« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006-01-31

アンリ・ルルー(仏、伊勢丹サロン・ド・ショコラ)/C.B.S. [塩バターキャラメル]

るるる・ルルー♪


今年も新宿伊勢丹「サロン・ド・ショコラ」に行きました。ふだんお目にかかれない輸入モノをながめて歩くだけでもけっこう楽しいのです。だって試食ができないうえに高価であれもこれも買うわけにはいきませんから、ショコラの形やパッケージをみて楽しむ、これがわたし流サロン・ド・ショコラの楽しみ方であります。

さてさて「サロン・ド・ショコラ」のお目当てといえばもう、去年すっかりとりこになってしまったフランス「ルルー」の“キャラメルブールサレ(C.B.S.)”。
leroux_2s
塩バターキャラメルはやっぱりおいしかった。

平日の午前中に行ったにもかかわらずけっこう並んでいて、C.B.S.だけのつもりが待っている間に気になった“トマト・バジリック”というショコラも購入。昨年の新作だという、トマトのゼリーとバジルの香りをつけたガナッシュをダークチョコレートに包んだショコラです。
トマトはあまり感じなかったけれど、とってもバジルの香り。これがショコラと不思議になじんでいて、なんともクセになりそうな味わいでした。


もうひとつ楽しみにしていたのが「ルルー」と「ヨックモック」のコラボ商品。
ヨックモックのあのおなじみのお菓子が、ルルー風味で変身です。
leroux_1s
名前をみても何が何やらですが
 左  “タルト オゥ C.B.S.”今回初登場、C.B.S.キャラメルをのせたタルト
 中央上“ドゥーブル プラリネ ア ランシエンヌ”ヘーゼルナッツとアーモンドのチョコをはさんだクッキー
 中央下“シガール コム プティ デジュ”中にコーヒー風味のチョコを入れたシガールクッキー
 右  “ドゥーブル ショコラ コム レ ヤニック”ヘーゼルナッツのチョコをはさんだクッキー

失礼ながらヨックモックのお菓子ってたまにいただくとうれしいけれど、自分のためにはぜったい買わないよねーという位置づけなのですが、これは買っちゃうよ、自分のために。
おなじみのヨックモックが、ルルー効果で何倍もおいしく感じてしまう!


「サロン・ド・ショコラ」、今年は伊勢丹新宿店(終了)、伊勢丹小倉店のほかにJR京都伊勢丹名鉄百貨店でも開催されます。

わたしの去年の記事を読んでくださって、名古屋で待ちきれずにネット購入してしまったroomさん、TBありがとうございました。
room1305「待ち遠しい、塩バターキャラメル!」
去年のわたしの記事はこちら
ルルー(仏、伊勢丹サロン・ド・ショコラ)/C.B.S.


Le Roux/ルルーのサイト:http://www.chocolatleroux.com/


| | コメント (16) | トラックバック (2)

2006-01-25

香雲堂本店(栃木県足利市)/古印最中

おいしくて苦手なもの


今年も楽しかったわー、新宿京王百貨店の「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」。会場はものすごい人混みでしたが、このイベントはチラシをみるだけでも楽しくて毎年心待ちにしております。
お目当ては駅弁以外に「白鷺堂本舗」のくず餅、去年あんころりんさんに教えていただいてハマった「菓匠 若松園義正」の水ようかんなどなどいろいろありますが、もうひとつはずせなかったのが「香雲堂本店」の“古印最中”でした。

※参考
 →あんころりんさんのブログ「菓匠 若松園義正の『名水水ようかん』は裏銘品
 →わたしの過去の投稿「白鷺堂本舗(姫路)/くず餅


去年、あるご年配の方にこんな話を伺いました。
「最中というものは、上生菓子を作った材料の残りで作ることができる便利なものだから
 お店の端についでのように最中がおかれていたら、それはきっとそれなりの味でしかないけれど
 とくに最中を主力商品においているところは、それだけのおいしさが期待できると思います」

ほぉ、なるほど。
で、その方が「これまで食べた最中のなかで一番おいしい最中」と強力にプッシュプッシュなさったのがこの“古印最中”なのであります。ちょっと食べてみたくなるじゃないのさ。
koin_s

“古印最中”は足利ゆかりの古書などに押捺された印などをかたどった形をしています。最中というのは基本的に皮のデザインしかポイントとなるところがありませんから、足利の歴史をなんとか盛り込もうとそのあたりは同梱のしおりにいろいろ書かれています。
ちなみに中央が「野之国学」、右が「足利学校」。

手に取ると、でかっ、重っ、とつぶやいてしまう大きさ。そして包みを開ければほわ〜んと香ばしい皮の香り。
でも個人的には最中の最中としてのお楽しみはここまでです。というのもわたしは最中の皮が大の苦手なのでありまして。

写真用にカットしてナイフについたあんこをぬぐってぺろりとなめてみる・・・うひょ、あんこがウマーい。ひゃあ、うまいうまーい、としばらく小躍り。甘過ぎずどっしりと重量感のある粒あんです。いや重量感はデカイから?
思い切って皮ごと食べてみる(当たり前)。しかしどんなにあんこがおいしくても、皮が口の中で繰り広げる不快感はぬぐえない。ぬぐえないぬぐえない。口の中で器用にあんこだけ味わい、あとはお茶で流し込んでおきました。


古印最中の名誉のために。
最中の皮が苦手なのはわたしの個人的な嗜好によるもので、たしかにいままで食べた最中のうちではかなりおいしいあんこです。。。んー? そんなまとめでいいかなあ?


香雲堂本店:栃木県足利市通4丁目2570

和菓子 

| | コメント (20) | トラックバック (1)

2006-01-23

松葉屋(石川県小松市)/月よみ山路 比めくるみ

栗じゃない蒸し羊羹


近ごろ東京でもデパートなどで遭遇率の高い“月よみ山路”。栗がごろんごろん入った栗蒸し羊羹です。
ほとんど無名の地方銘菓だったのが、小松空港に出入りする客室乗務員(スチュワーデス)のクチコミによってじわじわ広まったそうなんです(記憶違いかもしれないけれど)。

さてこの“月よみ山路”に栗ではなく「くるみ」を使ったものがあるということで気になっていたのですが、あら見つけちゃったわー、というわけで新宿伊勢丹の諸国銘菓コーナーにて山積みの“月よみ山路”の中から1本だけわたしに向かって光を放つくるみタイプがありました。感激のあまりしばらく握りしめて立ち尽くしてしまったのですよ。

yamaji_1s
“月よみ山路 比めくるみ”。
 ※“ひめくるみ”の「め」はくちへんに羊[口羊]という字です。


練り羊羹より蒸し羊羹が好き。でも栗蒸し羊羹は栗にがっかりすることも多い。そんなこんなでくるみの蒸し羊羹にものすごく期待しちゃいます。
yamaji_2s

天然の竹皮にしっかり包まれた羊羹はほどよいアクの香り。原材料は「くるみ、小豆、葛、白双糖、糀味噌」とありまして、実際味噌はほとんど舌に感じないのですけれど、くるみとあんの相性をよくするために味噌がとてもよいバランスできいているように思います。
食感は少しねっちりしますが、ざくざくと入った香ばしいくるみとの対比がおもしろいです。このねっちり食感は時間が経つにつれてなくなります。つまりかたくなっているのかもしれませんが、いい具合に歯切れよくなっていくと感じました。
くるみ、こんなに入れなくてもいいんじゃない? と笑ってしまうくらい投入されていますが、同梱のしおりには「栗よりもすこし薄目に切ってお召し上がり下さい」とありました。そうですよね、その方がいいですきっと。食感的にも栄養的にも。

手作り感ただようの「野趣溢れる」味わいは“月よみ山路”のよいところだと思いますが、どちらが好みかというならくるみの方が好き、かなり好き。栗よりずっと好きだー。
630円でこれだけのものが味わえたら、もうじゅうぶんでございます。


松葉屋:石川県小松市大文字町69(JR北陸本線小松駅より徒歩7分)
 web●http://www.matsubaya.jp/
 ※栗蒸し羊羹は高島屋、三越、伊勢丹などデパートの全国銘菓コーナーでも扱いあり

和菓子 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006-01-20

デュヌラルテ(青山)/ジェルム

そうはいっても


先日なんだか不満たらたら綴ってしまいましたが、いろいろがっかりするとこんなシンプルなパンが救いになったりもするのです。
du_12s
“ジェルム”、胚芽入りのパン


わざわざ買いに行きたいかと聞かれたら、とりあえず言葉を濁しますけど。


デュヌラルテ:港区南青山6-13-9 アニス南青山2F(地下鉄表参道駅より徒歩15分) 水休
 web●http://www.dune-rarete.com/

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006-01-17

デュヌラルテ(青山)/バガブリュ

どうも近ごろ魅力半減な「デュヌラルテ」ですが


青山へ行けば必ず足をのばしていたのに、このごろは「行かなくてもいいか」ってな気分になりがちで。

そのきっかけがコレ、“バガブリュ”。クミンとチーズのマリアージュがステキなパンだったのに。
du_10s
あれあれ? おかしいぞ? バガプリュってこんなになんでもない味だったっけ?

と感じたのはもうずいぶん前で、ちょうどシェフがかわった頃だったのですよね。うーむ。
食べるたびに心躍らされたバガプリュはもう味わえないのでしょうか。

その後登場した“ビス”にもややがっかりしちゃったし、がんばれデュヌラルテ、と思いつつ足は遠のくばかりでしたの。

du_11s
去年登場したきのこのキッシュ“フルール”。なぜかお店のサイトでは新製品情報でアナウンスされて以来掲載されていないのですが。

これもふつう。あまりにふつうだ。どこでも食べられそうな味ではないか。
おいしくないわけではありません。おいしいけどそれは「デュヌラルテ」のパンではないような気がします。
続けていくってたいへんなことなのですよね。とくに期待値が高いからよけいに。でもデュヌラルテにはいつまでもステキなパン屋さんでいてほしいのであります。


デュヌラルテ:港区南青山6-13-9 アニス南青山2F(地下鉄表参道駅より徒歩15分) 水休
 web●http://www.dune-rarete.com/

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006-01-11

みんなのぱんや(丸の内)/三色パン

懐かしのパン


ぼやぼやしていたら1月も10日過ぎてしまいました。もうすでに話題としては古い? というくらい昔のことのような気もしますが、去年のうちにいっておいたのですよ「TOKIA」。まあ行ってないはずがないって感じですか。

渋谷「VIRON」の初支店がオープンしたことでも話題になりましたが、今回は「みんなのぱんや」。
VIRONを運営する株式会社ル・スティルが、昔懐かしい思い出のパンをコンセプトに出店したお惣菜パンのお店です。店頭に並ぶのはきな粉パン(“黄金パン”)やコッペパン、コロッケパンや焼きそばパンなどなど、VIRONにはないパンばかり。

minna_01s
“三色パン”(左)と“クリームパン”


このクリームパン、いかにもクリームパンな形ですね。ステキ。
中のクリームの様子は「こんな気持ち」のちょこさんの記事「クリームパンとあんぱん〜みんなのぱんや(その2)」をご覧ください。
ちょこさん、今回はたくさんお世話になりますぜ。

さてこの三色パン。ひとつめ割ったら“小倉あん”、ふたつめ割ったら“クリーム”で思わず「ああっ」と声をあげ「白餡でもうぐいすでもないーっ」と嘆いてみましたが、まったく豆好きにもほどがあるってもんです。
家人曰く「三色ってふつう“あんこ”“クリーム”“ジャム”でしょう?」。そうでした、そのとおりでした。気を取り直してみっつめ割ったらクリームにラズベリーがぽちぽちと・・・「ジャムじゃなーーーいっ」。
いくらなんでもクリームにラズベリーで懐かしのパンはないのではありませんか?


さすがVIRONだけあってパンがうまい、とおっしゃる方もいらっしゃるようです。いや、それなりにおいしいけどこれはどうみてもVIRONとは別モノです。
VIRONにしてはあまりにも直球、あまりにもふつうと思いましたが、ル・スティルの親会社は兵庫県で調理パンや学校給食パンの製造販売を手がける食品会社でありまして、「みんなのぱんや」に関してはそちらのノウハウが注がれているものと想像いたします。まったくの想像ですけれど。

だって東京で「昔懐かしいパン」といわれて“メロンパン”と“サンライズ”が並ぶなんてありえないし。
※「こんな気持ち」のちょこさんの記事「メロンパンとサンライズ〜みんなのぱんや(その3)」をご参照ください。


品揃えはたしかに懐かしかった。ながめるだけでもけっこう楽しかった。食べれば学校帰りにかじったパンの味がした。またさらに懐かしくなった。
でもいま思うに、わたしにとっての三色パンのみっつめは“ジャム”じゃなくて“チョコ”のような気がします。


みんなのぱんや:千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA B2F(JR東京駅より徒歩1分、有楽町駅より徒歩5分)
 ※東京ビル TOKIAのサイト●http://www.tokia.net/

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2006-01-04

ダンディゾン(吉祥寺)/アカネ

豆! まめ! マメ!


親戚が「まめでねー」と声をかけてくれます。健康に暮らしましょうね、の意。
豆好きなわたしにとっては最高のメッセージでございます、マメ違いですけれど。


さて、My あんぱんランキングのかなり上位に位置する「ダンディゾン」のこしあんぱん“アカネ”。噛めばパンと餡が口の中に“しみっ”と広がる感じ、なんて表現ではわからないですよねえ? でもそんな感じ(だからわからないって)

お店がオープンしたときにいちばん最初に食べて以来、いまも大ファンの豆パン3兄弟(と勝手に命名)です。
dan_14s
左から“ココ”、“ランティーユ”、“アカネ”


“ココ”は白インゲン豆と白ザラメのつぶ餡。
そして“ランティーユ”はなんと【緑レンズ豆】ときび砂糖のつぶし餡に【グリーンペッパー】の刺激がほんのりただよう変わり種。レンズ豆ゆえ、あんこの色もきれいとはいえません。でも変わり者にしてはおとなしすぎるというか、どうせならもっといっちゃってほしいというか(笑)

dan_15s
とにかくお豆大好きなわたしのココロを掴むつかむ。


2006年もこんな感じでどうぞよろしくお願いします。
みなさま、今年もまめでね。


ダンディゾン:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28-2(JR中央線、京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩5分) 水、第1・3火休
 web●http://www.dans10ans.net/

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »