« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007-04-27

一力堂(松江)/姫小袖

老舗和菓子店で菓子づくり体験。
070427_d
お恥ずかしいので小さく掲載。「一力堂」ご主人の指導のもと、家人と作った生菓子たち。


松江が和菓子と深い関わりをもつのは、17歳で七代松江藩主となり18歳で茶道に入門、後に「不昧」の号で茶人として名を残す松平治郷(1751〜1818)の存在によるものです。あ、不昧=ふまい。不味い(まずい)ではありませんのでご注意を。
松江には不昧公が茶会で好んで使われた<不昧公好み>とされる“山川”“若草”などの銘菓がたくさんあるのですが、じつは現在ある和菓子店は明治以降創業のお店がほとんどで、<不昧公好み>の銘菓はすべて記録により再現したものなのですね。

そんな中で不昧公誕生の1751年から創業している「一力堂」。こちらでは前日までに予約をするとご主人自ら教えてくださる和菓子づくりを体験できます。
で、作ったのが最初の画像の3つ。まあプロと比べるとあきらかに不格好なのですが、それより何より食べるときに切ってみたらご主人のものは断面までバランスがとれていてまいりました。ああでもまた挑戦したいわ〜いろいろお話伺えて楽しかったです。
【体験料:ひとり850円で3個作成、所要時間:約1時間】


さて、「一力堂」といえば“姫小袖”。
070427_a

松江藩城主の茶会、法要など御用の折のみに作られ、一般に売ることを禁じられた<お留め菓子>ですが、これも資料をもとに再現したもの。再現するにあたりサイズを小さくして食べやすくし、“姫小袖”という名も新たにつけたものだそうです。店内には当時の大きさのものが展示されていますが、確かに大きい。
讃岐の和三盆糖を、中に皮むき餡を入れてかためた打菓子で、口にすれば繊細な味がほろほろと崩れていきます。


もうひとつ驚きだったのが“若草”。
東京にいると、“若草”といえば「彩雲堂」と思い浮かんでしまいますが、実際にはあちこちのお店で不昧公好みの“若草”は作られています。じつはわたし、“若草”ってあまり好きではないのですが・・・
070427_b

一力堂で試食をすすめられた“若草”は思わず「ああっぜんぜん違ーう!」と驚きの声をあげてしまいました。
若草色のそぼろも若干違いますが、とにかく違うのが、やわらかいながらもへんにもっちりと伸びたりしないで噛み切れる求肥餅。そして最後にふんわり感じる水飴の味。
ご主人曰く「使っている水飴も違うんですよ」。これがお殿様が食べていたものに近いはず、とニッコリ顔。うんうん、わかります、わかりますとも。

そんなこんなで一力堂で作ったお菓子とご主人のお手本、合わせて9個(!)の生菓子と、これを当日中に食べなければという若干の恐怖感をお持ち帰り。それとは別にお茶をいただきながらいろいろなお菓子を試食させていただいて満足、満腹。このあとの和菓子めぐりは日持ちのするお菓子限定となってしまいました(笑)。

070427_c
小倉羊羹をカステラ生地ではさんだ“錦小倉”。
これも美味ですが、個人的好みとしてはもう少しカステラ生地の存在感がほしいところ〜。


御菓子司 一力堂:島根県松江市末次本町53(JR山陰本線松江駅よりバス栄橋下車) 元日休
 ※社名は「高見一力堂」


松江の和菓子の記事
清松庵たちばなの上生菓子
向月庵/瑞雲
風月堂/八雲小倉
三英堂/日の出前
桂月堂/小倉松草
彩雲堂/玄々
風流堂/朝汐
風流堂/即席しるこ 日本海
中浦本舗/どじょう掬いまんじゅう

和菓子

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007-04-24

向月庵(松江)/瑞雲

このみたらしだんごを食べたとき、またいつか松江に来てこれを食べようと思った。
070424_a

松江和菓子めぐりのスタートは「向月庵」です。お茶席菓子専門店として地元で評判のお店だけあって、朝からお客さんがどんどんやってきて大量購入していますよ。
そんな中、まことに申し訳ないと思いつつ「みたらしだんご1本とー」・・1本って・・

070424_b
“花のワルツ”ひとつとー・・・ 花びらが散ったのはわたしのせい。中は皮むき餡入り。

ところで前日に「たちばな」の上生菓子@210円でびっくりしたのですが、こちらはなななんと@137円!!! みたらしだんごは@63円ってレシート見て軽くめまいがしました。
あ〜んもう次にこのみたらしだんごを手にするときは、10本買って30分おきに食べてやるーーーっ。


さて、「向月庵」に来たのはこのためでした。
070424_c
“瑞雲”

宍道湖の夕日を見て盛り上がっておりましたが、“瑞雲”は夜明けの雲の美しさとその感動を表現したものだそうです。
小豆の皮をむき中の白いところだけを炊いて餡にした<皮むき餡>と『東雲色』の餡、それに栗と小豆を加えた羊羹。それはおめでたいことの前ぶれといわれる“瑞雲”の名にふさわしい美しさ。
松江独特の皮むき餡はさっぱりと軽やかでかなりお気に入りなのですが、加えてとてもさわやかな味わいです。このさわやかさ、もしかして寒天の風味ではないだろうかと想像したのですが、くわしいことはわかりません。

ひと棹買ったら、半棹ずつ包装されたものが2本入っていました。お友だちと分けるのにいいですね。


向月庵:島根県松江市苧町1-36(一畑電鉄松江しんじ湖温泉駅より徒歩5分) 日休


松江の和菓子
清松庵たちばなの上生菓子
一力堂/姫小袖
風月堂/八雲小倉
三英堂/日の出前
桂月堂/小倉松草
彩雲堂/玄々
風流堂/朝汐風流堂/即席しるこ 日本海
中浦本舗/どじょう掬いまんじゅう

和菓子

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007-04-20

清松庵たちばな(松江)の上生菓子

境港の妖怪たちに別れを告げ、肥やしのかおりとうぐいすのホーホケキョケキョケキョに包まれた植田正治写真美術館(鳥取県西伯郡伯耆町)へ向かった頃はまだ降ったりやんだりだった雨も、美術館をあとにして松江を目指す頃には土砂降りとなりました。おまけに強風。
「あ〜あ、夕日はムリだねえ」
とホテルの部屋でのんびりしていたのですが、そのうちにすごい速さで西から雲が切れて空が見えてきたのです。
「わあ〜、もう少し!」

太陽が顔を出したのを確認して宍道湖夕日鑑賞スポットのひとつ、県立美術館へ向かうつもりが、曲がるところを間違えて通り過ぎてしまいました。
でもなんと運のいいことか、国交省が整備したできたてほやほやの、まだ完成式前の宍道湖鑑賞デッキが目の前に。
070420_c
宍道湖の夕日


前置き長くてすみませんねえ。その鑑賞スポットの脇にあったのですよ、今回の旅では訪問をあきらめていた「清松庵たちばな」が。
松江和菓子めぐりは翌日に控えておりますが、前夜祭ということでひとつ、いやふたつ。

070420_a
“ゆり衣” 百合根入りのあんに中は皮むきあん
(皮むきあんとはこの地方に多い、小豆の皮をむいて炊き上げた淡い色のこしあん)

070420_b
“花くれない” 花の中は求肥と芋あんを合わせたものかなあ?


松江といえば和菓子の街。和菓子消費量日本一、日常的にお抹茶をたてて飲む習慣がある、などといわれていますが、いきなり納得の味わいです。
しつこくないさらっとした甘さは、毎日のお茶請けにぴったりの上品な味。そして毎日のお茶請けにぴったりの@210円。うをーー、東京で420円の上生菓子なんてもう買わないぞー、と思わず叫びましたよ。

じつはふたつでは済まず、草大福と桜餅(こちらは@105円!)もさっくりと、さらりとしたあんこだからぜんぜんモンダイな〜いっ。


清松庵たちばな:島根県松江市袖師町11-1(JR山陰本線松江駅より車で5分)
 ※松江駅前一畑百貨店に支店あり

***
松江の主な和菓子店の主力商品は駅ビル、デパート、ホテル、物産観光館、空港などで購入できますが、「清松庵たちばな」は本支店のみの販売です。
今回の旅行では有名どころも<本店で買う>ことにこだわりましたが、試食はあちこちでしました。本人の意に反し、のべつまくなしお菓子に手を出す状態(笑)。
次回からは松江和菓子三昧ですよ〜。
向月庵/瑞雲
一力堂/姫小袖
風月堂/八雲小倉
三英堂/日の出前
桂月堂/小倉松草
彩雲堂/玄々
風流堂/朝汐
風流堂/即席しるこ 日本海
中浦本舗/どじょう掬いまんじゅう

和菓子

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007-04-18

神戸ベーカリー水木ロード店(鳥取県境港市)の妖怪パン

070418_a
あ、どうもウエンツです。鬼太郎やってますけど何か?
え? 妖怪パン? そこ、目の前にあるでしょ、パン屋さん。


というわけでなぜか境港です。天気の悪い平日だったせいか、この日は人間よりも妖怪の方が圧倒的に多い水木しげるロード。
鬼太郎と目玉おやじがくつろぐ橋のたもとに「神戸ベーカリー水木ロード店」はありました。
そしてこれがその人気商品。
070418_b

で、デカイよう。ちなみに後方ピンク色の袋の幅19.5センチ。

“ぬりかべ”カステラ生地のクリームサンド
“一反木綿”パイ生地
“ねずみ男”さつまいもクリーム、顔にクッキー生地
“鬼太郎” カスタードクリーム、髪にコーヒークリーム、目玉のあたりにリンゴ味?のクリーム
“砂かけ婆”なんだか香料を感じる粒あん

うわっ全部甘いパンだー。なんだか鬼太郎さんがいちばんかわいそうな雰囲気です。
これらを雨が降り出す直前のどんよりした妖怪広場で、目玉おやじな街灯に見下ろされながらいただきます。

このほかに“ねこ娘”(ジャムパン)と“子泣き爺”(?)がありました。妖怪オリジナルケース入りのセットにすると箱代分が上乗せされますが、ケースに入れなくたってかわいい鬼太郎の袋に入れてくれるのです。

味はコメントしませんよ。とにかく境港の名物で、旅の想い出ですからそういうものですから。
まあ、中でもまあ、ねずみ男が、まあまあ。


神戸ベーカリー水木ロード店:鳥取県境港市松ヶ枝町35(JR境線境港駅より徒歩5分) 月(祝日のときは翌日)休

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007-04-12

ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション(恵比寿)のプチパンいろいろ

3月はとにかくホームベーカリーでせっせとパンを、粉を変えレシピを変えて焼いていたのですが、その反動なのか「ああ〜ずっしりしたパン〜どっしりしたパン〜を食べたいわ〜」と迎えた4月でありました。おぅ、まずは恵比寿のロブションでバゲットだー。

というわけで恵比寿ガーデンプレイスにある「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」のパン。ここのバゲットは味わいが濃くて深くてとにかく好きなんですが、また別のお楽しみがプチパンです。
粉や焼きの濃〜い味わいをさらに凝縮したようなプチパンの数々。一度にいろいろ食べられる楽しさと、もれなく<端っこ>がついてくる嬉しさよー♪

今回はプチ具合確認のため、CDジャケットを添えてみました。ジャケ幅は14センチです。

070412_b
左上から時計回りに“プチパンセーグル”、“プチパンコンプレ”、“プチバゲット”、“プチパンアンシャン”

“プチバゲット”のツノは折れやすいので要注意。でも何がうまいってこのツノの部分がたまらなくうまい。

070412_a
左から“コンテ”、“カンパーニュミエル”

これらはプチパンではありませんが(でも小さいけど)チーズのパンをふたつ。
このたび、わたしの好きなコンテというチーズを練り込んだ“コンテ”を発見。ロブションの濃いパンにコンテ、うれしい〜。
“カンパーニュミエル”はブルーチーズとハチミツのパン。興味のある方は最後に書いた過去記事をごらんください。

070412_c
“フィグオランジュ”

オレンジと聞いて飛びついた馬蹄型の“フィグオランジュ”は、目に見えるところにはたっぷりいちじく。オレンジはどこ〜? と不安になりましたが、食べれば広がるオレンジの香り。しっかりした生地にいちじくのプチプチ感がちょっと楽しい。


ロブションの過去の記事はこちら
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション(恵比寿)/バゲットフェルマンタシオンラント(2005/4)
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション(恵比寿)/プチバゲット(2005/4)
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション(恵比寿)/カンパーニュミエル(2005/5)
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション(恵比寿)/プチ パン オ スリーズ(2006/2)
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション(恵比寿)/パン オ トマト ポワーブル(2006/2)


ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション:目黒区三田1-31-1 恵比寿ガーデンプレイス内B1(JRまたは地下鉄日比谷線恵比寿駅より徒歩5分)
 シャトーレストランのサイト●http://www.robuchon.jp/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007-04-10

開運堂(長野県松本市)/これはうまい

なんだかわたくし、ここで何度か「開運堂の“これはうまい”がうまい」とつぶやいた気がするのですが、これがその“これはうまい”でございます。

070410_a
左より“室山”、“これはうまい”、“思川”。<深山路>という詰め合わせで購入。


信州・松本の「開運堂」といえば“真味糖”、“老松”などが全国的に有名ですが、こちらのお店で圧倒的に好きなのが“これはうまい”というおまんじゅう。

070410_b
“室山”はミルク風味の白餡にココア風味の皮。皮の表面が包装紙にくっつきます。
“これはうまい”はつぶした小豆餡に鬼クルミをトッピング。
“思川”は山からみる太陽と月の輝きをイメージした黄身餡。


大正後期に創作された“これはうまい”は、田舎風の小豆餡と野生の鬼クルミが絶妙の味わいで、多くの人々が「これはうまい」と絶賛したことからそのままお菓子の名前になってしまったという、少々できすぎたお話ですが、とても親しみやすいおまんじゅうなのであります。
久しぶりに手にした“これはうまい”、もちろん「うひょひょ、これはうまい!」とつぶやきながら食べました。
ちなみに“室山”と“思川”はあまりにもふつうなお味でございます。

先月、日本橋三越の菓遊庵に並んでいたのを偶然見つけました。真味糖などと違って、なかなか東京には出てこないお菓子です。


過去の開運堂の記事はこちら
開運堂(長野県松本市)/真味糖 生


御菓子司 開運堂:長野県松本市中央2-2-15(JR篠ノ井線ほか松本駅)

和菓子

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007-04-06

松華堂(愛知県半田市)/春日和

またしても、うっとりなんです


2月にJR名古屋タカシマヤで出会った愛知県半田市「松華堂」のすてきな和菓子。あの色・形も味わいも繊細で、ただただ感激したお菓子はなおココロに残り続けております。
2月に書いたの松華堂の記事はこちら

そうして気にしてみると、あちこちで「松華堂」のお名前を見かけるのです。たとえば書店で立ち読んだ和菓子関連の本。図書館で借りた和菓子の本。そして新宿伊勢丹の和菓子コーナーの入荷予定表。
・・・え!? 伊勢丹で松華堂の棹菓子を毎週入荷しているのですかー!? 知ってしまうとすぐにでも手に入れたくなってしまうのですが、なかなか予定が合いません。というかきちんと入荷する曜日を覚えておけ>自分。

そんなある日、銀座三越の菓遊庵に何やら見覚えのあるピンクの包装紙。わっ松華堂だってーーー、と中身も確認せず購入しました。きっと大丈夫、松華堂だから。
ほら、ね。

070406_a
季節の棹菓子“春日和”(ハーフサイズ)
※申し訳ありません! 天地が逆になっておりました。関係者のみなさまには、心よりお詫び申し上げます。

春の柔らかい日差しの縁側で若芽や花をのんびり眺める、至福のひととき。春の色合いのカルカンに大納言をあしらい羊羹と浮島を重ねました。(同封のしおりより引用)


上から浮島、羊羹、大納言、かるかん、と重ねられています(※写真の注記のように、正しくは下から浮島、羊羹、大納言、かるかんと重ねられています)。
まずこの色合いにぐっときまして。春なんだからピンクだー緑色だーとのわかりやすい色彩も悪くはありませんが、かるかん部分の淡い桜色と薄緑に、うぐいす色の羊羹に、そして浮島の黄色と薄茶色にも、なんとなくもや〜んとした春の日差しを感じ、一斉に咲きだした花々を感じ、次の季節へ向けて芽吹く緑を感じます。それから桜の花の儚さも少し。 ついでにいうと飛び交う花粉や黄砂さえ・・ああっごめんなさい、熱く語る自分が恥ずかしくてつい。

味はもうほんとにうまく説明できるチカラを持っていない自分が悲しすぎますが、とにかくたった一度の購入で絶大なる信頼をおく松華堂の味です。浮島、羊羹、かるかん、それぞれのおいしさをまとめあげる上品な甘み。
はい、まさに春の日差しの中でお茶をいただいている気分であります。すばらしいです!!

というわけで、わたしを魅了する松華堂さま。またどこかのデパ地下でお目にかかれますように。季節が変わるごとにうっとりさせてください。


松華堂:愛知県半田市御幸町103番地

和菓子 デパ地下

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007-04-04

ムッシュイワン(立川)のパン、高島屋の催事にて

先日、新宿タカシマヤのイベントに立川の「ムッシュイワン」が出店していました。ちょっと気になっていたパン屋さん、出店しているとは知らずに通りかかり、思わず「うわっ」と声をあげてしまったのであります。

3月はホームベーカリーでせっせと食パンを焼いていたので、こういうパンが食べたかったのですよ〜
070404_a
少し酸味のあるパン(名前忘れた)

070404_b
2種類のチーズが入った“リュスティック”


こちらの店主が師として教えを受けたのが<ホテルパンの父>といわれる福田氏。その福田氏が仕えたのが帝国ホテルにおいて日本のホテルベーカリーの創始者となった伝説のパン職人、イワン・サゴヤン氏。わたしはもうすでに頭混乱してますが・・
とにかくその技術継承を使命とするため、店名を「ムッシュイワン」としたそうです。なんだかとても真面目な感じがしませんか。そういう話、けっこう好きです(笑)

立川はそう遠くはないのですが、駅から離れているのですよね。そんなふうにちょっと行きにくい場所にあるお店は、わざわざ行って好みに合わなかったときのことを考えると足が向かないのですが、今回のようにイベント出店してくださるととてもうれしい。
そして思いがけず手にしたムッシュイワンのパンはとても好みの味でした。丁寧に作られた味がします。石窯で焼いた風味もあります。
こんどはお店に行かなくちゃ、併設されたカフェにも行かなくちゃ〜。

070404_c
キャラメルクリームの“フリュート”、上品な甘さでお気に入り


タカシマヤ催事のパンはこちらでも
「おいしいパンと♪」ムッシュ・イワン@立川
(追記)立川のお店のレポはこちらの記事に
「Bagel Cafe Handmade」IVAN@立川


ムッシュ イワン:東京都立川市若葉町1-7-1 若葉ケヤキモール内(JR中央線立川駅北口よりバス砂川九番下車)

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2007-04-02

中浦屋(石川県輪島市)/丸ゆべし

心に残る銘菓。

070402_a
石川県輪島市「中浦屋」の“丸ゆべし”


先日の能登半島地震、まだ余震も続き不安も多いと思われますが、被災地のみなさまには心よりお見舞い申し上げます。

さて、今回ご紹介するのは被害の大きかった輪島市にある「中浦屋」の“丸ゆべし”。時期的にどうしようかと思ったのですが、本店は営業をしていらっしゃるそうなので、応援の気持ちも込めて掲載することにしました。

数年前の旅行で輪島の朝市をぶらぶらと見物し、立ち寄ったのが「中浦屋」、お目当てはもちろん“丸ゆべし”。
完熟した柚子の実をくり抜き、その中に餅米と秘伝の材料を調合して練り上げたものを詰め、蒸しと自然乾燥を飴色になるまで何度も繰り返し、完成までに4か月もかかるというとても手間のかかるお菓子なのです。そのあたりの詳しいことや保存食、携行食として生まれた歴史などはお店のサイトにありますので、興味のある方はそちらをご覧くださいね。


<柚餅子(ゆべし)>というとついクルミゆべしを思い浮かべてしまって、正直“丸ゆべし”がどんな味なのか想像できませんでした。しかしひと口いただいたらもうとりこ。柚子の香りとほのかな苦味に包まれたお餅の甘み。こんなすてきなお菓子があったなんて〜。
以前和菓子好きな方々とおすすめしたい地方銘菓の話題になったとき、迷わずこの“丸ゆべし”をあげてみたのですが、ご存知の方はいらっしゃいませんでした。やはり話を聞いただけでは味の想像もムズカシイと。

070402_b
一般的にはこんなふうにスライスしていただきます。千切りにしてお吸い物などに入れ香りごと楽しむといういただき方もあるそうですが・・・

わたしの一番お気に入りはスライスしたものを 軽 く 炙 る!! 焼いてしまわないように気をつけてね。
少し硬くなった柚餅子も炙ることで香ばしく、さらにもちっとやわらかくなって、うほほほほ。。と笑ってしまいますのよ。


去年から家人と「また丸ゆべしを食べたいね〜」と話していたところ、先月初め日本橋タカシマヤのイベントに出店されているのを知って出かけました。そのときは地震が起こるなんて思ってもみなかったわけですが、中浦屋さんもまだ営業を見合わせているお店があるんですよね。中浦屋さんをはじめ伝統ある輪島朝市に一日も早く活気が戻りますようお祈りいたします。


柚餅子総本家 中浦屋: 石川県輪島市河井町わいち4部97番地
 ※通販サイトはこちら、今回は高島屋日本橋店のイベントにて購入。

和菓子

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »