« 岩永梅寿軒(長崎)/寒菊 | トップページ | ルボワ(中野区)/コンプレ、クランベリーノワ »

2007-02-19

松華堂(愛知県半田市)の和菓子

日本の春。

070219_a
愛知県半田市「松華堂」の“薯蕷巻”@JR名古屋タカシマヤ春のめざめフェア
伊勢芋を使った薯蕷生地と赤く染めた小豆あんを薯蕷饅頭ならぬロール仕立にしています。


突然、名古屋に行くことにしたのです、先週の土日に。
短い滞在時間をどう使おう〜と頭を悩ませていた金曜にタイミングよく名古屋方面から「JR名古屋タカシマヤに松華堂のソレがやってくる」とのメールを受信。ああでも夕方にはもうないだろうなあとつぶやくと「早く行けば買えるでしょ」と家人の声。

そんなわけで買ってしまいました、松華堂のソレ。ああ〜かわいらしい〜春ですな〜。

070219_b
“野遊び”

070219_c
“春の糸”

070219_d
“紅梅”

070219_e
“春の彩り”


“春の彩り”と“春の糸”は白あん(粒)、“野遊び”と“紅梅”は粒あんですが、ひと粒ひと粒を感じるような皮の食感といい、豆の味わいといい、甘さ加減といい、そのバランスにただただ感激するばかり。きんとんのなめらかさに思わず「クリーミー?」なんて間違った表現をしてしまいそうになりましたが、それくらいなめらか〜。薄くほどよくのびる求肥餅(羽二重餅?)も何もかも、上品だけどそれだけでは表現しきれない奥の深さを感じます。

ああうまくいえないけど、これが和菓子特有の味わいなんだなあ。
ちなみに包装紙も薯蕷巻は桃色、上生菓子は黒と茶のデザインのものと区別されていました。そんな心遣いからも、お店の姿勢がうかがえるような気がします。
目にも舌にも楽しくて、4個入り1,180円。すごい「お値打ち」品ではありませんか。


でね、早く行ったおかげで「ぱぴ・ぱん」のバゲット焼き上がり時間に間に合ってしまったのですよ(笑)。それはまた後日。


松華堂:愛知県半田市御幸町103番地
 ※JR名古屋タカシマヤ地下「銘菓百選」にて2/22(木)、24(土)にも販売

和菓子

|

« 岩永梅寿軒(長崎)/寒菊 | トップページ | ルボワ(中野区)/コンプレ、クランベリーノワ »

j.愛知県のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

あれ。のーまんじゅう、ではなくて名古屋なんだー。カワイイ丸まり方ですね。おいしそうです。薯預がロールって何だか訳もなく愛知なかんじ。
上生菓子の色合いがかなり宜しいようですねー。名古屋は両口屋是清の印象が強いけど出でっち羊かんとかおいしいし、お茶文化あるから、うーん穴場なんですね。
どうしえも素敵なモンブランに見える春の糸が絶対おいしい気がします。きんとんも良いな♪柔らかいのが上等。うらやましい。

投稿: あんころりん | 2007-02-20 15:59

>あんころりんさん
開けた瞬間、あまりのかわいらしさに「わーい、のーのーのーのーだぁ」と喜んでしまいました。
今回、友人と和菓子の話から「名古屋にも立派なお茶文化があるじゃないの」となり、その中で松華堂の名前が出て、そうこうしているうちにタカシマヤに来るぞ、えーわたし名古屋行くんだけど、と。ここ数週間のメールのやり取りの流れが思いがけずこんな春らしいお菓子の出会いにつながりました。やはり持つべきは情報アンテナのはった友。
どれもこれもほんとうにおいしかったけど、お気に入りはきんとんかなー。上生菓子はそんなに食べていないけれど、上品で上等なものとわかる味でした。

投稿: kozue | 2007-02-20 17:40

愛知の和菓子も良いですねエ。
この前、笹団子さんも愛知の和菓子やってましたね。
餡トースト位しか知らないので
情報アンテナにはおそれいります。
春ですねえ。このような
季節感があるのも和菓子ならではですよね。今日当たり天気良いので鎌倉でも行くかな。
春一番が吹いてから寒くなりましたが日差しは春ですね。
(春のめざめ)アジア系の国々は
のの字好きだから受けるかも。

投稿: yottyan | 2007-02-21 10:33

kozueさん、ご無沙汰してしまいました。(汗)
春がもうそこまで来ていることを感じさせてくれる和菓子の写真の数々、とても嬉しいです。
特に「春の糸」、「春の彩り」は本当に綺麗!!
こういう優しい色の組み合わせ好きなんです~。お味の方も上品で優しいのでしょうね~。

投稿: fish&chips | 2007-02-21 10:46

>yottyanさん
春とともに花粉症もやってきましたね(涙)。
そう、この季節感が和菓子のすばらしいところでもあります。
ところでわたしも何となく感じていたのですが、なぜにアジア系はのの字好きなんでしょう?

>fish&chipsさん
こんにちは〜。やはり「春の糸」「春の彩り」にはたまらなく嬉しい気持ちにさせられるチカラがありますよね〜。感じ取っていただけてわたしも嬉しい!
とてもお上品なお味でした。そして気持ちが華やぎました。

投稿: kozue | 2007-02-21 17:49

シンガポールのガイドさんの話に
よると、アジア系の方は丸い物が
好きで、のという字は神秘的で
書きやすく、また接続詞にも
なるので、のが形から入りやすいそうですよ。
ある街で陳の店とかなになにの家
とか書いてあると日本語通じるのかなと入ってみても、ぜんぜん
通じない店がほとんどでした。
のが好きみたいですよ。
日本文化みたいで売れるんじゃないですかね。

投稿: yottyan | 2007-02-21 18:19

>yottyanさん
なるほどね〜
「め」じゃだめなのかなって思ってもいたんですけど、「め」はちょっと違うわけですね(笑)

投稿: kozue | 2007-02-22 14:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/13977487

この記事へのトラックバック一覧です: 松華堂(愛知県半田市)の和菓子:

« 岩永梅寿軒(長崎)/寒菊 | トップページ | ルボワ(中野区)/コンプレ、クランベリーノワ »