« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005-06-30

グランマ(駒沢)/たまごサンド

おばあちゃんの愛情につつまれたパン

わたしは蒸し暑いこの季節が苦手です。なのに二子玉川の高島屋に行くことになって、それならあっちとそっちにも寄って行こうと汗だくになって歩いてきました。
そのひとつが駒沢の「グランマ」。安全な材料で安心して食べられるパン作りをを目指していらっしゃるパン屋さんです。

じつは去年の「dancyu」のパン特集でこちらの“たまごサンド”にひと目惚れしてしまいましたの。
gra_01s

すっごいシンプルなロールパンにあまりにも家庭の味なたまごサラダ。これが愛情たっぷりなおいしさなのですよ。なんだか「おかあさん、ありがとう」といいたい。

天然酵母を使ったパンはほんのり酸味を感じますが、かむほどにじわじわとココロにしみてくる味です。

こちら“2色パン”はクリームパンとあんぱん。ちょっとクレヨンしんちゃんが踊る姿を想像しちゃうけどね。
gra_02s


たまごやらクリームやら、この暑さの中持ち歩いたらヤバいよね、と近くの公園に駆け込みました。木陰のベンチが満席で、炎天下で汗だくになって食べても、愛情たっぷりなパンの味はかわらないのでした。

いいなあ、こんなパンを焼いてくれるおばあちゃんがいたら自慢だよなあ。
あ、実際パンを焼いていらっしゃるのはかなり若い<おばあちゃん>ですから。


天然酵母パン・クッキー グランマ:世田谷区駒沢2-41-3 プランドール宮原101(東急田園都市線駒沢大学駅より徒歩8分) 水木休
 web●http://homepage3.nifty.com/grandma/


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005-06-28

コンディトライ ノイエス(青葉台)/バウムクーヘン

ちくわ?(笑)

neues_s

叔母から「週末銀座行くけどつきあわない〜?」との電話。「行くー♪」と待ち合わせを決めて電話を切り、すぐにプランタン銀座へ予約の電話をしました。
こんなときを待っておりましたのよ、と心躍らせプランタン銀座へお迎えにいくのは「ノイエス」の“バウムクーヘン”。専用の直火オーブンで1本1本ていねいに焼かれた職人の味、と評判なのであります。
焼き縮み具合がちくわっぽくて愛らしい。焼き上がり時より直径1センチほど縮むらしいですよ。

じつは買った日に写真を撮る間じゅう、そのあといよいよ食べようとしてもラム酒の香りなのかとにかく香料のような香りが気になって、味もまったく同じ印象で、どうしましょうって感じだったのですが、思い切って3日ほどおいてみたら落ち着いてました。焦って喰うなってことですな。


たしか昨年11月にオープンしたプランタン銀座のノイエス、5月に撤退しちゃいました。はやっ。
でも人気のバウムだけは予約販売を続けています。


業務連絡。ちょっとあこがれすぎたかも。


コンディトライ ノイエス:神奈川県横浜市青葉区鴨志田町504-5(東急田園都市線青葉台駅よりバス) 木休
 web●http://www.neues.jp/
プランタン銀座 B1F 洋菓子コーナーにてバウムクーヘン予約販売のみ取扱い


| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005-06-21

BAGEL(阿佐ヶ谷)/チーズボール

残念ながら、わたしのココロにはヒットしなかったパン


PC内に放置されていた写真を載せましょう。ずいぶん前に食べたっきりなのに内容がアレで申し訳ないと思いつつ。

阿佐ヶ谷といっても丸ノ内線の南阿佐ヶ谷駅からそれほど遠くないけれどわかりにくい路地を入ってえーこんなところにーというところに超人気パン屋さんがあります。かわいい雑貨屋さんのような雰囲気の、あるいは小洒落たKIOSKのような雰囲気の。

その名は「BAGEL」。ひとは「阿佐ヶ谷ベーグル」と呼ぶ。
名前のとおり、ベーグルが看板商品です。
あーすみません、わたしはベーグルってあまり好きではないのですよ。
でもベーグル以外のパンも小さなお店にたくさん並んでいて、これまたえらく評判がいいのです。

なかでも人気“チーズボール”
bagel_01s

これは見るからにわたしが好きそうなパンなのですが、わたしにはしょっぱすぎます。
このほかにもいろいろ食べてみたんだけど。

あーごめんなさい、わたしにはこのお店のパンのおいしさがいまひとつわからないのですよ。
パン袋にたくさんパンを買ったのに帰り道に、あるいはおうちでテーブルに並べても、少しもパンの香りがしてこないのはつまらないのですよ。
というわけで、今回はテンション低めで申し訳ありません。どうも阿佐ヶ谷のパン屋さんとはどれも相性が悪くてね〜。


BAGELでは、私の好きなロミ・ユニ コンフィチュールのジャムを扱っています。


BAGEL:杉並区成田東5-35-7(地下鉄丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅より徒歩3分) 火、第3月休


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005-06-17

舟和(浅草)/あんこ玉

あらあら、みなさんお揃いで


「舟和」といえば“芋ようかん”。わたしの母はそれが大好きで、たびたび買ってきては
 「舟和の芋ようかん、だいすきー!」
と嬉しそうに食べていました。わたしはといえば、芋ようかんを飲み込むときの<どっきりする感じ>が少し苦手。

あ、どっきりする、ってわかっていただけますかしら? 過去、親族以外でこの表現を使っていたのは友人のお母さまただひとりなのですが(笑)


さて、家人は「舟和」の“あんこ玉”が好物です。はい、丸めた餡を薄く寒天で包んだ、あの庶民的なお菓子です。
先日、家人とデパ地下を巡回中「あれ? 消えた?」と振り向いたら、3つ前の舟和のウィンドウの中を腰を屈めて凝視している家人がいました。原因はこれです。
funawa_s

あんこ玉、種類増えてるよーーーっ。
従来の小豆、白いんげん豆、抹茶、苺に加えて5種類も。

写真、微妙な角度ですが奥から右(斜め前)へ向かって
 柚子 珈琲 抹茶
 巨峰 杏  いんげん
 小豆 紅茶 苺
と並んでおります。

もともと“あんこ玉”も小豆といんげん豆しか積極的には食べないのですが、さらに不安な品揃え。消極的ながら食べてみないわけにはまいりません(笑)。
しかし、一気に5種類も増やすなんて強気だなあ。

さて、味はそれぞれがそれぞれの味です。珈琲はコーヒーというよりコーヒー牛乳の味ですが、紅茶は紅茶、柚子は柚子、杏は杏、巨峰は巨峰の味がする。チープな印象はあっても、これヒドイなあと思うものがひとつもないというのはある意味みごとです。
ただし香りは巨峰が強烈。並べておくと巨峰の香りばかりがただよいます。

おもしろい。おもしろいぞ、舟和。でも9種類揃えて買うのはきっとこれが最初で最後だ。
そして最後に口にしたのは小豆といんげん豆。やっぱり安心して締めたいものね。ああこれぞ庶民の味、ほっとするー。


舟和(本店):台東区浅草1-22-10(地下鉄銀座線・東武伊勢佐木線浅草駅より徒歩5分)
(参考)浅草のれん会の舟和紹介ページ
    浅草うまいもの会の舟和紹介ページ

和菓子

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2005-06-15

ムーミンベーカリー(後楽園)/ルイスリンプ

ムーミンに囲まれたパン


後楽園ゆうえんちのジェットコースターがゴーーォォォっと走り、きゃーーぁぁぁっという声が響き渡るところに、ムーミンがいます。その名も「ムーミンベーカリー&カフェ」。ムーミングッズが並んでいたり、トングがニョロニョロだったりしますが、お店のコンセプトはムーミンの店というより<日本人にあうフィンランドのパン>の店だそうで。

フィンランドのパンといえば、ずっしりみっしりライ麦パンですよね。じゃがいも練り込んだもっちりパン“ペルナリンプ”もいいのですが、わたしのお気に入りはコレ。スモークサーモンやチーズなどとオープンサンドにして食べるのが好きー。

moo_01s
“ハパンレイパ”(左:やや酸味のあるライ麦パン)と“ルイスリンプ”(右:ライ麦90%)


あ、うっかりカットしてしまってあわてて写真とりましたが、直径20cm、重さ600gの見るからにずっしりしたパンです。とてもニョロニョロトングでつまみ上げてトレイにのせられるようなパンではないのです。

食物繊維がたっぷりで低カロリー。おまけにみっしりしたパンはよく噛まないといけないので顎が鍛えられる。カラダにうれしいパンではありませんか。

カフェではパン食べ放題ランチもあって何種類かのお食事パンが並んでいますが、結局“ルイスリンプ”ばかりつまんでいるわたしです。


ムーミンベーカリー&カフェ ラクーア店:文京区春日1-1-1 東京ドームシティラクーア1F(JR中央線各駅停車(総武線)・都営地下鉄三田線水道橋駅、地下鉄丸ノ内線・南北線後楽園駅より徒歩3分)
 web●http://www.benelic.com/moomin_bc/


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005-06-07

ペルティエ(赤坂)/パン・オ・フリュイ

以前紹介した虎屋ギャラリー「和菓子 素材がいのち」展の帰り道、赤坂「ペルティエ」でパンを買って丸ノ内線に乗り、新宿御苑でお花を眺めながらランチしました。
なぜか銀座三越ではあまり買う気にならない「ペルティエ」なんですが、赤坂だといろいろ買いたくなっちゃうんですよね。パンがいっぱい並んでいるから? それだけか?


さて、これまたなぜか爆発的においしいわけでもないのに爆発的に好きなパン(笑)
pel_01s
“パン・オ・フリュイ”

クランベリー、グリーンレーズン、アプリコットも入っている? それからヘーゼルナッツ? がざくざくと。


ワインもないのにうっかり食べてしまってはげしく後悔したのはこんなパン。
pel_04s
“アンチョビロワニョン”・・たぶんそんな名前だったと思う

この中にはたまねぎの甘みとアンチョビの塩気が織りなすステキな世界。これをコーヒー片手に食べるなんてバカでしたー。


お花を眺めながらランチ? ううん、ランチ中はパンしか目に入らず。


パティスリー ペルティエ:港区赤坂3-1-6 ベルビー赤坂1F(地下鉄丸ノ内線、銀座線赤坂見附駅すぐ) 無休


| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005-06-03

金谷ホテルベーカリー(日光)/チーズロード

家人が出席した結婚式の引出物<一冊の百貨店>から選んだのは日光「金谷ホテルベーカリー」のパンセット。へぇ〜こんな商品もあるんだねえ。
内容はホテルパン1斤、ロイヤルブレッド1.5斤、チーズロード1本、バターロール4個、マーガリン。冷凍便で届きます。冷凍庫をあけてお待ち申し上げました。

というわけで思いがけず“チーズロード”の厚切り、実現しました(笑)
写真は前回掲載したものですが、これを6個に切り分けてみたのです。1切れ80グラムぐらいだったかなあ。
kana_02s


おおったしかに。厚切りが好きだー。
薄切りとはずいぶん雰囲気違って、軽くトーストしてもパンのふんわり感はかわらず、というか薄切りよりもふんわり感を楽しめるやさしい味わいです。

以前の金谷ホテルベーカリーの記事はこちら


金谷ホテルベーカリーのサイト●http://www.kanayahotelbakery.co.jp/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-06-01

彩雲堂(松江)/彩紋

とりあえず松江は島根県だと知っていますとも


先日、新宿伊勢丹の地下食品売場で行われていた「古都・小京都 美味物語」というイベントにたまたま通りかかりました。
同じころ新宿タカシマヤでは「第3回フードパラダイス 美味新選」という各地の美味を紹介するイベントがありましたが、このようにいろんな地方のモノが並ぶと何を買ったらよいのやら迷って何も買えなくなってしまったりする、脳みそ小さいわたしです(笑)

さて、そんなわたしが「古都・小京都 美味物語」の数ある小京都のなかで足を止めたのは島根県は松江市の「彩雲堂」。
彩雲堂といえば、遠くはなれた東京ではらくがんの“山川”と求肥菓子の“若草”ぐらいしかお目にかかる機会がないのですが、みたことのないお菓子がいろいろ来ていて、ちょっと楽しくなっちゃいました。

saimon_0s
中でもココロ惹かれたお菓子“彩紋”。
きれいなパッケージときれいなスティック状のお菓子。

saimon_2s
鮮やかな黄と紫は見るからに着色料たっぷり使ってるなーという色ですが、ここは珍しさの方が勝ち。

餡と求肥のお菓子と説明されましたが、食べてみると小豆の餡とは違うような気がします。あらためて原材料をみるとそれは<鶉豆>。ああたしかに。うずら豆ならではの納得の味です。これはいいもの見つけちゃったなー。
黄色は柚子風味、紫は白ごま風味。柚子は思いっきり柚子が香りますが、ごまはほんのり上品に香る中にときどきじゃりじゃりと歯にあたります。
日本茶のみならずコーヒー、紅茶やブランデーにも合うお菓子とうたわれていました。まずは知人のところで新茶のおともに、後日自宅でコーヒーを飲みながらいただきましたが、なるほどそれぞれ違った印象でおいしくいただけます。


さて、島根県といえばもっとも人気のない県。そこでプロモーションに躍起になっていらっしゃるのか、食品売場のイベントなのに観光局ブースがある不思議。彩雲堂でお会計を待っている間に紳士に声をかけられ
「島根のブースへようこそお越しくださいました。
 これは島根の観光パンフレットです。
 ぜひ島根へもお出かけください」
と渡されたのは 角 2 封 筒 で す か ら ! すんげえジャマなサイズ・・・受け取るわたしもわたしですけど。

もちろんわたしの興味は島根県ではなく「彩雲堂」なのですが、パンフもじっくり拝見いたしました。感想は控えます(笑)
あぁでも松江のお殿様は茶の湯に長けた方だったそうで、おいしいお菓子がたくさんあるんですよねー。


御菓子司 彩雲堂:島根県松江市天神町124 元旦休
 web●http://www.saiundo.co.jp/


和菓子

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »