションでしょ?
同じ棚にあった桔梗屋のあの乾き菓子の方も気になります。

私は少年サンデーの伊賀の影丸が好きだったんだ、と思い出しました。ハットリくんも伊賀かな。

投稿: あんころりん | 2007-07-18 14:46

>あんころりんさん
わたしも小豆憧風とどっちにするか迷いに迷っておりました。
“みるくはちみつとうふ”はきっとお子さまも好きだと思いますわ。広報部長からの(いやあんころりんさんからの)お礼になんて、ぴったりかも。

伊勢丹のあのコーナー、気になっても一度にいろいろ買えなくて、その後お目にかかれないままになってしまうお菓子もあるのですよね。くうーーーっ。

ところで、伊賀じゃない忍者モノってあるんだろか。

投稿: kozue | 2007-07-18 16:18

はじめまして、桔梗屋織居の記事を調べていてこちらに辿り着きました。私も伊賀上野に行けば必ず桔梗屋織居には寄せてもらっています。東京の催事にはご主人も出向かれたそうですが、お会いしたでしょうか。本当に気さくな方です。これからは栗きんとんと丁稚羊羹が桔梗屋織居さんのお勧め菓子です。一度、伊賀上野へも訪れてみてください。

投稿: けん | 2007-08-26 19:01

>けんさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
じつはけんさんのブログはときどき訪れております。いつもすてきな情報を、指をくわえて読ませていただいておりました。
先月の伊勢丹の催事にはご主人がいらっしゃったのですか。残念ながら女性店員さんが応対してくださったので、お会いできませんでした。
また季節ごとに出店してくださるとうれしいなーとひそかに期待しています。

投稿: kozue | 2007-08-26 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/15724698

この記事へのトラックバック一覧です: 桔梗屋織居(三重県伊賀市)/みるくはちみつとうふ:

« 花園万頭(新宿)/こだわりトマトのくず万頭 | トップページ | シニフィアン・シニフィエ(三宿)のパンを日本橋タカシマヤで発見 »