« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005-08-31

ヴィロン(渋谷)/パンブリオッシュ・ショコラブラン・キャンヌベルジュ

やっぱりクランベリー

vi_04s

渋谷「ヴィロン」の“パンブリオッシュ・ショコラブラン・キャンヌベルジュ”です。
名前、これであってるかなあ。なんだかそんな感じの名前です。店出てすぐメモしたのですが、その時点ですでに記憶がアヤシかったし、あわてて書いた字もかなり読みにくく。。。

ようするに、ブリオッシュ生地にホワイトチョコレートとクランベリーなパン。
ホワイトチョコはどこ? このへんの穴はもしかしてホワイトチョコの入っていた名残かしら? と思いながら食べていたら、後味の甘みはまさにホワイトチョコ風味。しかしそれほどしつこくもなく、クランベリーの酸味と好相性なのでした。

ヴィロンのウィンドウの中にいるとちょっと地味な存在ですが、なかなか個性的なパンです。
でも「“パンブリオッシュ・ショコラブラン・キャンヌベルジュ”をひとつ」とオーダーするのは慣れない外国語を使っているようでちょっと気恥ずかしいし面倒くさい気もします(笑)


ヴィロン:渋谷区宇田川町33-8(渋谷駅より徒歩5分) 無休


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005-08-29

調味料バトン 〜しょうゆと酢の毎日

「スイーツバトン」に続いて、「アロハなごはんとSWEET SOULガーデン」のあんころりんさんから「調味料バトン」受け取りましたー
わたしのもうひとつのブログ「とべないとりの今日の一皿」でバトンを受けたのですが、こちらの方が読みやすいのでこちらでお答えします。
さて、これはふだん使っているものを答えればいいからラクチンラクチン・・と


【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか?薬味は含みません。
・目玉焼き
 パンのおかずには塩と黒こしょうを粗挽きで、ごはんにはしょうゆ。ときどきケチャップな気分のときも。
・納豆
 酢としょうゆ、プラス芥子や豆板醤などその日の気分で、薬味も気分で。
 お気に入りの食べ方は、納豆+キャベツみじん切り+かつお節+酢+しょうゆ。
 納豆はキムチと混ぜるのも好きだし、納豆+トマト角切り+塩こしょう+オリーブオイルもおいしいよ!
・冷奴
 しょうゆ or だし醤油 or ポン酢しょうゆ、そして薬味。
 味のしっかりしたおいしいお豆腐なら塩とオリーブオイルってのもあり。
・餃子
 酢としょうゆ、プラスラー油 or 豆板醤 or かんずり。
 水餃子には上記以外に、芝麻醤、酢、ごま油、しょうゆ、しょうがなどなどを合わせたゴマだれを用意することもあります。
・カレーライス
 何もかけませんが、食堂などで口に合わないカレーだと酢やしょうゆをかけることもあります。
・ナポリタン
 何もかけません。
・ピザ
 何もかけません。
・生キャベツ
 ドレッシング(主にしょうゆ味) or ポン酢しょうゆ+マヨネーズ。
 生姜焼きのようなしょうゆ味のおかずの付け合わせのときは、おかずから出た汁をからめるだけにしたりもします。
・トマト
 何もかけません。
・サラダ
 ドレッシング(味はその日の気分で) or ポン酢しょうゆ+マヨネーズ。
 マヨネーズだけってのはあまりしなくて、大抵ポン酢と一緒に使います。ドレッシングも気分によってオイルかえたりビネガーかえたり香味野菜入れたり入れなかったりほんとにいろいろ。
・カキフライ
 かけるというより、タルタルソース or とんかつソースとマスタードを少しつける程度。
 基本的に揚げ衣がソースでしみっとするのが苦手なのです。
・メンチカツ
 苦手なので食べませんが、食べなければならない状況のときはウスターソースかケチャップをたっぷり。こればかりは揚げ衣がしみしみっとなろうともたっぷりと。
・コロッケ
 何もかけません。
 洋食屋さんで最初からオシャレにトマトソースをどろっと飾ってあるの、ツライです。
・とんかつ
 とんかつソースとマスタードを少しつける程度。
・天ぷら
 外では天つゆ or 塩ですが、家ではしょうゆもありです。揚げ衣がしょうゆでしみっとするのは平気なのです(笑)
・ご飯(おかず無しの時)
 ふりかけですが「萩・井上商店のしそわかめ」。
 マーガリンとしょうゆと海苔ってのも好きだったけど(実家の定番メニューだ)、いまはマーガリンを食べないので。


