« 清風堂(長崎)/チーズカステラ | トップページ | be-ブーランジェピシエ(新宿)/パン・オ・ブール »

2006-12-04

岩永梅寿軒(長崎)/カステラ

もっちりカステラ


母はカステラを切ると洋皿に寝かせて出しました。カステラって洋菓子? 和菓子?
洋皿に出すなら立てて、寝かせるなら和皿でしょ? といわれたことがあるのですが、カステラの写真って、たいがい和皿に立ててありますよねえ。ああでも銀座文明堂のカフェはどうだったかなあ・・・
と、そのこたえはいまだにわからないのですが、そんなことはどうでもよくて。

長崎にはカステラのお店がいくつもありますが、今回は和菓子屋さんのカステラです。
天保元年(1830年)創業という「岩永梅寿軒」は、商店街を歩いていると現れる、歴史を感じさせる店構え。1日40本(だったかな)限定のカステラは、ずっしり重たくてもっちもちなのです。
061204_a

これが大のお気に入り。自身の重みで高さが低め、もっちり感は他店のカステラではちょっと味わえません。
なんでも材料の配合は代々口伝えで受け継がれたもの。すべての味・品質に自分の目が届くよう、店主は支店を持つこともなく、一店舗のみで続けていらっしゃるということで、もちろん空港などで買うこともできず、お店に行くしかないのです(お取り寄せはできます)。


ひとつ150円程度の季節の和菓子。見た目かわいらしくて素朴な味でした。
061204_b


岩永梅寿軒:長崎市諏訪町7-1(路面電車公会堂前電停または賑橋電停より徒歩6分) 不定休
長崎しにせ会
 →梅寿軒紹介ページはこちら
 →通販ページはこちら

和菓子 

|

« 清風堂(長崎)/チーズカステラ | トップページ | be-ブーランジェピシエ(新宿)/パン・オ・ブール »

c.和菓子」カテゴリの記事

d.洋菓子」カテゴリの記事

コメント

メンテたいへんでしたねー。
早く書きたかったんです、気になって。
ともあれ、
またまたカステラより惹かれる物が。
柿ちゃんのお隣はいったいなーに?
柿ちゃんもとてもうぶくて愛らしいけど
その隣の不思議な生き物はカピバラでなくて
えーとET?黒豆?がどうしてこーなるのですかね?
しかも何から生まれたのですか?この二人。
あーごめんねカステラだけど。でも気になって気になって。
カステラの味に早く目覚めたい私で

投稿: あんころりん | 2006-12-07 21:20

ずっとエラーになってしましました。
メンテ中だったのですね。
でも、メンテされなかったようで
大変ですね。ブログというのも
今、うちのが調子悪いです。

ここのお菓子も可愛いですね。
長崎のカスティラは和ですよね。
新年一発目にお取り寄せしようかな。
年内はもう、お菓子でいっぱいでしょうから。(^_^)v(プリマリさんとか)

もちもちしっとりのカスティラを
探していました。

私も書きたくてうずうずしてました。(●^o^●)

投稿: yottyan | 2006-12-08 00:14

おおおおさっそくにありがとうございますー。

>あんころりんさん
それがですね、あのカワイコちゃんのお名前のメモを紛失しまして、たしかきんとん製ですが、とにかく記憶も曖昧で・・・柿も中のあんは白だったか小倉だったかすら・・・とにかく可愛いので載せました。
たしかに名前をみて「なんで黒豆?」と思ったのですが、もしかして夕日に鳥? とも見える今日この頃でございます。ごめん、ぜんぜん疑問に答えてないわ。

>yottyanさん
もちもちしっとりをお求めなら、おすすめします!
関東でもデパートや物産展でわりと手に入りやすい福砂屋や松翁軒、もちろん文明堂などともまた違った味わいです。

投稿: kozue | 2006-12-08 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25348/12930503

この記事へのトラックバック一覧です: 岩永梅寿軒(長崎)/カステラ:

« 清風堂(長崎)/チーズカステラ | トップページ | be-ブーランジェピシエ(新宿)/パン・オ・ブール »