« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006-02-27

俵屋吉富(京都)/龍鳳

京菓子のココロ


今回の京都旅行、パンの記事が続いておりますが、食べることに関しては「餅」に重点を置きました(笑)
ちなみに「出町ふたば」以外には
 下鴨神社参拝のついでに「加茂みたらし茶屋」の“加茂みたらし団子”
 今宮神社参拝のついでに「一和」の“あぶりもち”(炙った香りがたまらん!)
 北野天満宮参拝のついでに「粟餅処澤屋」の粟餅だんご(粗めのきな粉がうまい!)
など。いいですか、あくまでも参拝の つ・い・で なのですよ。
もうひとつ上賀茂神社参拝のついでに「神馬堂」の“やきもち”を食べられたらいいなあと思っていたのですが、残念ながら売切れでした。ええもちろん参拝できたからいいんですついでですから。


ではちょっと餅をはなれて老舗の京菓子店「俵屋吉富」へ。
こちらの烏丸店には「ギルドハウス京菓子資料館」が併設されています。展示室はそんなに広くありませんが、飴や干菓子を使った「糖芸菓子」の展示がみごとでした。

[和菓子]という言葉は[洋菓子]に対していわれるようになったもので、それよりもずっと以前から『京菓子』という言葉があったのですよ、だとか、京菓子の江戸進出は昔から行われていて、天皇とともに江戸へ向かい成功をおさめた「とらや」も実はその前に江戸進出に失敗している、京菓子の繊細な味は江戸人の舌には合わなかったらしい、だとか、ところどころ老舗のプライドを感じるお話も伺いました。


さて、本店と烏丸店の2店のみで扱っている“龍鳳(りゅうほう)”という棹菓子。
ryuho_s

俵屋吉富の看板商品、さらにはわが家の人気菓子“雲龍”の姉妹品です。
“雲龍”の記事はこちら

餡の色が雲龍より少しやさしい色合いなのは小豆餡と白餡を練り合わせてあるからです。その中の粒つぶ小豆は<白小豆>。まわりの白い村雨(そぼろ状の餡)も<白小豆製>。
「白小豆」というだけでありがたい気持ちがしてしまうのはわたしだけでしょうか。お味も雲龍よりちょっと<おめかしさん>な印象です(それじゃわからないよねえ:笑)。
雲龍に比べてすっきりした味。すっきりした分、甘みの感じ方が舌のうえにまったりと広がるのではなく、舌に垂直にしみてくるように思えたのですが、それは体調のせいかもしれません。

この“龍鳳”、俵屋吉富のサイトにも掲載されていないんですよね。お店で気づいてよかったよかった。


俵屋吉富(烏丸店):京都市上京区烏丸通上立売上ル(地下鉄烏丸線今出川駅) 水休
 ※都内にはタカシマヤ日本橋店、西武池袋店に店舗あり
 web●http://www.kyogashi.co.jp/

***

苔のむす豆・・「金谷正廣」“真盛豆(しんせいまめ)”

長くなりますが和菓子つながりでもうひとつ。
京都へ行くと必ず寄るのが京都市動物園の近くにある「無鄰菴(むりんあん)」。観光客のほとんどいない静かな庭園を眺めながら、お茶の心得もないのに緋毛氈の上で一服いただくのが好きなのです。

そこでいただいたお茶請けが「金谷正廣」の“真盛豆(しんせいまめ)”
団子状の州浜(すはま)の中心には煎った丹波産黒豆、表面にはまんべんなくたっぷりと青海苔がかけられ、見た目はまるで<マリモ>(笑)、まさに<苔むす豆>って感じ。

このおもしろ〜い味、想像できますか? 香ばしいきな粉と青海苔の調和。かの豊臣秀吉が茶会で賞賛なさったそうですよ。
なんじゃこりゃーなおいしさです。いや好き嫌いはわかれるかもしれないけれど。京都の駅ビルでも買えるって、帰ってから知りました。


金谷正廣:京都市上京区下長者町通堀川西入ル 水休

和菓子 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006-02-23

東風(京都)/いちぢくのパン

こんなところにも今どきのパン屋さん


市バスに乗って「赤山禅院」を目指そうと思います。<もみじ寺>として有名だそうですが、この季節ですからお目当てはもちろんもみじではなく“おみくじ”。
fukurokuju_s
赤山禅院のおみくじは福禄寿さまのお人形に入っています。かわいい〜


でもその前に、2つほど手前のバス停[一乗寺下り松]で降ります。すでに京都市中心部からは少し出ていますが、向かうのは住宅街にある「東風(こち)」というパン屋さん。“雑穀パン”を目当てに行ったのですが・・・。
やはり週末はお客さんも多いようで、伺ったときはもうパンが3種類しかありませんでした。

kochi_1s
“いちぢくのパン”いちぢくのほかにレーズン、クルミがたっぷり入っている。


重量のわりに食べるとさらっと軽いパン。ちぎるとパコッとわれるような(引きがないともいう)。
ざくざくと入った木の実と合わせるには、個人的にはもう少しもっちりした生地が好みなのであります。


ちなみにバス停から東風とは逆方向へ行くとこれまた住宅街に「こせちゃ」というパン屋さんも。こんなところにまでも今どきパン屋さんの波。なんだかすごいな京都。


東風:京都市左京区一乗寺払殿町12-17(叡山電鉄一乗寺駅) 火水休

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006-02-21

ル・プチメック(京都)/渋皮つきの栗と柚子のパン

それにしても京都はパン屋さんが多い


京都はほとんど市バスで巡ったのですが、車窓からの景色にたびたび見えるのはパン屋さん。通りによってはバス停1区間に1軒はあるんじゃないかという勢いで、競争激しそうなどと余計な心配までしております。
何店かは雑誌にも掲載されたりしてわたしも名前を知っていますが、その中のおそらくダントツ人気店「ル・プチメック」に寄りました。

petmec_01s
朝からこんなの食べちゃったよ“カレーパン1号”(左)と“カレーパン2号”。
2号は辛い! だんだんじわじわぴりぴりと辛い。


このお店の楽しさは行かなくちゃわからない。いってみれば「ごちゃごちゃしすぎ」、でもそのごちゃごちゃがかわいくて楽しい。
こちらはイートインカフェがあります。朝早い時間に行ったらもうのんびり朝食している男性の<おひとりさま>がいらっしゃいました。
お惣菜パンがたくさん並んでいて、つい油脂分多めのパンを選ぶはめに。お店を出ようとしたらバゲット類が出始めて、また並んじゃったりして。旅先で何をやっているのやら。
パンはどれもおいしいです。どれを食べてもハズレはなさそう。近所にあるとうれしい街のパン屋さんであります。

栗と柚子のバランスがステキ〜“渋皮つきの栗と柚子のパン”
petmec_02s

じつはパン以上に楽しみにしていたのが瓶詰めの“ブロッコリーのプリン”。カラメルシロップの蒸し焼きプリンにブロッコリーの先端の粒つぶがたっぷり入っているのですが、これがなんだかおいしいのですよ。自分でも作ってみたくなっちゃうくらい。たぶん作らないけど。
プリンとブロッコリーの組み合わせもおもしろいのですが、<アンチ・なめらかプリン派>としてはこのしっかりしたプリンもうれしいのでした。

レストランなどにパンを卸している関係で、お店は現在週末しか営業していないので、朝早くからお客さんがいっぱいです。


ル・プチメック:京都市上京区今出川通大宮西入ル(市バス今出川通大宮下車) 金土日祝のみ営業

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006-02-20

出町ふたば(京都)/豆餅

答えが出ました

demachi_2s
「出町ふたば」の“豆餅”(左、餡入り)と“福豆大福”です。

ご存知の方も多いと思いますが、「出町ふたば」の“豆餅”はときどき東京でもデパートのイベントに出ます。そのたびにたいへんな行列です。
わたしもここ数年、少なくとも年1回は並んでおります。そのたびに、あーやっと買えたわ〜と微笑み、あーお餅のやわらかそうなよい香りがする〜と喜び、食べては「???」な感じで、そしてやっぱり豆大福は東京に限るわね〜と思う。毎回それを繰り返すのです。
この人気の秘密はやはり京都の本店へ行かなければわからない、行かねば、行こう、で行ってきました。

京都という先入観からか少しお上品な印象を持っていた豆餅ですが、本店は商店街にあるふつうの和菓子屋さんです。そしてやはり行列してます。
しかしその客さばきはなんとも気持ちよく、東京ってこういうところがわりとダメだったりするんだよなーなんて思いながら順番待ちです。

こうして手にした“豆餅”。食べて思わず家人と顔を見合わせました。

 う ま ー い !

餡はさらりとしたこしあん。塩のきいた餅はほどよい硬さと弾力で、これなら並ぶよ並んじゃうよいつだって。京都まで来てよかったねーほんとよかったねーってアホみたいに感激してます。

ちなみに写真右の“福豆大福”はお餅の中にえんどう豆ではなくて大豆を薄甘くやわらかく炊いたものが入っています。節分の頃に販売されるという話をきいたのですが、販売期間は確認していません。
こちらも餡はこしあんですが、豆餅のえんどう豆に比べて大豆はやわらかく食感がずいぶん違うので、こしあんだとややもの足りない。ここは粒あんの方がいいのになあという印象です。

大豆餅の大福は初めてだったのですが、最近あんころりんさんが神田のお店について記事を書いていたのでご参考までに。
→あんころりんさんのブログ福は!内、大福はもっと内 大豆の豆大福「神田亀澤堂」


demachi_3s
“田舎大福”(左、よもぎ餅)と“桜餅”


こちらもこしあん。もしかして餅菓子に粒あん商品はないのか?
“田舎大福”はよもぎの香りはするんだけど、もっと素朴な味を期待しただけに全体として「?」でした。
驚きは“桜餅”。ころんと丸い桜餅を2枚の桜の葉ではさんであります(写真は上の1枚を取って撮影)。関西なので道明寺タイプですが、この道明寺のお餅が厚みがあってもっちりしていてすごーくおいしい! ただし桜の葉はかなりしょっぱいです。ノド乾きます。


そんなこんなで結論。もう東京では並ばない。


出町ふたば:京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236(京阪電車出町柳駅) 火、第4水休

※2006-2-23追記
この記事に触発されて、同じ頃に新宿小田急百貨店の京都展で出町ふたばの豆餅を購入されたあんころりんさんからTBいただきました。
→あんころりんさんのブログ「もっちり〜出町ふたばの「豆餅」 トラックバックって何?
「うまい豆大福は生鮮食品である説」のお仲間であり、<豆大福は粒あん派>代表あんころりんさんの視点からの豆餅をぜひごらんくださいませ。

和菓子 

| | コメント (9) | トラックバック (5)

2006-02-16

マリーフランス(京都)/小倉あんぱん

mf_1s
アタシ、かわいい?


かわいいけど、中はこんなことになっているのですよ。
mf_2s
なんじゃこりゃっ!


京都「マリーフランス」の“小倉あんぱん”です。あんぱんというより、大きな粒あんのかたまりを薄いパン生地で包んだもの? その高さ約6センチ。
これをどーーーしても食べたくてねー。

あんこ好きな家人もさすがに「こんな巨大あんぱん、くどくて食べきれないんじゃないか?」と心配していましたが、ずっしり重量級の粒あんは思ったほど舌には重くなく、さらっとしていてほどよい甘さ。つまりあっというまに食べてしまいましたとさ。
おいしいよーう。食べられてよかったよーう。

しかもこのあと「出町ふたば」の豆餅を続けて食べたんです。ご心配なく、さら〜っと食べられます(笑)。もちろんそれは食べ過ぎだけど。

今出川通に面した小さなお店です。地元の人気店とみえて、ひっきりなしにお客さんがやってきます。


マリーフランス:京都市上京区今出川通新町西入ル元本満寺町307(地下鉄烏丸線今出川駅) 日、第1・3月休

***
ああ、そんなわけでさっくりと京都へ行ってまいりましたのですよ。まさに「そうだ 京都、行こう。by JR東海」ってな感じで。
しばらく京都ネタご紹介いたします。乞うご期待。

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2006-02-15

クリスティーヌ・フェルベールのジャム

ジャムの妖精がつくるシアワセの味


先日、新宿伊勢丹で開催された「サロン・ド・ショコラ」にも出店していた「クリスティーヌ・フェルベール」。
「ジャムの妖精」といわれるフェルベールさんのお店です。あ、最近はジャムではなくて、コンフィチュールっていうらしいのですが。

去年の「サロン・ド・ショコラ」以降、伊勢丹でも定期的にネット販売をするようになりました。
じつは去年のサロン・ド・ショコラでたまたまフェルベールさんの実演に通りかかったのですが、ジャムの妖精はTV番組「世界ウルルン滞在記」出演(2004/7放送)や雑誌掲載などで日本でもかなりの有名人でいらっしゃいまして、取り囲む女性客のうっとりしたりキラキラしたりとにかく幸せそうな表情に少しコワイものを感じてしまい思わず引いてしまったのであります。
でも会場内のバーでいただいたフェルベールさんのショコラはとてもおいしかった。


さて妖精のつくるジャムです。
これがものすごい種類があって、どれにしていいか迷う迷う。どれもステキな組み合わせだし、どんな味だろうってワクワクするし、それにどのジャムも色がきれい。迷って迷って結局決められないよー。というわけで去年は買えずじまいのおバカさん。
今年こそはと選んだのが“ルバーブ(ローズマリーのはちみつ入り)”(左)と“金柑”です。
fervr_1
金柑のラベルに[Kumquat]ってあるのを見て、「キンカンって日本語じゃなかったのかーっ?」と思ってしまった。


うまく言葉で説明できないけれど、これが「ジャムの妖精」といわれる味なのねって[舌]でわかる。自分の知っているジャムとはまったく違うもの。なんだかとってもフレッシュな感じが口の中にシアワセを運んでくれます。

ルバーブはほんのり酸味を感じますが酸っぱくはありません。
金柑もこれを鍋で煮詰めてフランスから運んできたのか!? と思えるくらいフルーティで新鮮な味わい。
でもジャムがおいしすぎて、その個性をどんなパンやチーズに合わせるべきか、冷凍室に詰め込まれたパンをながめながら悩める日々なのでありました。


フェルベールのジャムを購入できるサイト
クリスティーヌ・フェルベールSHOPのサイト
伊勢丹新宿店のクリスティーヌ・フェルベールのページ

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006-02-10

ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション(恵比寿)/パン オ トマト ポワーブル

このパンをみたとき、井上和香ちゃんのくちびるを思い浮かべてしまいました。

rob_08s
「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」の“パン オ トマト ポワーブル”。


かわいいっていってるのよ。

ドライトマトの濃厚な旨味に加え、パンチの効いた黒胡椒。軽くひっぱたかれたような気がするかもしれません。
でも和香ちゃんを見てもこのパンは思い浮かびませんでした。


ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション:目黒区三田1-31-1 恵比寿ガーデンプレイス内B1(JRまたは地下鉄日比谷線恵比寿駅より徒歩5分)
 シャトーレストランのサイト●http://www.robuchon.jp/

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006-02-09

ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション(恵比寿)/プチ パン オ スリーズ

写真展後のお楽しみ


先日、恵比寿の東京都写真美術館で「植田正治:写真の作法」(終了)と「写真展・岡本太郎の視線」(2/18まで)を見てきました。なんだかよかった。どちらも胸にぐっときました。
会場を後にしても余韻に浸りながらぼんやりと歩きます。ぼんやりではありますが向かうところははっきりしています。目の前ですから。

rob_07s
「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」の“プチ パン オ スリーズ”。
こういう形に弱いのよ。


ロブションの店内に入ったとたん、何かのスイッチがONになりました。写真展の記憶はひとまず隅へ追いやって、パンに集中。
このパンは初めてお目にかかるような気がします。

“パン オ スリーズ”は全粒粉のパンにサワーチェリーがごろごろ入ったパンですが、写真はそのプチサイズ。サワーチェリーがはっきりと酸っぱいパンです。クセのないクリームチーズとともにいただきました。
こういう酸味にも弱いのよ。


恵比寿からの帰り道は、手提げの中から漂うパンの香りとともに、ふたたび写真展の余韻に浸ります。


ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション:目黒区三田1-31-1 恵比寿ガーデンプレイス内B1(JRまたは地下鉄日比谷線恵比寿駅より徒歩5分)
 シャトーレストランのサイト●http://www.robuchon.jp/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006-02-06

鶴屋吉信(京都・東京)/福ハ内

福がたっぷり訪れますように


家人が「あれ食べたいのー、ほら、こんなの」といいます。
「何? どんなの?」
「ほら、こんなのー」
「え? 何?」

振り向くと、少し上を向きながらやや受け口気味にして口を横に引き、どうやら顔で表現しているもよう。
「ほらー、黄色いこんなのー」

・・・
・・・

なんじゃそりゃ?

・・・
・・・
・・・


あ、あれか?


こんなのー
yosinob_04s

「鶴屋吉信」の“福ハ内”という名のかわいらしいお菓子、「迎春」の縁起菓子ということで新春から節分の頃(旧正月)まで販売されています。

「大多福豆」の形をした「桃山」です。じつは桃山って好きなのよねー。
中のあんはこのようにお上品。
yosinob_06s

パッケージも豆まきの「升」のデザインになっていて楽しいのです。升に入れるのは炒り大豆でお多福豆じゃないだろうとも思うのですが。
お菓子はあくまでも福がたくさんありますようにとの願いを込めた迎春の縁起かつぎ。いいじゃない、かわいくて楽しいから。突っ込んだのは自分だけど。

今年も豆まきはしなかったのですが、“福ハ内”をいただいて1年の健康と楽しい暮らしを願ったのでした。


鶴屋吉信:(本店)京都市上京区今出川通堀川西入 ※東京は世田谷、日本橋、麹町に直営店、その他デパートに直売店多数
 web●http://www.turuya.co.jp/
※「鶴屋吉信」の「吉」は[土]の下に[口]です。お店のサイトでも画像部分以外は「吉」の字を使用していたので「鶴屋吉信」と表記しました。

和菓子

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006-02-03

進々堂(京都)/京あんぱん

素直な気持ちで


いまさらですが、サロン・ド・ショコラと同じ頃に新宿伊勢丹の地下イベントコーナーに出店していた京都「進々堂」。“京あんぱん”がたまらなくわたしを誘うのでありました。
shinshin_1s
あーたまらん。このかわいらしさ。

なんでも「京ブランド認定食品」だそうです。京都府食品産業協議会が認める京都のあんぱん(よくわかっていない)。
この“京あんぱん”、期待通りのおいしさでした。あんがどうだとかパンがどうだとか語る気はありません。『あんぱん』としてとてもよくまとまっていて、ぱっくりいったら最後まで一気にぺろりといけるあんぱんです(こんな説明、どうなのよ?)。
shinshin_2s
断面写真もラブリー、素直なおいしさあんぱんちゃん。


さて、【“うす味”と“うすい味”のちがいの解るあなたに。】とのやや挑戦的なコピーにつられて手にしたのはこちら“醍醐味”という食パン。
shinshin_3s
でかっ。寄り過ぎ?

大きいんです、これ。その高さ20センチ弱。
「醍醐味は名前のとおり本当のおいしさを求める人のパンです。小麦本来の“旨み”を引き出すために、塩、砂糖、油脂、イーストを最小限に抑えました。食塩は天塩を使用し、通常の2/3に抑えました。食パンでは味わえないサックリした食感をお楽しみ下さい。」(進々堂のサイトより引用)

大きいわりにとても軽くサックリした食感でした。たよりない軽さではなく、しっかりしたサックリ感は朝食によさそうな。
しかし家人曰く「“うす味”と“うすい味”の違いがわかりません」。
ううっ、わたしに訊かないで。塩分控えめといわれてもピンとこなかったわけです。そしてそれがどう「“うす味”と“うすい味”の違い」につながっているのかも。修行が足りません、わたしたち。

【食生活の大切なテーマは“健康”とお考えのあなたに。】ともありましたが、マーガリンだの香料だの使った時点でそれは違うような気もします。
マーガリンってけっしてカラダにいいモノではないのですよ。
だまって出されたら素直に食べるのに、いろいろ押しつけられるとツッコみたくなるなんてやっぱり修行が足りませんな、わはは。


その他のパンはこちらのブログでも。ちょこさんに「進々堂が来てるよ」とささやいたのはわたしかもしれない。
→こんな気持ち「京都「進々堂」の“京あんぱん”


進々堂:(寺町店)京都市中京区寺町通竹屋町下る久遠院前町674 ほか京都市内に店舗あり
 web●http://www.shinshindo.jp/

| | コメント (9) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »