« 中浦本舗(松江)/どじょう掬いまんじゅう | トップページ | ポワンエリーニュ(丸の内)/レジュー »

2007-05-29

虎屋ギャラリー(赤坂)/和菓子百珍展

食べる芸術。
070529_a
“辰” 羊羹製*、緑の曲線が天空へ舞い上がる龍の勢いを表現しています。
(*注:最初「煉り切り」としておりましたが、あんころりんさんからコメントにご指摘いただきまして、訂正いたしました)


毎回ココロから楽しみにしている赤坂「虎屋」の虎屋文庫資料展。今回は江戸時代のベストセラー『豆腐百珍』をヒントに「和菓子百珍」と題して、ちょっと面白いお菓子の作り方や、かまぼこや蒲焼きに見立てた菓子、<棚から牡丹餅>のようにお菓子にまつわることわざの紹介などなど、盛りだくさんの内容で、端から端までじっくり楽しませていただきました。
展示内容はこちら(とらやのサイト)

最初の写真の“辰”は展示品のひとつで、展示期間中に1階のお店で購入できます。

江戸時代に名古屋にあざらしが現れて、いつぞやのタマちゃんブームのような状況の中で売り出された“あざらし落雁”も再現され、上野動物園はパンダのリンリンのエサ“パンダだんご”まで展示されています。
展示されているお菓子はすべてホンモノですから、それも見る楽しみのひとつですね。

去年の虎屋ギャラリーの資料展に関する記事はこちら
和菓子アート展(2006-11)
旅先の口福「和菓子で楽しむ道中日記」展(2006-6)


070529_b
“唐衣”は5/31までの販売。カキツバタの色を表したこしあんの薯蕷饅頭

070529_c
“なすび餅”は6/1から販売。ういろう製でごま入りの白餡(写真は去年のもの)


お菓子に関しては、松江の安くておいしい和菓子を堪能し過ぎたあとだけに、この高価な重鎮的菓子をどう受け止めるべきか困惑しております(笑)。
そして次回は11月に「歴史上の人物と和菓子」展を開催予定。それもまた楽しみだ〜。


「和菓子百珍」展
開催中〜2007/6/17(日)まで 10:00〜17:30 会期中無休
虎屋ギャラリー:港区赤坂4-9-22 虎屋ビル2階(地下鉄赤坂見附駅より徒歩7分)
入場無料
※毎週月曜の10:30には展示解説が受けられます。

 虎屋のサイト●http://www.toraya-group.co.jp/main.html

和菓子

|

« 中浦本舗(松江)/どじょう掬いまんじゅう | トップページ | ポワンエリーニュ(丸の内)/レジュー »

c.和菓子」カテゴリの記事

コメント

きれいですね。初夏ですね。
さすが虎屋、上品ですね。
この茄子なら喜んで頂きます。

うわあ、もう茄子の季節だ。(^_^;)
虎屋さんは、高級ですね。
虎屋茶寮入ろうか迷ったんですが
やめました。(^_^;)

投稿: yottyan | 2007-05-30 14:36

>yottyanさん〜
虎屋茶寮は入るのを躊躇してしまう庶民なわたしです。ほんとに松江菓子のあとの虎屋はとまどいました。やっぱりわたしには庶民派お菓子が分相応〜〜。
でもせっかく赤坂の本店まで行ったので、生菓子買ってしまいました。
ナス、ちょっとかわいいです。

投稿: kozue | 2007-05-30 22:29

そうなの、これだけが気がかりです~、楽しそう♪
帰ってやること多いなー。

すごい!あざらし落雁出てるんだ。
実は私が持参した本の一冊は「和菓子おもしろ百珍」で虎屋文庫の中山さんの著作。
ちょうどあざらし落雁と象饅頭の章を読み終えたんです。
ってなんか、嘘みたいにいろいろシンクロするわー
kozueさん、そっと抜け出て見に来てない?
こえー。
しかしつくづく日本のお菓子って信じられない位繊細ですねえ。
世界一だわ。

投稿: あんころりん | 2007-06-01 16:36

>あんころりんさん
あれ、さっき頭の上から声かけたの、やっぱり気づかなかった?・・・ってそんなことなーーーいっ(笑)
お帰り間に合いますかー? わたしは来週の講演会も行きますー。お話楽しいといいなあ。
あざらし落雁、ちっさくて可愛かったですよん。金魚かと思ったけど。

投稿: kozue | 2007-06-01 22:20

土曜日に観てきました♪
今年も期待を裏切らない面白さでした。友達も連れて行ったんですが、みんな楽しんでたようでよかったよかった。
あざらしらくがん、私にはワニにみえました…(^^;

投稿: ayano | 2007-06-18 02:18

>ayanoさん
え、ワニ?(笑)
ほんとうにあの規模で毎回毎回楽しい展示、そのあたりのセンスの良さは感心してしまいます。去年、今年と年2回開催でうれしい〜

投稿: kozue | 2007-06-18 17:58

ところで「辰」は“羊羹製”=“こなし”ですよ、笑。
小麦粉と寒梅粉使ったやつ。

投稿: あんころりん | 2007-06-18 22:09

>あんころりんさん
あれ、しまった(笑)

投稿: kozue | 2007-06-19 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/15244515

この記事へのトラックバック一覧です: 虎屋ギャラリー(赤坂)/和菓子百珍展:

» 虎屋本店七つの『嘉祥菓子』と和菓子おもしろ百珍和菓子で夏の招福厄除 [近所の和菓子屋さんの豆大福、パン屋さんのあんぱん]
↑上:源氏籬って読めますか?湿粉製(時雨、村雨) 中:展示記念菓子だが“何に見えます?”というクイズに 下:七嘉祥の宮中同様「嘉祥菓子」 六月一六日は和菓子の日。 ひょっとすると“嘉祥菓子”を召しあがった方もいるのでは? 夏に向かって無病息災を祈る縁起物..... [続きを読む]

受信: 2007-06-22 09:29

» Spain Club Alaと和菓子百珍 [ayanolog]
↓のパンケーキでお誕生日……の前の話。実はこの日のお誕生日イベント、昼の部と夕方... [続きを読む]

受信: 2007-06-28 22:50

« 中浦本舗(松江)/どじょう掬いまんじゅう | トップページ | ポワンエリーニュ(丸の内)/レジュー »