とにかくしょうゆ好き。食事の支度も、食べたいモノだけ並べるとごはんとみそ汁以外み〜んなしょうゆ味ってことになりかねないので、そこだけは気をつけるようにしています。
そしてお酢好き。夕食にはかならずお酢メニューを一品は入れています。ひどいときはみそ汁以外お酢だらけ〜ってこともありますが、それは気にしないことにしています(笑)。

とんかつは、こどものころからソースをどろっとかけるより、残ったのを母が翌日しょうゆと日本酒と砂糖で煮てくれるのが好きでした。揚げ衣がソースでしみっとするのは苦手なのに、しょうゆでしみっとするのは平気なのをあらわすよい例(?)です。

マヨネーズは最近「豆乳マヨネーズ」を作るようになりました。卵のかわりに豆乳を使うヘルシーマヨ。


【Q2】周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?
・たこ焼きも焼きそばもできればしょうゆ味で食べたい。焼きそばは塩味でもいい。お好み焼きにはオタフクソースなんだけどね。
・カレーに酢やしょうゆってのも驚かれました。おいしくないと感じたときにしかやらないけど。
・おでんは昆布だし+塩のみで煮ます。しょうゆを使わないなんて、と叔母は認めてくれません(笑)
・ごはんにマーガリンと海苔としょうゆってのも、けっこう周囲がひきました。
・バニラアイスにバルサミコ酢。
 バルサミコ酢にレモン汁を加え角切りトマトをしばらく浸けてバニラアイスにかけるとおいしいよ、と知人に教えて絶賛され、彼女が家で作ったらご主人に「えーだってあのヘンな料理作るひとの教えでしょー」と気味悪がって食べてくれなかったらしい。わたしはいつからヘンな料理を作るひとと思われるようになったのでしょう!?


【Q3】それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?
・コロッケにソース。
・パスタに粉チーズ(トマトソースに削りたてのパルミジャーノならOK)。


【Q4】バトンをまわしたい5名は誰ですか?
 すみません、ここでおわりにさせていただきますー。(ともだちいないのか、わたし?:笑)


ふだん使っているものと思って始めてみたけれど、けっこう答えにくかった。「独身者に向けた外食またはお惣菜で済ます家メシに関する質問」って感じ? あんころりんさんも同じ見方をされていましたね。
でも自分の食生活を見直すきっかけになったような気もします。いろんな方の嗜好を読むのも面白かった。

最後にこれだけ申し上げておきましょう。酢をたっぷり摂取してもカラダは少しもやわらかくならないのです。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005-08-26

メゾンカイザー(新宿)/セーグルクランベリー

このブログでたびたび「クランベリーのパンが好きだ」といっているような気がしますが、また書いてしまおう。

 わ た し っ て ば
 ク ラ ン ベ リ ー の
 パ ン が 好 き ♪


たとえばこんな。
kay_12s
「メゾンカイザー」の“セーグルクランベリー”


ライ麦パンの中にはクランベリーがざっくざく。このクランベリーがまたジューシーでたまりませ〜ん。
ぜひぜひバターやチーズといっしょにね。


メゾンカイザー(伊勢丹新宿店):新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店B1F
 web●http://www.maisonkayser.co.jp/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005-08-25

メゾンカイザー(新宿)/キュルキュマ

二日酔い防止パン?


ウコンがからだにいいってあちこちで取り上げられてからずいぶん経ちます。
もう4〜5年前でしょうか、おともだちのサチコさんから「これ飲んでおくと酔わないのよー」と乾杯前にウコンの錠剤を配給され、みんなで乾杯のビールでその錠剤を飲み(ヘンな集団だ)、それから数時間かっぱかっぱと気持ちよくお酒を飲んだ翌朝のこと。頭はがんがんと痛くてずっしり重いのに、胃腸はスッキリ〜な状態に驚きと感動! こんな体験からちょっといろいろ調べて、もちろんお酒のときだけ飲んでもそれはそれは効果があるのですが、ウコンを飲み続けてみることにしました。
じつはわたしは食いしん坊なわりに胃腸が弱くて、ちょっと食べ過ぎたり脂っこいものを食べたりすると翌朝は間違いなく胃痛で目覚め、胃腸薬のお世話になりっぱなしだったのです。ところが、毎晩夕食後にウコンを飲むようになってからもう3年以上経ちますが、一度も胃腸薬を飲んだことがない! それどころか翌朝ちゃーんとお腹がすいている!
どう? すごくない? すごいよね? ってあんまり書くとアヤシい勧誘のようだからやめときますが、そのくらいわたしにとってウコンは身近だというお話でした。


さて、ウコン=ターメリックです。カレーを黄色くするアレ。念のため申し上げますと、ターメリックはカレーを黄色くはしますが辛くはしませんよ。
そのターメリックなパンがわたしを誘います。

kay_11s
「メゾンカイザー」の“キュルキュマ”(語感がかわいいわー)


黄色いでしょー。カレーっぽいでしょー。でもしつこくいいますが、辛くはないのですよ。ターメリックのさわやかな香りがふわっっと口中にひろがります。

この“キュルキュマ”、見た目はごつっとしているのに、カットしたらあれ? けっこうふんわりさっくり。ためしにちょっと薄く切ってトーストしたら、まるでパンドミのような食感です。ちょっとカイザーにしては異色かも。
そして軽やかな食感とさわやかな香りにアクセントとなるマカデミアナッツがごろっ。
いいなー好きだなーこういうパン。


メゾンカイザー(伊勢丹新宿店):新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店B1F
 web●http://www.maisonkayser.co.jp/


※ウコンの効果についての確認事項。
二日酔いにならないのは胃腸だけで、頭痛は防げない。そして効果には個人差がありますのであしからず。
それから採り過ぎはよくないので1日の摂取量を守るのはもちろんですが、とくにカレー食べた日は過量にならないよう注意しましょうね(冗談のようだけど)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-22

笹屋伊織(京都)/どら焼

もうひとつのどら焼き


どら焼きといえばふつう思い浮かべるのが「銅鑼の形をした」丸いものですね。ところがそれとはまったく違う形の、130年も続くどら焼きがあります。
それが「笹屋伊織」の“どら焼”。

sasadora_1s

なぜこれをどら焼きという? 京都、東寺のお坊さんのためにお寺で作ることのできるお菓子として、鉄板代わりに銅鑼を熱して薄くのばした皮を焼いたことから“どら焼”と名付けられたのだそうです。
作るのにたいへん手間がかかるということで、毎月21日の東寺の弘法市(21日は弘法大師のご命日)をはさんだ3日間、20〜22日の限定販売となっています。


焼いた皮に棒状にのばしたあんをのせてくるくるっと巻き、竹皮で包んだ棹菓子です。写真のように竹皮ごと輪切りにするんですって。
もともとお坊さんのおやつですから、動物性のものは入っていません。なんだかカラダによさそうな、とても懐かしい味わいです。
も〜っちりした皮と、赤福のようなさらっとしたこしあん。いやーわたし好きですわーこういうお菓子。

sasadora_2s
皮の焼き具合はこんな感じ


ああこの皮、ものすご〜く懐かしくてちょっとこみあげてきちゃうものがあるんですけど。。。と考えたら、コレだ! たいした話じゃないので、興味ない方はスルースルー。
とべないとりのおやき
この後半に書いた「おやき」にはちみつかけたような味なの

もちろんわたしのような<おやきの思い出>がなくても、その素朴な味わいに懐かしさを感じると思いますよ。


丁寧に書かれた召し上がり方の説明書に、レンジで温めるとかオーブントースターで焼くとかに並んで、天ぷらにしても香ばしい風味を楽しめるとありました。天ぷら! これは思いつかなかった。おいしそうだぞ。


京菓匠 笹屋伊織(本店):京都市下京区七条通大宮西入花畑町86
 web●http://www.sasayaiori.com/
 ※新宿伊勢丹にて購入しました

和菓子 

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2005-08-16

スイーツバトン 〜受けたはいいがたいへんダァ

近所の和菓子屋さんの豆大福、パン屋さんのあんぱんのあんころりんさんからスイーツバトンを受け取りましたー。楽しそーう、と思って考え始めたのはいいのですが、む、ムリ。苦しい。選べない。わたしの記憶の中のいろんなスイーツたちが「なぜ俺を選ばぬー」とあふれてきます。これはホラーか。助けてぇー。


(1)おすすめスイーツ
初めて食べたときの衝撃度、そして2回3回と食べてもいつもおいしくて笑えちゃう(しかも大笑いだ)、またそれから数日思い出してはまだおいしくて笑えちゃう、そんな基準で選んでみました(笑)

●イチゴショートケーキ@アラペイザンヌ:稲田堤
10年以上も前、こんなにひとに勧めたものはないってくらい勧めまくったケーキです。当時「アラペイザンヌ」は駒場東大前駅近くにお店があったのですが、京橋の有名フレンチレストランにデザートを卸していて、そのレストランの名前で池袋東急百貨店にも出店していたことがあります。あとにもさきにも、こんなにうひゃうひゃ笑い続けながら食べられるショートケーキはないのです。つい「おかわりー」といってしまいたくなるショートケーキなんてほかに知らないのです。
その後お店は稲田堤へ移転しました。あいかわらずおいしいけれど、10年前の味とは少し違います。つまりわたしがお勧めしたいイチゴショートはいまはないのです。ごめんなさい。なのにアラペイザンヌで語り過ぎ。

●ホットケーキ@万惣フルーツパーラー:神田 [WEB]
ホットケーキで幸せな気持ちになれると知ったのは「万惣」でした。しかもオトナになってから。疲れたオジサンだっていまから幸せになれますとも。

●みたらしだんご@松島屋:高輪
もちろんだんごはおいしくてシアワセなものだと思っていました。でも「松島屋」のみたらしのシアワセ感はちょっと違う。


(2)行きたいなと思う店

●開運堂:長野県松本市 [WEB]
デパ地下の諸国銘菓コーナーで“真味糖”や“老松”を扱っているところ多いですね「開運堂」。でもいちばん好きなのが“これはうまい”という名のくるみまんじゅう。
ところで最近“真味糖”に生タイプがあると知って行きたい店ランク急上昇。なんだー真味糖のナマって。気になる気になるー。

●出町ふたば:京都市上京区
“豆餅”、関東でいう豆大福の有名なお店です。「出町ふたば」が来るーと喜んでデパ地下に並んだこと数しれず。でもいちど京都の本店に並びたいの。

●とらや本家:三重県津市
いちご大福の元祖といわれるお店のひとつです。じつはわたし、東京で一般的な小豆あんの中にいちごが入っているいちご大福って、まったく食べる気にならないのです。でもあるとき西の方は白あんが主流と知りました。ええーそれなら食べてみたいよーう。
元祖を名乗るお店はいくつかありますが、断面写真をみていちばん食べてみたいと思った元祖いちご大福が「とらや本家」なのです。

●ルルー:フランス [WEB]
新宿伊勢丹のイベントですっかりハマってしまった「ルルー」の“キャラメル・ブール・サレ(C.B.S.)”=塩バターキャラメル。もしフランスに、しかもお店のある漁港の町に行くことがあったらぜひお店に寄って、そしてC.B.S.に囲まれて狂喜乱舞したいと思うわけです。まあ行かないだろー。

●ツォップ:千葉県松戸市 [WEB]
今回考えるのにパン屋さんははずそうと努力したのですが、これだけはどうしても。とにかくお店で商品を眺めたい。


(3)一番好きなスイーツ
考えて考えて考えて、『チョコレート』『あんこ』ではないかというところまでたどり着きました。一番なのにふたつ。でももう絞り込めましぇーん。

ちなみにお気に入り並べてみてもいいですか
●オランジュリー@アテスウェイ:吉祥寺 [WEB]
ホワイトチョコムースとオレンジクリームのケーキ(上記WEBページ左上のケーキ)
餡風呂湧出ひぇっなんだこの漢字変換は。●アンブロワジー@イデミスギノ:京橋
天使の羽根が美しいチョコとピスタチオのムースのケーキ(参考ページ
●ジャン=ポール・エヴァン:新宿 [WEB]
エヴァンでショコラショ飲みながらチョコレートケーキ食べる至福(新宿伊勢丹のページ

あんこ部門は小豆あんばかりですが小豆以外のあんも好きなのよ
●豆大福@瑞穂:原宿
わたくし的こしあん豆大福ナンバー1
●アカネ@ダンディゾン:吉祥寺 [WEB]
おしゃれなパン屋さんのあんぱんは、小豆を使っていても日本の香りはしませんの
●田舎しるこ@甘いっ子:西荻窪
御膳しるこ、田舎しるこ、ぜんざいとメニューに揃っているのがうれしいな
●粟ぜんざい@竹むら:神田
寒くなると恋しくなります粟ぜんざいしかも竹むらに限る


(4)夏に食べたいスイーツ

●イタリアンジェラート@ドーカン:東中野
夏といえども氷菓子は苦手なのですが、アイスクリームは大好きです。でも1カップ食べるのはツライの、ぽんぽん弱くてね。
なぜか冬に食べたくなるのがバニラアイス、夏はフレーバーものが食べたくなります。そこでおすすめ「ドーカン」のジェラート。“かぼちゃ”、“クリームチーズ”がかなりお気に入りですが、“甘夏ヨーグルト”もいいな〜。


ああ、いちいち味を思い浮かべながら書いていたらさすがに脳も胃も疲れました(笑)。とりあげられなかったスイーツたちよ、許せ。

バトンはここで止めてしまいますが、わたしも語りたい語らせろーのコメントおよびTB大歓迎でございます。


記事の中に同じお店を発見しました、あんころりんさんにバトンを渡したこんな気持ちのちょこさん、ちょこさんにバトンを渡したWeekend EarlyMorningのプリマリさん、TBさせていただきます!

 和菓子

| | コメント (14) | トラックバック (2)

2005-08-10

笹屋伊織(京都)/グラニテ

甘・甘 二刀流


立秋過ぎて蝉の鳴き声が一段とにぎやかになった気がします。
わが家のベランダでは先日、セミの羽化なんてドラマが繰り広げられたのですが、昨日は配水管にぶつかって慌てたのかベランダの壁で大きな鳴き声立てていました。日中はエアコン止めて窓開けてますから、うるさくてたまりません。

こう暑いと甘いものが食べたくて、と前回書きましたが、ふだんあまり食べないようなモノまで目に止まってしまいます。
今夏の代表がコレ、京都「笹屋伊織」の“グラニテ”3兄弟。
sasaya_s
左から にんじん、かぶら、ほうじ茶


「笹屋伊織」といえば290年も続く老舗。地元でどのくらい人気があるのかわかりませんが、ウェブショッピングでも買える「グラニテ」が、関東では新宿伊勢丹限定で店頭で買えるのです。

じつはわたし、氷菓子って苦手なのですよ。ぽんぽん冷えるから(笑)
でもすごーく気になってしまったのが“か ぶ ら グラニテ”! 大好きなかぶらがお菓子になるなんてー。
それにそのさわやかな白い色と“にんじんグラニテ”のきれいなオレンジ色。
そしてそしてもうひとつ、冷せばゼリー、凍らせればグラニテ(シャーベット)と2通りの楽しみ方ができるということなんです。


というわけでゼリーとしていただきました。つるんとしたゼリーというより、ふるふるぷるん♪ なゼリーです(わかる?)。
“ほうじ茶”は、ほうじ茶と思うと最初のひとくちが甘く感じるかも。どちらかといえば、あまり面白みのない味なんですが・・・
“かぶら”はかなりのお気に入り。柚子が入っていて味は柚子が勝ってしまいますが、すりおろしたかぶらの辛味のようなものをほのかに感じる、ほんとうにさわやかなお味です。
“にんじん”は温州みかん果汁が入っていてにんじん独特のくさみのない、にんじんジュースのような味。

で、どうしても“にんじん”だけは“グラニテ”でいただきたいという気持ちがむくむくとわきあがり、また買いに行ってしまいました(笑)
凍らせるとにんじんジュースな味はさらに濃厚に。凍らせてみてよかった、ツベタクテツラカッタケド。
それから溶けてきても溶けきってしまう前に<ふるふるぷるん♪>な状態になるのね、これがまたオススメです。


笹屋伊織っていつも通り過ぎてしまうのですが、限定販売のどら焼きはいちど食べてみたいんですよね。グラニテで気をよくしたので、そのうち予約してみよう。


京菓匠 笹屋伊織(本店):京都市下京区七条通大宮西入花畑町86
 web●http://www.sasayaiori.com/


和菓子 

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2005-08-09

正庵(広尾)/あんず大福

ナナメから見てはいけないが


暑い。蒸し暑いです、毎日。適度な水分・塩分補給で熱中症予防に心がけておりますが、こう暑いとなんだか甘いもの食べたくなりませんか。なるんですよ。

先日、新宿へ行ったとき、あー今日は原宿「瑞穂」な気分だわーがっつり豆大福だわー、と伊勢丹へ寄ったのですがなんと瑞穂夏休みにつき入荷せず。ショーーーック!
かわりに「上野岡埜栄泉」の豆大福があったのですが、左斜め前方へ目線をやるとイベントスペースになにやら見覚えのあるお店が出店していました。


それが「正庵」。
ええ、TBS「はなまるマーケット」のおめざ登場回数が多くて表彰された、芸能人御用達といっても過言ではない、オリジナル和菓子が広尾マダムに人気のお店です。
正庵ではがっつり大福というわけにはいかないが、たまには買ってみましょうか。

shoan_01s
“あんず大福”(左)と“黒ごま大福”

“あんず大福”は粒あんで、表面は干し杏が透けてほんのりオレンジ色。
じつはわたしは<小豆あんでイチゴをくるんだイチゴ大福否定派>なんですが(笑)、あんず大福は許します。さすがお店の看板商品だけあって、おいしいですコレ。

shoan_02s
[あんころりんさ〜ん、大福断面写真に初挑戦だよ〜!]
もちのつぶれ具合でやわらかさを想像してください。杏と餡の間にもちをはさんであるのがいいですね。

一方の“黒ごま大福”、たっぷりの黒ごまを使ったやや塩味強めのもちで、餡はこしあんです。餡にはごまは入っていないの、ごまはもちだけ。
こしあんの色がまだらで美しくないのですが、それはわざとなのでしょうか、気にしないものなのでしょうか。もちの塩味で餡の甘さがものすごく引き立ってしまいますが、よくよくかみしめるとそれほど甘くはないかもしれません。


えーーーーーっと・・・・・ですねえ。
このお大福たち、重さたったの60gで168円もしますのよ。ふつうは大きさと値段みただけでスルーしますよ。だってわたしが買いたかった瑞穂の豆大福は115g超の重量級で200円なんだから。まあ、おいしかったから許そうか。でもおいしくて当たり前だよねー、60gで168円。
・・・とやや後味悪く。

ご参考までに「瑞穂」の豆大福記事&写真はいつもすみません、あんころりんさんの記事近所の和菓子屋さんの豆大福 パン屋さんのあんぱんをチェック!

「瑞穂」についてのわたしの過去の投稿はこちら


「正庵」は銀座松屋に常設店があるのですが、なんと歌舞伎座にも支店があるってどうして!? と思ったら、お店に掲げられている「正庵」という筆文字の看板が三國連太郎さんの筆によるもので、松竹映画とのつながりがどーとかこーとかで、歌舞伎座に出店したのだそうです。
そんなことはどうでもいいけどね、といいながらぶつぶついっちゃいますと、お店のサイトにも有名芸能人の名前がよくでているのですよ。そういう宣伝の仕方ってどうなのかなあ。結局ミーハーなひとたち向けのお菓子なんでしょ、って思ってしまいますよわたし。

ちなみに「はなまる」のおめざに登場したカップもの2つについて書きますと。
“豆花(とうふぁ)”というこしあん入りの豆乳ゼリー、これおすすめしません。期待通り(?)のがっかりテイストでした。
煎茶と抹茶を吉野葛で固めた“くず流し”はほろ苦さがおもしろいと思います。添付のミルクをかけてカップ底の粒餡ごと混ぜると苦味がやわらいで食べやすくなります。
お客さんにおすすめを訊かれた店員さんが「どれも<お店のおすすめ商品>ですが、<わたしは>“くず流し”が一番好きです」と答えていたのが、たいへん好感が持てました(笑)

結論、どーせわたしは広尾マダムじゃないし。


菓匠 正庵(本店):渋谷区広尾1-9-20 ほかに松屋銀座店B1F、東銀座歌舞伎座内に支店あり
 web●http://www.show-an.com/

和菓子 

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2005-08-04

ダンディゾン(吉祥寺)/夏季限定クールショコラセット

昨夜、家人が羽化前のセミを連れて帰ってきました。ベランダで脱皮させて観察するのだといいます。小学生の夏休みの宿題かっ! と思いましたが、結局わたしも一緒になって観察モード。
じつは初めて見たのですよ、セミの羽化。いやーびっくりだわー。頭が割れたと思ったら、みるみるうちに脱皮して、真っ白いセミが現れて、まだ小さな羽は青みがかっていて、それはそれはきれいで、その小さな羽もまたみるみるうちに大きくなって・・・感激。


そんなことより本題。こう暑くてはパンめぐりの旅にも出られないのです。そこで今日は食べてみたいけどまだ食べていないものについて。
新商品見つけるたびにこのブログで紹介している吉祥寺「ダンディゾン」の宅配専用商品です。

「ダンディゾン」が今年に入って始めた宅配なんですが、けっこう短いサイクルで商品かえています。
現在販売中〜9/20までの商品“クールショコラセット”は“カカオアメール”というカカオのブリオッシュ2本と“ノワゼット・ショコラ・クレーム”というヘーゼルナッツのビターなチョコクリームがセットになったものだそうです。

この“カカオアメール”って知らないぞ、と思ってお店へ出向いたら、宅配専用商品で店頭では扱っていないとのこと。がっくり〜。
なんでも商品は冷凍で届くので、少しおいて冷たいうちにカットして、冷たいクリームをぬっていただくとおいしい、それはそれはおすすめの品なんですって。うひょ〜 魅 惑 的〜


まあ、しかたない。“ニーム”と“フィシュ”を買ってお店を出ました。
ニームとフィシュの記事はこちら

宅配してまで食べたいと思わない軟弱モノなわたしですが、食べたあなたの感想はぜひうかがいたいのですわ。よろしくねっ。


ダンディゾン:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28-2(JR中央線、京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩5分) 水、第1・3火休
 web●http://www.dans10ans.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-08-02

ヴォルテール・ピープルズ(九品仏)のパン その2

「ヴォルテール・ピープルズ」の続きです。思いがけず桜新町「ブロートハイム」とかぶってしまったというお話でした。

今日は“カイザー”。ブロートハイムよりひとまわり小さく、その分カワのカリッカリ比率が増してなおよろしい。
volt_03s

「ブロートハイム」の“カイザーゼンメル”の写真はこちらに


ヴォルテールのパンはカワやミミが好きという話でもありました。

volt_04s

たとえばこのなんとかブロート(また名前を忘れてしまった)、このパンでもまずミミの食感から楽しめる。そういうドイツパンってわりとめずらしいような気がします。


ヴォルテール・ピープルズ:世田谷区奥沢7-53-2(東急大井町線九品仏駅より徒歩6分または東急東横線自由が丘駅より徒歩10分) 火休


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »