« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006-09-28

リンデ(吉祥寺)/ロッゲンフォルコンブロート

ライ麦パンお買い得セット

Linde_03s

あいかわらず時々購入しています、「リンデ」のライ麦パンセット、1袋3種入りで525円。
以前の記事に書いた、2袋以上買ってさらにお買い得、というのは残念ながらなくなってしまいました。
※過去のリンデの記事はこちら→リンデ(吉祥寺)

お買い得セットには<ドイツパン>と<ライ麦パン>があり、プレッツェルなどがお好きな方はドイツパンのセットを選ぶと思いますが、わが家は酸っぱいライ麦パンが大好きなので、いつもライ麦パンセットの、中でも酸味の強そうなのを選んでおります。
パンの組み合わせはほとんど袋の数だけありますので、好みのパンを選ぶのは真剣です。何に対してかわかりませんが戦いです。

ライ麦82%の“コサッケンブロート”などが酸っぱくてよろしいのですが、今回はライ麦100%のパンがふたつも入ったものをチョイス。

Linde_04s
“ロッゲンフォルコンブロート”


ライ麦100%といってもそれほど酸味を感じないのは、生地に練り込まれたヒマワリの種、亜麻の実、ライ押し麦の味わいによるところもあるようで、ずっしりと重たいパンの中にいろんな旨味や恵みがつまっていると思うと感謝せずにはいられないのです。ありがとうありがとう。
これにあわせようと買ってきたチーズがイマイチでゴメンゴメン。でもロッゲンフォルコンブロートのおいしさはじゅうぶん感じたから許して。

Linde_05s
“ロッゲンザフトブロート”もライ麦100%。すごーく目のつまった蒸しパンのようなしっとり生地。


ライ麦パンの、手にとったときにずしりと感じる重さがたまらなく好きです。


ベッカライカフェ・リンデ: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-27(JR中央線、京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩3分)
 web●http://www.lindtraud.com/

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006-09-26

ペック(新宿)/フォリエッテ

お食事パン。


バゲットやカンパーニュを食べているといろいろ欲も出てきて、次はライ麦率の高いものだとか、何かを練り込んだものだとか、とにかくいろいろ食べてみたくなってしまいます。それが続くとこんどは食パンの気分になって、近くのパン屋さんを順番にめぐっているとまた次の欲が・・・。

そんなメビウスの輪の途中で手に取ったパンは「ペック」のオリーブオイルを使ったイタリアパン“フォリエッテ”
Peck_05s

これはいったい何の形? とひっくり返してみたら、なんだかかわいらしかった。で、何の形?
Peck_06s

きめ細かくつまった生地は色白で、皮はかりかりっとしていて、必ずやお料理を引き立ててくれるお食事パン。ペックのシンプルなお食事パンにはときどきグッときます。
バターたっぷりのパンも好きですが、からだによろしいオリーブオイルのパンの風味も好き。家ではときどき村上祥子さんレシピのこねなくていいパンを作りますが、バターをオリーブオイルに代えて作ることもあるのです。


いつの間にか家人がペックのお惣菜コーナーに吸い寄せられている。だーめだめ、それでは敵(?)の思うツボだから。

※前回のペックの記事はこちら→ペック(新宿)/チャバティーナ・フォルマッジョ


ペック:渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤ新宿店B1、タカシマヤ他店にも出店
 web(イタリア)●http://www.peck.it/

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006-09-21

松島屋(高輪)/豆大福

お彼岸前に、10年近くご無沙汰してしまった祖母のお墓参り。りんどうの花と、保冷バッグを持って。
え? 保冷バッグ?

その日はとてもとても蒸し暑いなか、汗とお線香の煙にまみれながら
「父さんがそちらへ行きましたので、どうぞよろしくね」
なーんてさらりとお参りして、これだけで済むわけがありません。だってここは高輪。

Matsushima02s

お寺から、思ったよりも曲がり角ひとつ少なく到着したのは「松島屋」でございます。おお、お大福がたくさん並んでいらっしゃいますわよ。
そう、それで保冷バッグ。この蒸し暑さであんこが痛んだら悲しいものー。
幸い行列はしていませんでしたが、お客さんは途切れることなくやってきます。

Matsushima03s
すぱっと切ってみた。左からきび大福、草大福、豆大福。
たくましく頼もしい粒あんがうれしい松島屋。

きび大福は初対面でした。「うひょーうまいうまい」と笑いながらきび、草といただき、最後に豆大福。「うーむ」、一瞬笑いが止まって思わずうなります。豆餅の塩加減が大福のみならずわたしの気持ちもひきしめる。感激、感激であります。そしてまた笑顔に戻るのです。うひゃひゃひゃ。

去年の松島屋の記事はこちら

例によってあんころりんさんの記事もご覧になってね。今回は買えなかったけれど、松島屋はみたらしだんごもおいしすぎるのよ。
松島屋ああ松島屋、福の神 豆の福が和む店,豆大福きび大福まめ餅…


松島屋:港区高輪1-5-25(地下鉄南北線・都営三田線白金高輪駅または都営浅草線泉岳寺駅より徒歩5分)日休、月不定休

*はじめ「きび大福」を「粟大福」と書いてしまいました。あんころりんさんのご指摘により、あわてて訂正いたしました。あんころりんさまにはいつもいつもお世話になります。

和菓子 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006-09-19

ペック(新宿)/チャバティーナ・フォルマッジョ

スモークチーズが好き。


新宿タカシマヤに行ったら2回に1回は買うのが「ペック」のパン。あとの1回は「ラ・バゲット」。
※過去の記事はこちら。
ペック(新宿)
ラ・バゲット(新宿)


その「ペック」で、このところたいへんなお気に入りがこれ、“チャバティーナ・フォルマッジョ”。
Peck_03s

ペックの定番“チャバタ”の生地にこまかく刻んだスモークチーズがたっぷり入って、スモークの独特な香りが、でもそれほど強烈でもなく口いっぱいに広がります。
早い話、スモークチーズが好きなのだ。


ちなみにこちらはゴルゴンゾーラ入りの穀物パン“パーネ・チェレアーレ”。
Peck_04s

といってもゴルゴンゾーラはかすかに香るだけ。そこが残念ではありますが、穀物たっぷりのパン生地が好きです。オートミール、亜麻仁などなど、ちょっとカラダによさそうなものがいろいろ入っています。
むしろゴルゴンゾーラが香らない分、生地を味わえるのかもしれません。


それにしても新宿タカシマヤにはパン屋さんが多いような気がします。個人的にはペックとラ・バゲット以外にココロ躍るパンがないのですが。


ペック:渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤ新宿店B1、タカシマヤ他店にも出店
 web(イタリア)●http://www.peck.it/

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006-09-12

銀座かずや/かずやの煉、煉り菓子

好奇心。


先日、銀座博品館劇場へ花組芝居の公演を観に行ったとき、そうだそのついでに寄って見ようと思い立ったお店がありました。
とてもとても気になっていた「銀座かずや」です。

予約必至だとか買えないとかいわれてあきらめていましたが、買えちゃったというひとがいたので行ってみたら、ほんとだ買えちゃった。買えるのですよ、みなさん。
→買えちゃった代表、あんころりんさんの記事はこちら

Kazuya_01s
“かずやの煉”、この日はプレーンタイプと抹茶、ねり黒(笹包みの中)の3種類。


「銀座かずや」は有楽町のビルの奥に「菓子」とだけ看板を出した小さなお店で、日本料理の修業をした若いご主人がひとりで切り盛りなさっています。くわしいことはお店のサイトなどをご覧ください。


さて、1日限定192個という“かずやの煉”。基本の材料は小麦粉、澱粉、砂糖、牛乳。このシンプルな材料をじっくり煉り上げてぷるーんとしたお菓子になるわけですね。そうか、じっくり煉り上げて・・・

そこで思い出したのが、以前NHKの朝ドラ「ほんまもん」の、心を無にして<胡麻豆腐>を煉り上げる野際陽子さん演じる尼僧の姿。ああそうだよ胡麻豆腐だよこの触感といい食感といい、それなら日本料理の技術というのもうなづけるし。とすると、胡麻から出る油脂を牛乳の乳脂肪で代用したわけだな、というのはシロウト考えですが。
実際、商品として完成するまでに大変な時間がかかっているようですから、簡単に「胡麻豆腐でしょ」なーんていってはいけませんね、はい。
しかしさらに申し訳ないことに、わたしにはこの牛乳を使った味わいがやや口に合わず。おかしいな、洋菓子好きだし牛乳も飲むのに。

だけど抹茶の苦味はなかなか好感の持てるものでした。実は抹茶味のお菓子はほとんど興味がないのですが、この大人な苦味を活かして牛乳使わなかったらどんな感じだろうと思ったところ・・・


Kazuya_02s
“煉り菓子”新商品3種。水抹茶、とうきび、黒糖


こちらは通販も可能な“煉り菓子”のセット、従来の<抹茶、南瓜、紫芋>のセットに新たに加わったものです。基本の材料は“煉”と同じ。

この中の“煉り水抹茶”が牛乳を使わずに葛粉を加えたもの。そしてこの“煉り水抹茶”がいちばん口に合いました。
加えて密かにいちばん期待していた“煉りとうきび”。とうもろこしの細かいつぶがザラザラと舌にあたり、とろ〜り感は半減しますが、これは牛乳使っていても「あり」な味です。

ということでわたしのオススメは“煉り菓子”の<水抹茶>と<とうきび>なのでした。


おまけ、“丹波栗あんよせ”。
Kazuya_03s
ええそうですよ、ちょっとはしゃぎすぎて結局全種類買っちゃったのですよ。

断面の栗が、あんころりんさんの記事よりはるかに大きかったので思わずガッツポーズ(笑)。でもほかの切り口はけっこう小さかった。つまり栗の大きさがバラバラなのです。
これはこれで悪くはありませんが、わざわざ選ばない。けっこう甘いし“かずやの煉”ほどの話題性もなし。もちろん好みのモンダイですけれど。こちらも通販してます。


ちなみにわたしがお店に行ったのは11:45頃。ひとり注文していて、ひと組待っているだけでした。わたしの注文終えて出てきたら7〜8組の列。
予約だけして2時前に受け取りに行くと、「本日売り切れ」の貼り紙をみてがっかりした家族連れに「今日はお客さまが集中して、1時前には売り切れてしまいました」と説明する店主。ということは、それまでならけっこう買えるということかしら? でもまあ店頭でしか買えない“かずやの煉”を確実に手に入れるには予約するのがよいということでしょう。

少し気になったのが消費期限。どれもサイトに表示されていた期限の半分だったのですが、それは暑い日だったからでしょうか?


銀座かずや:千代田区有楽町1-6-8 松井ビル1F(JR有楽町駅より徒歩3分) 日祝休
 web●http://www.bibi21.com/kazuya.html
 公式通販サイト●http://www.ginzakazuya.com/

和菓子 

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2006-09-06

箱根ベーカリー(箱根湯本)/暁パン

旅パン その2


今回の箱根旅行は仙石原のホテルに泊まったのですが、広々としたお庭に大量のキノコ発生。いやー箱根って楽しいわ、老後は箱根で暮らしてもいいわ、なんて思ってしまったのは内緒です。
で、箱根って楽しいわ、の楽しみのひとつが箱根湯本ホテルの「箱根ベーカリー」のパンでした。
前回の箱根ベーカリーの記事はこちら

Hakoneb_04s
“「暁」パン”はそば粉入り


フランスでもそば粉を食べるので、そば粉入りのパンってそんなに珍しいものではなくなりました。でもわたしはガレットは好きだし日本の蕎麦も好きだけどそば粉入りのパンにはとくに思い入れがない。というか食べて気に入った試しがない。なのに買ってみたのはなぜでしょう。
それはホテルの経営する「箱根暁庵」というお蕎麦屋さんと同じそば粉を使っていて、その箱根暁庵の職人さんたちが蕎麦打ち界のカリスマ・某氏と並んだ笑顔の写真を送迎バスの中で見たからです。はい、ただそれだけです。

厚めのガリッとした皮の中は蕎麦の実入りのもちっとした生地。ほんのり甘みを感じますが、何よりしっかり蕎麦の味がします。へえ〜、こんなそば粉入りパンなら好きですぜ。


Hakoneb_05s
“チャバタ”も人気商品


チャバタといえば高島屋「ペック」のチャバタをよく食べるせいか、紙袋にしみ出した油分をみてちょっと不安になりましたが、食べてみるとそれほどでもありません。

ということで今後は箱根へ行ったらできる限り寄りたいと思います、箱根ベーカリー。


箱根ベーカリー:神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋184 箱根湯本ホテル別館(箱根登山鉄道箱根湯本駅より専用送迎バス、または徒歩15分)
 箱根湯本ホテルのサイト●http://www.hakone-yumotohotel.com/
 ※箱根ベーカリーは以前、飯田橋にもお店を出していましたが、今年6月に閉店しました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006-09-05

箱根ベーカリー(箱根湯本)/バケット

旅パン その1


先週、箱根へ行ってきました。
まず向かったのが「神奈川県立生命の星・地球博物館」。いや〜箱根旅行でこんなところに立ち寄ろうなんてひとはいるのでしょうか。
11月5日まで特別展「ふしぎな生きもの菌類 〜動物?植物?それとも?〜」開催中(わかる人はわかると思いますが、家人は大変なキノコ好き)。これが思いがけずおもしろくて、たった200円で大興奮の二人連れでありました(笑)。

さて、大はしゃぎしてお腹を空かせランチです。家人から「いきなり菌類で盛り上がって、今回はパンの楽しみもなくてごめんなさい」といわれましたが、え? 今回パンがないって誰かいいましたっけ?

Hakoneb_01s
「箱根ベーカリー」一番人気の“クロワッサン”


箱根湯本駅から「箱根湯本ホテル」の送迎バスに乗って別館へ。ここのピッツェリア「ラ・マニョーリア」でおいしいランチの後、同じフロアにある「箱根ベーカリー」へ行くとしっかりスケジュールに入っていますから。

あ、その前に箱根でパンといえば宮ノ下の有名店ふたつ、箱根富士屋ホテルの「ピコット」と温泉シチューパンが人気の「渡辺ベーカリー」。
個人的には、ピコットはああちょっとなつかしいけどねって感じだし、渡辺ベーカリーはああ食べやすいけどねって感じ。ちなみに渡辺ベーカリーの“梅干しあんぱん”は却下。人気があるとかおいしいとかききますけど却下。誰がなんといおうと猛烈に却下。
過去の「ピコット」の記事はこちら


で、「箱根ベーカリー」。
これがとても好きな味。わざわざ送迎バスに乗ってきた甲斐がありました。
すべて天然酵母と箱根観音沢の湧水を使っているそうで、お店のリーフレットに「箱根のパンはおいしい顔をしています。」とありますが、まさによいお顔をしていらっしゃいます。

Hakoneb_02s
お店自慢のサクサク“クロワッサン”も好きですが、何よりお気に入りはこの“バケット”。厚めの皮で噛みごたえじゅうぶん、噛めば噛むほど広がるおいしさ。

そのバケットを、大名行列をイメージしたこんなかわいい袋に入れてくれるのですよ。
Hakoneb_03s

ああ箱根に行く楽しみが増えましたね。


箱根ベーカリー:神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋184 箱根湯本ホテル別館(箱根登山鉄道箱根湯本駅より専用送迎バス、または徒歩15分)
 箱根湯本ホテルのサイト●http://www.hakone-yumotohotel.com/
 ※箱根ベーカリーは以前、飯田橋にもお店を出していましたが、今年6月に閉店しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-09-01

ダンディゾン(吉祥寺)/オーベルジーヌ

吉祥寺「ダンディゾン」の新製品、ナスのパイ。

Dan_17s
“オーベルジーヌ”


わかる〜? 見るからに軽やかな折込生地の層。
トッピングのナスの下には、ナスとトマトのピューレがたっぷり。あーでも少し時間をおいて食べたので、ちょっと油分多めな印象でした。やはりこういうものはすぐに食べないと、と反省しております。


ダンディゾン:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28-2(JR中央線、京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩5分) 水、第1・3火休
 web●http://www.dans10ans.net/

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »